ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

DVD
監督:三谷幸喜
出演:唐沢寿明
出演:鈴木京香
出演:西村雅彦
出演:戸田恵子
出演:井上順
メーカー:東宝
発売日:2005-12-23

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

人気脚本家三谷幸喜の初監督作品は、劇団東京サンシャインボーイズで自ら脚本を書いた舞台の映画化である。ラジオ・ドラマ放送中のスタジオという限られた空間で起きるさまざまな出来事を、笑いで包んだシチュエーション・ドラマ。 <br>鈴木京香が演じる主役のみや子は、ラジオドラマの脚本コンクールで自作が採用された。ところが、放送直前になって主演女優が役名に不満を言い始めたことから、スポンサーやほかの出演俳優も次々に注文をつけだす。プロデューサーやディレクターは唯々諾々とそれを受け入れ、シナリオはどんどん書き替えられていく。怒ったみや子はスタジオに立てこもるのだが…。三谷流作劇術を堪能できるとともに、多彩な脇役陣も楽しめる。特に警備員役、藤村俊二のひょうひょうとした演技は見る価値がある。(堤昌司)

シチュエーション・ドラマの最高峰!

アメリカのテレビコメディ、「じゃじゃ馬億万長者」「奥様は魔女」「おかしな二人」最近では「フレンズ」…。
どれも好きなのですが、
日本のシチュエーション・ドラマというジャンルの最高峰を作り続けているのが、
脚本・監督の三谷幸喜です。

公開された当時、主役の唐沢寿明に違和感を持っていたのですが、
その後の彼の活躍とCMや時折紹介される彼の素顔を知ることによって、
三谷幸喜ワールドを見事に体現していくアクターになりました。
この作品は何といっても話の進め方(脚本!)が白眉なのですが、
ラジオドラマを作る舞台裏が実にうまく描かれていて、
映画や演劇やラジオドラマ好きにはたまらない世界を紹介してくれます。
見た人はおそらく、警備員役、藤村俊二のひょうひょうとした演技を語りたくなるだろうと思いますが、
彼の存在こそがこの作品のキーポイントだと思います。
ぜひ、三谷ワールドの最高傑作を味わってください!

特典について

既に発売されているDVDの低価格版です。
価格はお手ごろですが以前あった特典がありません。音声解説とかも一切はいっていません。新たに収録されている「THE有頂天ホテル」スペシャルプレビューの「三谷幸喜、長回しへの飽くなき挑戦 」は三谷幸喜が有頂天ホテルのセット案内です。面白いですがこれは以前放送された有頂天ホテルの特番と同じ内容です。つまり新しいこのDVDだけでしか見られない映像特典がありません。
ということで永遠保存版か特典目当ての方は倍の値段がしますが高いDVDを買ったほうがいいと思います。こちらは三谷幸喜の音声解説など3つの音声がありメイキングがあり文句なしのDVDです。僕としては倍の値段がしてもその価値があると思います。
本編は凄く面白いため星5つです。

三谷さんの着眼点がすごい!

俳優達のテンション高い(ジムキャリー並のテンションの高いシーンもある)演技の割には抱腹絶倒とまではいきませんが全編に渡ってクスッとさせられることが所々にあって楽しめます。私はラジオが好きなのでよく聴いてますが、ラジオ制作スタッフの大変さと、昔の大道具さんの知恵と技術はすごいなと感心させられます。最近ではめったにないであろう生放送でのラジオドラマをテーマにする着眼点の素晴らしさだけで十分☆4ついきます!また、人物描写が素晴らしい。無駄な役者など一人もいない。三谷さんはすべての登場人物が主役といえるくらい人物一人一人にこだわりと愛着を持っているのが伝わりますし、その三谷さんの気持ちに応える演技をする俳優達も素晴らしい。個人的に気に入っているのは、ちょこまかと動く梶原善さんと藤村俊二さんです。あと忘れてはならないのは戸田恵子さんです。戸田さんのファンになったのはこの作品が切っ掛けですし。舞台を中心にかつやくされてこられた監督だからこそ描ける大変面白いお得感いっぱいの作品です。

心地よし ハッピーエンド

極めて日本的、日常的ハッピーエンド快適作品。
常識外れに、我儘な人々が、何となく調和しまとまる。
最後は、心地よし ハッピーエンド。
役者さんは、芸達者揃い。
個性タップリ。
三谷幸喜 ワールドは抜群の冴。
楽しめます。

すべてのひとへ

三谷幸喜シリーズ第一作目という事で完成度も低めだろうと思っていたら、そんなこと全然無いです!!
この役者さん以外の適役はいないだろうという最上のキャスティング。
もともと舞台のものを映画化したということもあって、セリフの歯切れの良さが並大抵じゃない。
「舞台は生もの(ナマモノ)」
と言いますが、あの映画は生ものの新鮮さを失っていません。
『つくる。』
細部まで追求したり、なげやりにやったり、勢いにまかせたり。
それでも面白いものをつくる、ということにこだわり続けた人の作品です。
三谷幸喜さんの作品は、熱い。生きています。
私は高校で演劇部に入っていた時、台本を書かせてもらった事があるのですが、
その時の心境が再び体に蘇えりました。自分で作った作品が、どんどんどんどん変えられてゆく。
そのつらさ、本当に分かります。
しかし、台本は、
一度役者の声が吹き込まれ、照明の光に染められ、そして音響の震えが伝われば、もう、みんなのものです。
そうして、最後には一つの芸術が生まれる。
この映画を見て、『つくる。』という興奮、あらためて感じました。
もちろん、演劇関係のひとへ。
そして、すべてのひとへ。

歌い上げろ人生

ラジオドラマ製作の、スタジオ内で繰り広げられる登場人物のキャラクターたちの魅力を生かして、徹底しておバカで、しかも奔放な話のつくりと過剰な程のサービス精神が楽しい映画。
三谷監督の、ドラマ手法の成熟を感じさせながらも、自由な発想が無邪気に受け入れられる頭の柔らかさ。それが、どんな人の中にもある可笑しさ、些細に見えるような部分の、エキセントリックなパーソナリティを見逃さない。
そんなどこにでもいる人たちの関係の中に、鋭くドラマを視て、そして日常からこぼれ落ちそうな非日常な話をつくる観察眼、想像力には感心する。
しかも、どんな人にも暖かい視線が向けられているのがはっきりと伝わってくる。
 一面的に善人、悪人を作り、観客の感情--憎しみや好き嫌いを掻き立て--それを利用し観客をドラマに入り込ませようとする傲慢な脚本、演出が多い中にあって、「ラジオの時間」は、とても気持ちのよいドラマになっている。
映画の隅々にまである三谷観察眼によるユーモアとマニアな映画的演出も見逃せないので、けっこう隙がありそうでないところなどは、映画としてテレビドラマとは一線を期しているのかもしれない。
ラストも近くになると、くつろぎついでにゴーサインが出たようなエピソードやエンディング、布施 明の歌も楽しい。
どの出演者も楽しんでいるのが観ている方にもそのまま伝わって、それが成功するというのはたいへん幸福なことだなあと思う。

三谷ワールドだ

相変わらずめちゃめちゃ豪華なキャストです。
(書ききれないほどに…!!)
主婦が初めて書いた脚本をラジオの生放送でドラマ化!!
期待に胸ふくらませる主婦(鈴木京香)を余所に
ドライなディレクター(唐沢寿明)などスタッフたち。
出演者のワガママでどんどん変更されていく脚本、
出演者達のワガママや確執、場渡り的なつじつま合わせを経て
もう、全然原型がない脚本。
だって、主人公がパチンコ店で働く『りつこ』から
シカゴのやりて弁護士『メアリー・ジェーン』に
変更されている時点でかなりヤバイ
とにかく生放送の修羅場をくぐり抜け、
何とか無理矢理にでも仕事を達成する姿は妙な感動をよぶので不思議です。
おまけに『有頂天ホテル』のセット紹介が入っています。

「いつかもう一度手に取りたくなる」そんな名作ですね。

いやー、この作品は改めてみても面白いですね!
コマ割りのようにさっくり進むそのテンポ感。
そこここに張られている大小の伏線。
最初は緩やかに感じるけれど、クライマックスに向けて一気に加速するエネルギー!
ストーリーを知っていても楽しめるって、すごいと思います。
唐沢寿明はカッコいいですなぁ。
さらに絶妙の脱力感のあるおひょい様。
花火のシーンとか無表情に見るのは難しすぎます。
今見ると、渡辺謙の運ちゃんだけが観客なんですね。
場面場面を引き締めてます(笑)
「またいつかみよっかな」っと思わせる名作ですね。

シンプルな構成で見せる三谷幸喜の監督デビュー作

 三谷幸喜の映画初監督作品だけども、今までの作品の中ではこの1作目が一番好きです。ゲスト出演的に出てくる人も含めるとかなり豪華なキャスティングだけど、余計な脇道を最小限にしているし、やはりひとつの目的に向かって全員が無理難題やわがままを主張しながらも突っ走って行く単純な構成がよいのでしょうね。映画的な演出よりも舞台的あるいはテレビ的な演出のような印象が強いのは多少やむを得ないでしょう。この後の「みんなの家」「THE 有頂天ホテル」では映画の演出としては上手くなっているとは思うけど、俳優が豪華になっていく分、話が広がってしまう傾向があって、この「ラジオの時間」の方が笑いも自然だしくどいところがないのもいい。

借りるより買った方が得な映画

 数年前にビデオ屋で借りて、最近もう一度見たくなったのでいっそのことと思って買ったが、
正解だった。この先折に触れ見たくなるだろうから。
 エンターテインメントとしての完成度は高い。各場面は総じて次に何が起こるか期待せずに
はいられないよう巧みに作りこまれており、腹筋が引きつるほど笑えるというほどではない
が、退屈する人はまずいないだろう。一度見たら二度は見る気が起きない類の映画が粗製乱造
される中で、綺羅星のように輝く作品である。変化に富む役者の表情や演技もまた十分楽しめ
る。特に、(1)ハインリッヒの胸中に不安がよぎった時に一瞬写る旦那の顔(2)井上順演じるヒ
ロミツが見せる表情の落差と状況との整合性(3)冷徹そのものだった案内役が最後に近いところ
で上着を脱いで人間味を見せるナレーションをするところ、などが私の好きな場面である。
 もっとも傷がないわけではない。一つは、マクドナルドがロケットにまたがって帰って来る
ところ。それまでは、マシンガンときたらシカゴだとか、しまったシカゴは海に面してないぞ
とか、整合性を保つことに心を砕いている現場の様子を強調していながら、燃料切れというこ
とになっていた宇宙船にしかもまたがってご帰還というのはいささか強引だろう。せっかくそ
れまで辻褄合わせをしてきたのだから、ここはもう少し整合性がとれるよう工夫してほしかっ
た。もう一つは、マルチン神父に関する案内役の即興台詞で「結局一度も面識はなかったもの
の」というのがあるが、さすがに取ってつけたように聞こえるので、ここも一工夫ほしかった
ところだ。
 とはいうものの、以上の傷も、生放送の真っ最中という慌しい状況下での苦肉の策と考えれ
ば、むしろ完璧でないことがかえって臨場感を与えているという見方も可能であるし、そんな
ことはどうでも良くなる位とにかく愉快な映画である。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

みんなのいえ スタンダード・エディション [DVD]
ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]
THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション [DVD]
12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]
ドラマW 三谷幸喜「大空港2013」DVD(2枚組)
清須会議 スタンダード・エディション [DVD]
THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]
笑の大学 スタンダード・エディション [DVD]
ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション

今井恵理 misono 豊浦美子 麻倉未稀 矢吹春奈 高畑淳子 馬渕晴子 石川由依 知念里奈 大木優紀 蘭香レア 三田佳子 河合ひかる 櫻井淳子 井上雪子 神保美喜 村地弘美 北沢典子 三田寛子 小島藤子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ