雨よりせつなく [DVD]

雨よりせつなく [DVD]

雨よりせつなく [DVD]

DVD
監督:当摩寿史
出演:田波涼子
出演:西島秀俊
出演:黒坂真美
出演:深浦加奈子
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2005-09-23

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

主人公が身を引いた理由は・・・。(ネタバレ注意)

以下は、ネタバレ注意です。
失ったものの大きさに比べて、10年という年月は短すぎるのだろうか?それとも、目の前に現れた新しい彼女は、過去の想い出を断ち切れるほどの存在では無かったのだろうか?
おそらくは、その両方なのでしょう。
互いを補完しあえる存在であることがパートナーの理想だとすれば、事故でなくした元彼女こそが、男にとって最高のパートナーだったのだろうと、新しい彼女である主人公は気づいてしまうのですね。
それは、彼の行動の端々に表れていました。絶やさずに部屋に飾っている花を、花束で持ち帰ってきた彼を見た瞬間、それは決定的となったのです。
彼の視線は、未だ過去を向いており、自分は「元彼女」の代役でしかなかったことが・・・。
亡くなった人に勝てるはずがないのです。だからこそ、現実の世界なら、「私の方を向かせてみせる・・・」となるはずですが、そこで身を引いてしまう「せつなさ」こそが、この物語の核心でしょう。
3年後の再開では、「私のこと好きだった?」とのストレートな質問をしますが、曖昧な笑顔でしか返せなかった彼を見れば、自分の判断は正しかったのだと悟ったことでしょう。結局、二人は似たもの同士であり、補完し合う「めおと」にはなれなかったであろう事を。
主人公が、この後、キャリアウーマンの道を選ぶのか、新しい恋を見つけるのかは誰にも分かりませんが、水たまりを飛び越えたシーンは、ようやく新しい一歩を踏み出せたことを伺わせます。
なお、主役の田波さんですが、スタイルのいい人だなぁ・・・と思ったら、カリスマモデルさんでした。なるほどです。こんな素敵な人に、一途に想いを寄せられたら、たいていの男性は過去を忘れられると思います。
「いいよ」とか、「ないよ」って、短い言葉で答えるときの甘い声がとってもチャーミングですし、控え目な性格も、荒野に咲く一輪の花のようで、男なら放っておけないタイプなんですけどねぇ・・・。
そうそう、つくづく、親友のたえ子が男だったらなぁ・・・と思います。前向きであっけらかんとしているように見えて、親友が胸の奥に秘めた悩みに、さりげなく気づいているんですね。たえ子は・・・。

トレンディドラマを渋く作った感じの映画でした

30歳を前にした女性(田波涼子)が、同僚(西島秀俊)にひかれていく。
しかしながら、同僚の男性は過去に事故で彼女を死なせた経験があり、
その彼女を忘れられず、、、、、。
十分仕事が充実し生活も安定した一人暮らし同士の臆病な大人の
恋愛物語です。
一人暮らしにさみしさが入り込めないほど仕事で充実している状態なら
このような話はあり得ると思う。
しかし実際は、誰も一人では生きていけないし、傷つくことを恐れていては
誰かと人生をおくることもできない。
そんな明日へ水たまりを飛び越えるようにヒロイン』が踏み出していきます。
最後に勇気をもらえる作品でした。
その他
田波さんは抜群のOLスタイル。ロングブーツが日本一似合います。
逆にバリエーションが少なく洋服で楽しめるかといわれると?
もっとファッションもいろいろ見せてもらいたかった。
スタイルに関しては、ファッション雑誌並みに凝ってほしかったです。
広告代理店のわりにレトロなビル。自転車がよく出てきます。坂道のシーンも。
全体的に昭和を感じさせる映像が多く、90年代の制作かと思いましたが04年なんです。
狙いが今一つわからなかった。
生活感も希少で、彼の部屋には換気扇もありません。(消防上、気になったのですが、、、、)
トレンディドラマを渋く作った感じの映画でした。

田波涼子さん映画デビュー作!

地方部では放映されず、DVDの発売を待ちに待っていました。
主人公の水野綾美は友達から将来の事を聞かれても、笑顔で友達の
言葉を受け流して仕事一筋に生きていました。しかし内心は、結婚
を諦め仕事に生きるキャリアウーマンの道も考え始めていたのです。
そんな時、同じ会社に勤める倉沢をフリーマーケットで見かけ、そ
れをきっかけに2人は徐々に近づいていきます。
しかし倉沢には悲しい思い出があったのでした…
ファッションモデル田波涼子さんの映画デビュー作品です。
私は男性ですが、仕事と結婚で揺れ動く女性の心情を描いているこの
作品を見て20代後半の女性心理が、ほんの少しですが理解できた様に
思います。(本当は理解できていないのかもしれませんが・・・)
でも女性の方はもちろん、男性の方にも是非見て欲しい作品です。

身近で起こりそうな設定がよい

同じ会社に勤める男女の恋愛の成り行きという身近な設定のおかげで、すんなりと感情移入することが出来る映画に仕上がっていると思います。
倉沢役の西島秀俊さんの朴とつとしたしゃべり方は、過去を引きずった男の遠慮がちな優しさをうまく表現していて、さすがだなぁと感心してしまいました。一方、綾美役の田波涼子さんの演技からは、そんな倉沢に対して躊躇いながら接してゆこうとする感じがよく伝わってきました。
ラストも、日常的な題材を扱った映画によく調和した内容となっていて好感が持てました。全体的に軽く(良い意味で)流れるように物語が進み、後味も良い作品だと思います。

恋愛だったのか

きれいだし、仕事もできる、マイペースなOLが主人公。30才が近づいてきて、これから自分はどうしていくのか、気にし始めていた。とはいえ、べつに悩んでいる様子もない。ただ、休日の過ごし方が釣り堀ばっかりなのは寂しそうではある。
この映画では、ヒロインの視線が印象に残った。仕事場で先輩の女性と話すときと、街で彼と話すとき、彼女は上を見上げる。それが、だれもいない釣り堀で水面を見つづけるシーンと交互に描かれる。
三度目に見上げるのは彼がラジコンの飛行機を飛ばすラストに近いシーンだ。同時に別れの儀式でもあったのだろう。
結論をいえば、この映画の男女は、一人で生きていける者たちなのだと思う(いや、男の方は、一人でいることを強いられてるというべきか?)。彼女の部屋の植木鉢がふえていくのは、ちょっとはせつないけれど。
それにしても、そもそも恋愛だったんだろうか。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

真木栗ノ穴 [DVD]
LOVE ASIA 花びらの舞う海へ [DVD]
ニンゲン合格 [DVD]
いたいふたり [DVD]
セイジ -陸の魚- DVD
西島秀俊―新世紀のスピリチュアル・アクターズシリーズ (キネ旬ムック―アクターズ・ファイル)
帰郷 特別篇 [DVD]

叶恭子 佐津川愛美 梶原ひかり 山本みどり 泉じゅん 森ほさち 桑野通子 ベッキー 小林千登勢 日色ともゑ 関弘子 朝倉えりか 夏目雅子 松本ちえこ 後藤果萌 杉咲花 柚木亜里紗 水沢アキ 石原初音 立石凉子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ