博士の愛した数式 [DVD]

博士の愛した数式 [DVD]

博士の愛した数式 [DVD]

DVD
出演:寺尾聰
出演:小川洋子
出演:小泉堯史
出演:深津絵里
出演:齋藤隆成
メーカー:角川エンタテインメント
発売日:2006-07-07

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

博士の愛した数式 [DVD]

小川洋子原作の同名小説を映画化。タイトルどおり数学の「数式」が登場するのだが、できあがった映画は“理系”よりも“文系”の印象。全編に、メランコリックで心地よい空気感が漂っている。交通事故の後遺症で、80分しか記憶が持たない博士の元に、新しい家政婦がやって来る。やがて彼女の息子も訪ねて来るようになり、博士は息子の頭の形から彼をルート(√)と呼び、3人の絆は深まっていく。<br> 物語は、成長して数学教師になったルートが、授業で教えるシーンと並行して進んでいく。「素数」「完全数」といった数学嫌いの人には頭が痛くなる単語も、博士のシンプルな説明で、すんなり耳に入ってくるから不思議。それは大人になったルートの授業でも同じで、演じる吉岡秀隆の真摯な教師ぶりに引き込まれるのだ。博士とルートのドラマには、阪神タイガースなどのネタを効果的に使用。ドラマチックな何かを期待して観ると肩すかしを喰らうが、ほんのりと温かい後味は得られる。それは小泉堯史監督の持ち味でもある。(斉藤博昭)

小泉監督の最高傑作!!

暖かく、優しく、美しい。自然風景が象徴するように、純粋に美しい映画です。そして、数式の美しさも...。
巧いけれども、同じような(?)感じだった寺尾聡。記憶が80分間しか続かない「博士」は、その境遇にある種のあきらめを感じている。これに、数学者らしい(?)内向性が加わって、世捨て人的な雰囲気さえある。いわば『悟りの境地』にも似た理想像のようにもみえる。そんな博士のキャラクターに寺尾聡はぴったり。
ワンパターン演技だった吉岡秀隆もまた、演出とも相いまって「新境地」を出している。彼の「授業」がホントに素晴らしい。こんな先生に、数学を教えてもらいたかったと本気で思ってしまう。(笑) 
そして、悪くは無いけど、がんばりが演技に出ちゃう深津絵里。家政婦として、女手ひとつで息子を育てるお母さん役でしたが、とっても自然で良かった。この3人の個性を、『ありのまま』に活かせたのも監督の手腕によるところが大きいと思います。
それにしても、数字(数学)というものがこんなにも美しいとは思いませんでした。物語の中で登場する『数』『記号』『数式』は、博士の言葉によってまるで生きているかのように語られます。靴のサイズ、誕生日、電話番号、等々。博士の数式に対する愛情は、数字に命を吹き込んで行くかのよう。初めて知りましたが、『友愛数』を「神の計らいを受けた絆で結ばれた数字なんだ」なんて、素晴らしすぎます!!

人は時間とともに生きるものだが・・・

作品全体としては、わざとらしい盛り上がりも無く、淡々と進行していく。主人公の博士は、事故の後遺症で記憶が80分しか持続しない。それでも、人は、一日一日を生きていくことが出来る。その時々の感動や驚きを味わうことが出来る。そして、周囲の人々の尊敬も得ることができるし、その人々の記憶にも忘れられない思い出として長く存在することが出来る。人間は漠然と自分の目の前の生活が永遠に続くというような錯覚?を持ってしまいがちだが、ここにはそういうことを日常的に感じることが不可能な、しかしある意味非常に豊かで意義深い一日一日を送っている人がいる。人間は、「今ではないいつか」に憧れる生き物だ、という考え方があるが、この作品で描かれる博士は、いったい今ではないいつかに憧れることがあるのだろうか。その一方で、周囲の人々、特に少年ルートは成長の過程で、博士の大きな影響を受けて、とても優しく深い人間へと成長していくのだ。表現はとても静謐であるが、人という生き物と、時間というもの(概念?真理?)との関わりをもテーマとした、非常に感慨深い作品であると思う。また、数学教師となったルートの授業の素晴らしさ!このような授業がこの世に数多く存在して欲しいと願ってやまないのである。

人間に希望を持たしてくれる最高の映画。

 原作は小川洋子。脚本・監督は小泉堯史。『雨あがる』からずっとこの監督が寺尾聰と組んできた作品を観てきた。『雨あがる』の脚本は黒沢明。黒沢組総出演。次の『阿弥陀堂だより』は、北林谷栄・田村高広が出ていたので文句なく観た。
 今回の作品は主人公は宇野重吉の息子、寺尾聰と天才女優浅丘ルリ子が両極にいる。浅丘ルリ子が出ているというだけでこの作品は重厚になった。そして、まだ若い家政婦を演じる深津絵里とその息子「√(ルート)」。ルートは博士が名付けた名前。
 文句なしに、今回の作品はいい。原作をうんと広げた。原作に負けてしまう映画は観たくない。気持ちが晴れ晴れする。
 特典で原作者小川洋子が語ったな話しは原作者も感動したからである。更に『数学教室』は必見。百点満点の映画だ。十分に満足した。それにしても、寺尾聰はいい役者になっていく。

80分の永遠

「君には息子が居たのか」同じセリフを何度も聞くと、事情をわかっているとは言え、おかしくなってしまいました。もちろん、目の前での実話だったらそうはいきませんが、映画という作品を観ているという前提で、です。
事故で記憶が80分しか続かないという症状の博士を寺尾聰さんは上手に演じています。深津さんの演技もプロの女優さんという素晴らしさがあります。役者さんというのは、役を演じるのが仕事ではありますが、それは本質的に自分を変化させることなのかもしれないなと感じました。それによって、逆に作品に感情移入ができて、人間的にもさらに磨きがかかっていく。
ドクター・コトーの声が聞こえるなあと思ったら、数学教師役は吉岡さんでした。チャーミングな声で、この方も上手ですね。役者という仕事をこなしている人たちを感心しながら観ていました。
作品は、たとえ80分でも貴重な人生の時間であるということを人間として自覚・認識していくことで、幸せの形・意味を見つけようとするものだったと思います。作者が小川洋子氏ですが、女性らしい物事の捉え方をされていて、その感性・センスに優しさを感じました。とてもいい作品だったと思います。

ピュアーな博士をめぐる、美しくも切ない世界

原作は’04年「読売文学賞」、「第1回本屋大賞」受賞作で小川洋子のベストセラー、『博士の愛した数式』。
通いの家政婦‘私’の視点で描かれていた原作とは異なり、成人して数学教師となった息子の√(ルート)が教壇に立ち、生徒たちに自己紹介代わりに博士と過ごした17年前を回想するというスタイルになっていた。
映画『半落ち』、『CASSHERN(キャシャーン)』やTVCMなどで最近老人・科学者役が増えた寺尾聰の80分しか記憶がもたない博士も板についていた。その純粋なところが良かった。もっとも原作ではメモを身体中にいっぱい張り付けている、猫背で小柄なやつれた老人という印象であったが・・・。
また深津絵里も従来出演していたトレンデーィーなドラマの役とはまったく違う、初めての子連れの家政婦役を上手くこなしていた。ベテランの所帯じみた家政婦でないところなんか原作とまったく同じで、その初々しさがまた良かった。
2年前に読んだ原作の、ピュアーな博士をめぐる、あの美しくも切ない世界がどれほど映像で表現されるか興味があったが、十分感動的なストーリーに出来上がっていた。

数学に興味がなくても...

原作と映画は別物であり、比較して述べることは出来るだけ避けたいと思っている。しかし、この淡々とした日々を描き静かな感動を綴った小説がどの様に映像化されるのか、少なからず興味があった。
博士と家政婦、その息子、三人の心の交流を語る大きな要素である数学。数学科の教師になった息子が教壇で教える姿を随所に配し、自然な流れの中で普段縁の無い数式を解りやすく説明してくれる。演じる吉岡秀隆も肩の力が抜けて、爽やかな雰囲気をかもし出しているし、本筋との繋がりも違和感が無い。
そして、もうひとつの忘れてはならない要素タイガースについては、残念な事に多くは語られない。博士の人間的魅力を表現する為にも物語の盛り上がりの面においても、効果は半減してしまうのは否めない。が、ギテイである博士と未亡人との関わり合いを描くことを選択した時点で止むを得ない事なのかもしれない。原作者小川洋子氏もエキストラ出演している薪能のシーンはいささか長くて退屈と感じてしまうものの、その後の「開かれた木戸」へ、ラストシーンへと続く動機付けには必要な時間に成っているのだろう。
非現実的な設定と難解な題材を扱いながら、身近な温かい愛情が感じられる不思議な雰囲気を持った良い作品である。

ほのぼのと感動

感動しました。
 80分しか記憶が持たないって?そんな80分って正確な時間が分かるわけないじゃん。体内時計かい?79分前は覚えていて81分前の記憶はない。そんなあほな!どんな病気っすか?と軽く突っ込みたくもなるのはちょっと悪いくせだが、感動できる。
 のどかさと強弱をつけた音楽、そして田舎の風景が見事に合っている。郷愁を漂わせる風景と音楽で、それだけでも癒される。
 博士が好きな方程式はオイラーの方程式。自然対数e、パイ、虚数i。この個々には全く関連がない3つが合わさり数字の1が加わるとゼロ(無)になる。依然、どっかで習った記憶はある。その時にこの式を見て楽しいとは決して思わなかった。今回は説明を聞いているとなんとなく楽しい。
 博士と家政婦と彼女の息子ルートの交流が数字を通して行われていく。「あんたの足のサイズは幾つかね?」家政婦が来たとき毎日博士が質問する。「24です」「そいつは素晴らしいよ!4の階乗だ!」初対面の人とこのような会話が出来るのだからなんとも面白い。
 博士が教えてくれた数字の意味を大きくなって数学の新任教師のルートが説明していくシナリオの流れもなかなか面白く、博士の教え方、そして成長したルート君の数字の教え方に、数学など大嫌いというあなたも数字にだんだん魅了されていく。
 何がいいって、博士や家政婦と当時10歳のルート君の無邪気な笑顔。対比的に、影のある義姉。観ていてほのぼとした感動を味わいたい人向け。

優しい映画です。

私はこの映画を観て、「美しい」というよりも「優しい」という印象を受けました。博士は数学の証明が何より「美しい」といいます。しかし、私は、それよりも博士が子供に与える「優しさ」や言葉の一つ一つに「優しさ」を感じました。全体のストーリーは、波がなく一見単調に思えてしまう人もいるかもしれませんが、それはそれでこの物語をより際立たせてくれていると思います。個人的には、5つ星にしたいところですが、何シーンか手直したいところがあり4つ星にしました。でも、これで少しは数学を勉強するモチベーションが上がりました。おススメの映画です。

Eπi+1=0が象徴するもの

 まずは、とても美しい映像に心惹かれました。
あぁこんな所で暮らしたい・・・と。
 そして、すでに原作を読んでいたのですが絶妙なキャスティングにより立体的になった事で本とは異なる新たな感動が生まれました。
√の母の真っ直ぐな思いは心地がよく、博士や√との自然体の会話に共感を覚えました。
 それぞれに結構暗い過去を抱えた大人たちが√の存在により穏やかな時間を取り戻していく・・・・それが博士の愛した数式Eπi+1=0が象徴するものと感じましたが、深読みし過ぎでしょうか?
 それから数学が、からきし駄目な私ですが、本ではほとんど理解できなかった数学用語の数々を√先生の授業のお陰で理解できたというおまけがついたのもうれしかったです。
(幼き日の√が遠い日の吉岡君を彷彿させた事も驚きでした。)
ぜひ、まっさらな気持ちで観て欲しい作品です。

原作と別の作品と考えた

小川洋子の原作の重要ポイントが殆ど改作されている。
博士は年2回広島対阪神のプロ野球公式戦が開催される立派な球場のある多分岡山市か、近辺都市の、駅に近い都市部に住んでいて、その喧騒の中での博士の様々な行動が原作での博士の人物描写の柱になっている。映画のような田園での博士とは大分違う。
外部に出て喧騒に出会うことを極度に嫌う博士を口説き落として、母子と3人で広島対阪神の公式戦を見にゆく、その口説き落とすまでの経緯とその球場で起きた出来事が一番博士の人格の真髄に迫っていて、この物語の最重要ポイントの一つとなる。この場面を映画では子供野球でお茶を濁している。
博士の人間性からすれば、未亡人との不倫はあり得ない。未亡人との愛はプラトニックなものであった筈。彼は愛の告白の上書きのある論文を奥深い場所に隠していた。二人の関係を不倫とした映画の設定は話を一般向けに面白くするためだろう。
博士の数学誌一等賞金獲得とル−トの11歳の誕生日祝いを兼ねたお祝いのあと、博士は医療施設に入れられる。この時以後、母子は1ヶ月か2ヶ月に一度、日曜日に、バスケットにサンドイッチを詰め、バスで40分ほど離れた海浜にある医療施設に博士を見舞いにゆく。ル−トの11歳の時から22歳になって中学校の数学教師の免許を取るまでの間の博士と母子との交流も原作では暖かい雰囲気を醸し出しているが、映画では省略された。
博士の人物像はじめ不満な点は多々あるが、原作を忠実に反映してもらうことなど到底無理な注文と割り切り、原作を全く読んでいない人の立場に立って、出演者の好演や画面の美しさを勘案し、四つ星にした。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ビューティフル・マインド[AmazonDVDコレクション]
博士の愛した数式 (新潮文庫)
おくりびと [DVD]
舟を編む 通常版 [DVD]
奇蹟がくれた数式 [DVD]
犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [DVD]
半落ち [DVD]
明日の記憶 [DVD]
博士の愛した数式

大政絢 あべ静江 李麗仙 南果歩 広瀬すず 吉井由紀 石田ひかり 初音礼子 ジュディ・オング 相田翔子 新高恵子 倉持明日香 いしだあゆみ 和泉雅子 浅野愛子 須部浩美 森野文子 杉山とく子 加藤紀子 中村映里子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ