にごりえ [DVD]

にごりえ [DVD]

にごりえ [DVD]

DVD
監督:今井正
出演:久我美子
出演:淡島千景
出演:杉村春子
出演:芥川比呂志
メーカー:新日本映画社
発売日:2004-10-22

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

いとしいとしというこころ

表題作の「にごりえ」が注目されがちだが、現在ではもう描かれることはないだろう形の戀を、余韻を残して表現した「十三夜」が秀逸。
身分違いの結婚をした娘、彼女に華族様の良き妻であることのみを要求する父親、娘に同情しつつ何も出来ない母親、不穏な空気だけを感じ取っている弟。こう書いてしまえば現代でも十分ありそうな感じだが、この明治時代に彼らを縛っていた目に見えない何かは、もう私たちの時代には残っていないのだ。
思いがけず初恋の人との再会を果した夜は、ただ息子のためだけに死んだまま生きることを選択した夜でもあった。一緒に月の下を歩いたこの夜を最後に、彼らの人生が交わることは今後一切ないのだろう。忍耐するが故の儚さ、切実さ、美しさをこの映画に見ることができる。
しかし録之助役の芥川比呂志は第一声でただの車夫ではないことが分かる。さすがと言うべきなのだろうか。

3話オムニバス


明治おんなの生き様を、古い話として看過するのはたやすい。
けれど、生活であれ、恋であれ、夢であれ、秘めた情念のあり方
に時代の移ろいは無いものと知れる。
ほぼ樋口一葉の原作どおりにすすむ「にごりえ」の、杉村春子は
どうだ。白髪の老女役しか知らなかった私には、日本にこんなに
うまい役者さんが昔からいたのか、というため息をもたらす。
白黒邦画はほとんど擦り切れビデオの見回しなので、文化的価値と
してのDVDは貴重品ですらある。

虐げられた者たちの悲しみ

3話とも貧しく虐げられた庶民の話である。第1話は高級官吏の夫人に納まっている女が出てくるが、実家はそんなに裕福ではない。ヒロインの夫は恐ろしく我儘で登場人物はみな彼を恐れているのだ。全く画面には登場しないから余計に恐い感じがする。この我儘者のために身を破滅させた男が車夫として出てくる。第2話は幾分コミカルだが、やはり傍若無人の奥様が登場する。第3話がメインだが、誰も好き好んで今の仕事をしているわけでない女の悲しみが切実だし、身を持ち崩した男も哀れである。そこには社会の矛盾を見てとるのは今井監督らしい。製作当時、助監督たちは代々木系の某政党の党員たちで名何故一葉を撮るのかと監督に詰め寄ったという。監督は一葉もいいものだとかわしたそうだが、今観るとその助監督の不明さが如実に現れている。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

米 [DVD]

北沢典子 神戸みゆき 後藤果萌 藤貴子 吉野公佳 正司花江 澤村春子 永田杏奈 小椋寛子 槇ひろ子 藤本七海 佐河ゆい 亜希子 越智静香 近藤春菜 夏川純 仁科仁美 沢村貞子 伊藤咲子 音無真喜子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ