NANA -ナナ- スペシャル・エディション [DVD]

NANA -ナナ- スペシャル・エディション [DVD]

NANA -ナナ- スペシャル・エディション [DVD]

DVD
監督:大谷健太郎
出演:中島美嘉
出演:宮崎あおい
出演:成宮寛貴
出演:松山ケンイチ
出演:平岡祐太
メーカー:東宝
発売日:2006-03-03

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

NANA -ナナ- スペシャル・エディション [DVD]

カリスマ的な人気を誇るコミックを、原作ファンの期待を裏切らない、ぴったりのキャスティングで映画化。描かれるのは原作の5巻までの物語で、ナナと奈々の出会いと再会、それぞれの東京での新生活と、複雑な恋のドラマが展開する。2人が共同生活する「707号室」のインテリアや、ナナが愛用するヴィヴィアン・ウエストウッドのファッションなど、原作の世界が無理なく映像に溶け込んでいるのが成功の理由だろう。<br> ライブシーンで歌唱力をいかんなく発揮する中島美嘉。恋に夢中になり過ぎる、ある意味、女の“嫌な”部分も演じる宮崎あおい。彼女たちの名演技は、いつしか観る者を、2人の友情に共感させていく。一見、恋愛には冷めているナナが、じつは過去の愛から逃れられないなど、正反対に見える主人公2人それぞれに、人間の多面性が振り分けられており、このあたりは原作のうまさ。一見、流行の先端を行っているようで、本質は普遍的な友情の物語なので、世代を超え、誰もが感動してしまうのだ。原作者の矢沢あいが作詞し、HYDEが作曲した主題歌は、いつまでも耳に残る。(斉藤博昭)

ねえ、ナナ

残念ながら、思ったほど良いできではなかった。だが、ハチ子役の宮崎あおいの演技はうまかった。自然にハチ子に入り込んでなじんでた。
ハチ子のテンション高めで自分勝手なとこや章二をただ単に愛するかわいさはうまく表現できてた。
大崎ナナ役の中島美嘉の歌唱力すごく高くて、ライブシーンは迫力があった。私は冒頭のライブが一番かっこよかったと思う。
ファミレス前のシーンで章二に怒りをぶつけるナナは良かったと思う。中島美嘉なかなかやるなと思ったし、ちょっと感動した。
ノブとヤスは無難にこなしていたと思うし、不自然な感じはしなかった。一番違和感を感じたのはレン役の松田龍平だった。演技が下手なわけじゃないけど、この役に合ってなかった。彼が魅力あるギターリストであるレンとはとても思えなかった。続編作るなら、レンは違う人に代えるべきだと思う。
ストーリー的にもいい場面が削られてて、ちょっと悲しかった。うまくまとまっていたと思うが、マンガを読んだときに感動して号泣した場面でも泣けなかった。マンガをもう一回最初から読み直そうと思った。
宮崎あおいが頑張ったのでほんとは星2つをつけたいが、3つにしようと思う。

原作らしく

雰囲気やキャラクター、インテリアなどに加え、ストーリー展開も原作がとても上手くまとめられており、NANAの世界を十分感じられる映画だなぁ、と関心した。
ただ松田龍平のキャスティングがね。個人的に好きな役者さんだし、雰囲気は十分ピッタリだとは思ったんだけど、あきらかに少女コミック向きではないでしょう。原作に忠実にって作品であればなおさら「映画らしさ」とか、そんな感じの欲をかかずキャスティングしてほしかったなぁ、と。

ねえ、ナナ

原作共々、様々な脚光と罵倒とに消耗され尽くした邦画でしたね。
原作の人間ドラマに惚れ込んでいる人は、宮崎あおいのナレーションを聞くだけでその悲壮感に泣けたのではないでしょうか。
キャスト変更などで鳴かず飛ばずに終わった続編よりも興行的にも大成功した点から見ても本作の優れようは明らか。
原作の序盤を、その後続く悲劇を匂わせながらフレッシュに昇華させたスタッフの尽力に、原作への愛を感じました。

矢沢漫画が抜け出た感じ。

原作はパラパラ〜っと見た程度での映画の印象は、別にイメージが崩れることもなく、いい出来だと私は思いました。
多少の違いはあれ、原作の雰囲気を壊さないようにできるだけ似せようとした努力は察することができました。
評価の低い方もいらっしゃようですが、
いくらなんでも全て同じように再現するのは無理だと思います。
私にとっては、配役も内容も雰囲気出てて違和感なく観られました。
ナナ役の中島さんの声、ライブシーン、素敵でした。
中島さんのイメージは、バラードをしっとり歌う感じだったので、こんな激しい曲も似合うなぁと♪
NANAを実写で現したらこんな感じになるのかぁ、と納得させられたような感じです。
ハチも、女の子女の子してて、はまり役だと思います。
ハチの彼氏の二股修羅場シーンが、ちょっとリアルだなってドッキリしました。
幸子役の方も、なんか本当にいそうなかわいコぶったタイプで、役として上手かったと感じました。
原作にものすごい思い入れがあるんじゃなければ、一度観賞してみてもいいと思います。

宮崎あおいが最高だった!

内容は原作の「ダイジェスト版」と言える程度のもので、登場人物達の心理描写も深く描かれておらず、原作のファンには納得出来ない内容だろうが、映画版は上映時間の制約もありやむを得ないところでしょうか‥。配役については、中島美嘉は「ナナ」をそのビジュアルと同様に上手くキャラクターを捉えているが、やはり演技、特に台詞に関しては経験不足なのは明らかだ‥。4歳からキャリアを積んできた宮崎あおいとの演技、及び役作りの差は誰の目にも明らか‥!ハチ役の宮崎あおいは、クルクル変わる豊かな表情、絶妙な台詞まわし、そして「ユリイカ」でも絶賛された「目だけで役を演じきれる」類い稀な表現力!まさに圧倒的な存在感‥。「NANA2」で彼女が続けて「ハチ」を演じなかったのは本当に惜しい!そう考えるのは私だけではないでしょう‥?ライヴシーンはスゴく良かったです! この映画は「宮崎・ハチ」を観る為のもの‥とにかくカワイイ彼女の演技は最高だった!

DVDで観るなら

漫画の原作と映画の間尺の関係で 内容があっさりしててちょっと手応えなさすぎな感じです。
もう少し上映時間延ばしてでも心の葛藤とかなにか表面的なストーリーをなぞっていくみたいなことではないものを盛り込んでほしかった気がします。カット割とか好きじゃないところもあったけど映像は全般的に綺麗だし みてて楽しめるからあと一時間近く長くして内容を掘り下げてビジュアルではない中味にスポットライトをあてても良かったんじゃないかなと個人的には感じました。
ライブ映像のところと ハチ役の宮崎あおいさんの演技力の上手さで星一つアップしました。
音楽は素敵です。
映画館で見るにはちょっと物足りない気もしますが、特典映像付のDVD版なら 見て楽しめるかなあってイメージです。

サエコのわざとだよ?

原作でも有名なこのセリフ『わざとだよ?』
原作と実写版と言い方が違います。サエコは原作を読むべき。あのわざとだよ?はキョトン顔で言わなきゃだめだ。でもイメージそのものはサエコにぴったりでした…女優のサエコは嫌いではないけどサエコ=サチコNANAの中では嫌いでした(笑)
あとハチ以外はキャラになりきれてない気がします

お父さんでも素直に楽しめました

わたし、たぶんナナちゃんの親と年近いぐらいだと思いますが、自分が昔バンドやギターに夢中になっていた頃を懐かしみながら素直に楽しめました。文芸作品の映画化ほどダイジェストという感じもせず、あっという間に終わってしまい、原作を読んでいないので、早く続きが見たいです。

よかったです

自分が漫画にそこまではまってないせいか、むしろ映画のが良かったです。
配役もぴったりだし、(シンはちょっとアレですが…)切ない思いが伝わってきました。
ライブシーンも、JPOP全開になってしまうかと思いましたが臨場感あるかっこいい仕上がりでした。
ハチのヘアー、衣装も漫画のイメージどうりだし、可愛さいっぱい☆
大人気原作の映画化なんて、結局は原作をぬける物でないと思ってましたが、かなりよくできた作品だと思います。

コメンタリーも楽しめます

監督と二人のナナによるコメンタリーは最高です。
撮影の裏話や、よく見るとヤバイシーンの話とか、
「ここまで暴露していいものか」と思うほど
ネタが満載です。詳しく書くと見る人の楽しみが
無くなってしまうのでこのくらいで。
あと、原作と比べてネチネチとケチを付ける人は
必ずいますが、映画なりにどこを原作に忠実にし、
変えた部分はなぜ変えたのか、監督自身による
解説は興味深いものでした。これを聞いてまだケチ
を付ける人は映画を知らない人でしょうね。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

NANA 2 スタンダード・エディション [DVD]
NANA-ナナ-FM707 [DVD]
ドロップ スタンダード・エディション [DVD]
NANA - ナナ- 1-21巻 セット (りぼんマスコットコミックス―クッキー)
いま、会いにゆきます DVD-BOX
ヤンキー君とメガネちゃん DVD-BOX
あずみ デラックス・エディション [DVD]
アキハバラ@DEEP [DVD]
ばかもの [DVD]
成宮寛貴10周年記念メモリアル本「Hiroki Narimiya Anniversary Book10」

松田トシ 葉山三千子 水沢エレナ 清水めぐみ 正司花江 甲斐麻美 森マリア 華城季帆 花山佳子 椎名法子 北乃きい 朝倉あき 箱田好子 小林千香子 二階堂千寿 わかぎゑふ 渡部彩 桂木梨江 前園りさ 田中美佐子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ