亡国のイージス [DVD]

亡国のイージス [DVD]

亡国のイージス [DVD]

DVD
監督:阪本順治
出演:真田広之
出演:寺尾聰
出演:佐藤浩市
出演:中井貴一
出演:勝地涼
メーカー:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2005-12-22

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

亡国のイージス [DVD]

最新鋭の防空システムを搭載したイージス護衛艦「いそかぜ」に、沖縄米軍基地から盗まれた化学兵器「GUSOH」が特殊工作員によって持ち込まれたのだ。「いそかぜ」の先任伍長の仙石はその情報をつかみ、新入りの如月が工作員ではないかと、目星をつけるが、副長から離艦命令が。そのあと「いそかぜ」の全ミサイルの標的が東京に設定された。黒幕は対日工作員のヨンファ。彼の目的は?そして東京はどうなる?<br> 福井晴敏の原作を「どついたるねん」「顔」などの坂本順治監督が映画化。海上自衛隊が史上初の前面協力などが話題だが、自衛隊に体験入学して役作りをした真田ほか、寺尾聡、佐藤浩市、中井貴一、岸辺一徳、原田芳雄などの豪華な役者陣の力強い芝居が、派手なアクションシーンに負けない、男たちの骨太なドラマを作り上げている。戦艦や兵器マニアも楽しめ、またアクションやドラマ好きも大いにうならせることのできる、エンタテインメント大作と言えるだろう。(斎藤香)

原作読んでないと意味不明なシーンが多い。

辛口のレビューが目立ちますね。
俳優は良かったと思います。題材もいい。
上手く演出すれば一流のエンタメになりえたと思います。
残念なのは、邦画にありがちなカメラワークが緊張感を台無しにしていたこと。
バストアップよりも引いた画像が多く、俳優の表情がよく見えない。
カットも少なく、こういう作品はカメラワークが命なのにまるで単調で舞台劇のよう。。
とにかく邦画がいけてないのは、映画の文法・技法が古いこと。
俳優はかなりのレベルなのに、制作サイドの技術不足が映画を見るに耐えないものにしてしまっている気がするのは私だけなのでしょうか??
映画はフィクションとは観客の誰もが知っています。
だからこそ上手くだまされたいと思っているものだと思います。
もし、この映画も、俳優さん以外のテクニックが成熟されていれば無理がある設定でも一気に引き込まれたのではないでしょうか。
残念です。
特に今回はカメラワークがよくある生活ドラマのように単調で随分マイナスに働いたと思います。

真田はかっこいーけど

原作が結構好きだったんで、まぁ期待はせずに観たんだけど
コレはひどい。。。
原作とのギャップを考慮したとしても
本来醍醐味であるはずの登場人物の心理描写が
ほとんど無いのはかなりガッカリですわ。
特に寺尾聰演じる艦長の葛藤の描写が全く無くて
全体的に表層を掬い取っただけの薄っぺら〜な出来に
仕上がってます。
キャストも何となくどこか投げやりな感じの演技だし。
原作知らなければまた違う感想だったんだろうけど。。。

駄作

この映画のために長い髪を切ったチェ・ミンソだが、製作当時、朝鮮日報は「チェ・ミンソが日本の極右映画出演のために光州(クァンジュ)国際映画祭への参加を拒否された。」と報道した。はあ?という感じで、こんなとるに足らぬ映画で騒ぐなよーと思う。
ひどく破綻した映画で、ひとつも面白いところはない。原作にあった、もっと面白くなりそうなシーンは一体どこへ行ってしまったのか。
「ローレライ」「戦国自衛隊1549」(この映画化も壮絶な駄作だった)に続き、かなり戦略的にメディア露出のタイミングを調整していた福井氏だが(お会いしたことがあるが、小説家というのとはちょっと違う、切れるタイプの人だった)、肝心の映画がこんなんでほんとうによかったのかな。原作小説のレベルが日本人ばなれしたクオリティだっただけに、たいへん惜しまれる。日本映画ブームにのって制作されたわけだが、この時点では、松竹は完全に勘違いしている。

自衛隊の協力?圧力?

海自の協力で本物の自衛艦を撮影に使えたのはいいと思うが、その代償として圧力も受けているのが伺えます。ヨンファが「見よ日本人、これが戦争だ」とのたまう肝心要のシーン、撃沈されるうらかぜの悲惨な状況を生々しく描写しなければまったく意味をなさないと感じました。
所詮原作をそのまま映画化することは不可能なわけだから、逆にここまで原作に忠実にストーリーをなぞろうとする必要はなく、もっと映画としてのオリジナルさを求めてもよかったのではないかと思います(それはそれで多くの批判を浴びるでしょうが)。原作のファンとして期待して映画館に足を運びましたが、多くの方と同様、エンドロールで「金返せ」と心の中で叫びました。原作を読まずに映画を観るのをお勧めします。

なんという・・・

これはひどいですねー
頑張って仕事してる役者さんたちが気の毒に思えてきます。役者さんは頑張ってるんですよね。
素直にアニメで作っていればこんなことには・・・
福井さんの作品は実写向きではありませんよね。ガンダムUCは大成功の予感がするじゃないですか。えっ?

原作を読んだ人には惜しいと思わせる一作。

原作は人部描写が丁寧で、それぞれのストーリーを
事細かに描きつつ、本筋に絡めていきます。
したがって、2時間やそこいらで原作を忠実に
映画化するのは難しいと思います。
その部分を考慮すれば、大勢に影響の少ない部分を
排除・変更してよく映画に仕立てています。
ただ、「トコトン思い切った排除・変更」がなされておらず
映画単体で見た場合、「???」な感じに
なってしまっている点も否めません。
(菊政やジョンヒなんかね。)
原作が一番いいたかったであろう「専守防衛のあり方」が
どうも中途半端なアクションでボケている感覚も否めませんね。
たとえば、古いほうの戦国自衛隊のように、
テイストを残しながらも
原作から大きく変更したほうが
映画としては成立したのかもしれません。
真田浩之や中井貴一、寺尾聡などがいい味出してましたし。
今一歩、踏み込んでくれていれば
名画になったかもしれないと考えると非常に残念な感じですね。

買ってまでみる必要はありません。

原作を読んで期待したのですが、ちょっと期待はずれでした。
あまりにも省略された部分が多くて、登場人物らの行動の動機が
希薄なような気がしました。
店頭でDVDを手にとって悩んで購入に踏み切ったのですが、
ちょっと残念です。
悩んでしまう時は買わないが吉ですかね・・・。

原作を読まないとダメかも

原作を読んで無い人には理解できない映画だったと思います。私は原作を読んでから見たのである程度は内容を理解できたのですが、原作を見てない周りの人は「意味が分からない」「途中で見るのをやめた」「キャストは豪華だけど脚本がダメ」と散々な評価でした。所詮、原作のあれだけの内容を1〜2時間枠に収めるのは無理ということなんでしょうね。原作がすばらしかっただけに残念です。これから見るなら原作にも目を通すことをオススメします

わけわかんない

原作も読んで無いし、政治的な難しい事よく解んないんで偉そうに言えないのですが、「亡国の〜」って題名に惹かれて一応見ました。そんで亡国ってのが何を意味してんのかだいたい解ったんだけど、その割りにはその題名に対してあまり突っ込んで無いつうか、ものすごーく考えさせられる緊迫感みたいのを期待してたんですが割とそうでもなく、一応筋書き付けた中途半端なアクション映画みたいにしか見えませんでした・政治的な事や日本という国について考えさせたいのかアクション映画にしたいのかどっちなのお〜?て感じで・・あの、映画って基本的に娯楽ですから、何も解んない人達もぐいぐい引っ張って何かをどどーん、と考えさせたり見終わって脱力感とか感動とか何か残んなきゃ・・そんで最後だけ壮大な音楽くっつけて貰ったってこっちゃちっとも感動してねんだけど・・(そういう終わり方の最近多過ぎ)すいません偉そうに・亡国の1・住人より

消化不良の映画になりました

原作を知らないで見てしまうと、何が何やら分からない間に派手なアクションシーンを
見ている間に映画は終わってしまいます。
実力派の俳優が多く出演しているのですが、それぞれの人物設定に入ることなく
勝手にストーリーというか場面優先で進む感じです。
自衛隊の協力が得られることになった昨今ですが、
どうも「本物のイージスを使っていますよ」と言いたげなシーンなどに
ごまかされて全体に消化不良になってしまった映画が増えました。
いい俳優がいっぱい出演しても映画はキャストだけでは成功しない例です。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

男たちの大和 / YAMATO [DVD]
空母いぶき [DVD]
アルキメデスの大戦 DVD 通常版
真夏のオリオン [DVD]
エンド・オブ・ステイツ ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]
空母いぶき [Blu-ray]
亡国のイージス 下(講談社文庫)
宣戦布告 [DVD]
ミッドナイトイーグル スタンダード・エディション [DVD]
ICHI -市- [DVD]

渡辺とく子 松本梨香 星美智子 三原葉子 岸本加世子 奥真奈美 田辺節子 藤田朋子 こだま愛 岩本千春 宮澤美保 青田典子 野村真季 本阿弥周子 田中筆子 筒井由美子 RiRiKA 久本朋子 中井貴惠 藤由紀子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ