フライ,ダディ,フライ 特別限定版 (初回限定生産) [DVD]

フライ,ダディ,フライ 特別限定版 (初回限定生産) [DVD]

フライ,ダディ,フライ 特別限定版 (初回限定生産) [DVD]

DVD
監督:成島出
出演:岡田准一
出演:堤真一
出演:須藤元気
出演:星井七瀬
出演:松尾敏伸
メーカー:東映
発売日:2005-12-09

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

フライ,ダディ,フライ 特別限定版 (初回限定生産) [DVD]

金城一紀が原作・脚本を担当。彼の小説ではおなじみの高校生集団「ゾンビーズ」も活躍する熱いドラマだ。堤真一が演じる中年サラリーマンの鈴木が、娘に大ケガをさせた男に復讐するため、岡田准一演じる高校生、スンシンからケンカを習うという物語。やがて鈴木とスンシンには、年齢を超えた友情が育まれていく。プロットからして現実離れしているが、「作り物」として観れば、鈴木の不屈のがんばりに共感できるはずだ。真っ青な空や海など、全編に散りばめられた夏らしい爽やかな映像も、物語の嘘くささを薄めていく。<br> 鈴木が強くなるかどうか賭けをするスンシンの仲間(ゾンビーズ)の狂騒や、鈴木がいつも乗るバスと競走するシークエンスなど、笑えるシーンが多数。ただ、ラストの決戦が、笑いの延長にあるのは、ちょっと惜しい。キャストでは、岡田の存在感が際立っている。屋上や海辺で彼が見せる不思議なダンス、つねに孤独を漂わせる視線。そして、馬鹿にしていた鈴木を父のように慕っていく心の変遷。緻密な演技力というより、本作の岡田は、役になりきったという点が高く評価できる。(斉藤博昭)

この映画は好きだ。

なんて、なんて素晴らしい映画なんだ。
堤真一がとにかくいい!
最初はホント、弱かったのに、あの娘を想う気持ちときたら。。。いいな。
最後はスカッとする。
学生が見ても楽しめるし、中年が見ても、これは心にくると思うな。
特訓に付き合ってくれたヤツら、みんな最高だよ。

これほど空がきれいな映画はYAMAKASHI以来。

 空が青く、オッサン(鈴木さん)の走る姿が気持ちいい。自分も走りたくなる。
 大切なものを守りたい。しかも堂々と。真正面から。仕事で昇進するよりも、大金持ちになるよりもかっこいい!こんなオヤジになりたい。

おすすめです

興行的には苦戦したようですが、とてもいい映画でした。
確かに「ありえない」夢物語のような話だけれど、そこがかえってよいのではないかと思います。大切なものをなくしそうな鈴木さん、大切なものを諦めるしか無かったスンシン、別世界の住人だったふたりの世界が交差し、変化していく。それが物語の核です。
私は原作を先に読んでいましたが、違和感無く受け入れることができました。
やはり岡田君の存在感と佇まいが素晴らしいです。これからどんどん色々な役に挑戦していって欲しい役者さんです。
主演がジャニーズだとか、原作とちがうとかそういう固定概念をはずしてオリジナルなストリートして一人でも多くの人に見て楽しんでいただきたい作品です。
しかし冒頭の白黒のモノローグ部分は長すぎる・・・と思いました。

ある意味青春映画ですね

『オヤジ改造プロジェクト?』が、世代を越えた友情物語へと昇華する。それを基本的にはコメディ・タッチで見せながら、家族の絆と再生、戦う事を忘れたサラリーマン達の悲哀、在日朝鮮人への不当な差別、等々、多くのメッセージが込められているが、さりげなく声高でないのがいい。ただ、冒頭の20分ほどモノクロで語られる部分が、その内容が暗さもあるのでしょうが、テンポがすごく悪くちょっとダレるのが惜しい。
「自分を信じろ」「恐怖なんてただの感覚でしかない」「今ここでホンモノの勇気を感じているなら、戦う必要はないんだ」なんてセリフにニヤリとさせらちゃうんだよなぁ。それから、金城一紀の趣味なんでしょうが「燃えよドラゴン」「灰とダイヤモンド」が同列で語られるのも面白い。
岡田准一は当然カッコいいし、堤真一も笑いと哀愁を誘うダメオヤジぶりから、カッコいい男に変身を遂げる。熱演でした。主人公の鈴木とスンシンの関係や、そのドラマは結構シリアス(ニヤリとさせられるシーンもあるけど)。だから、スンシンの悪友達「ゾンビーズ」がコメディ部分を受け持ってバランスをとっているのがいい。特に、「花とアリス」では落研部長、「電車男」では毒男、「逆境ナイン」ではサードの嘘つき(?)男の坂本真がいい。病院の屋上からロープで吊るされるシーンなんて最高!!

気分爽快

岡田君を見たくて観にいったのですが、岡田君はもちろんすごく大満足の映画でした。
堤さんの情けないおっさんが、ひょんなことから高校生スンシンの猛特訓を受ける。緑ジャージでしかも短い。
次の日も次の日もそのまた次の日も、娘のため、家族のために。
なんかつまんないなと思ってる人へぜひ見てもらいたい映画です。
見終わった後は思わず走ってみようかななんて思ってしまうくらい気分爽快です。

かっこいい!!!

堤真一さんの『情けないオヤジ』から『たくましいオヤジ』に変わっていくすばらしい演技も見所ですが、なんと言っても岡田君がかっこいい!!!!
マンガに出てくるようなくさいセリフも、岡田君が言うと何故か嫌味がないし、撮影に入る一年前からジムに通って体を作っただけあって、なんともいえないくらいきれいな体!
そして、岡田君が演じるスンシンが踊る『鷹の舞』は、まるでバレエダンサーのようなきれいな踊り!!!
観おわった後、すっきりした気持ちになって、『もう一回みたい!』と思える映画です!
私は息子と見ましたが、息子も『もう一回みたい!』といっていました。
ぜひ家族で見てほしい映画です!

いい映画だった

大切なものを守るために必死になる姿は胸が熱くなる
こんな当たり前の事を最近は忘れてしまいがちなんだな
人には必ず大切なものがあるはずなのに・・・
そういうのが希薄になってる時代だからね
この映画見てると、自分も頑張んなきゃなって思うよ。。

お父さん

原作はもちろんたいへん面白かったのですが、映画もまた原作者さんが脚本を担当されているということで同様にとても楽しめました。
強さの中にも弱さを併せ持つ美しいスンシンと、
弱さを鍛え上げ家族の為に走り抜けた鈴木さん。
二人の信頼関係や決闘シーンなど、とても爽快で気持ちのいいストーリーでした。
“お父さん”という存在が愛おしく感じる映画です。

爽快な映画!

最初は出演者のファンだというだけで観た映画でしたが、映画館で見ているうちに本当に惹きつけられて、気が付いたら映画の中のオッサンやスンシンと一緒に笑ったり、感動している自分がいました。観終わったときには、心が晴れやか…というか、とにかく何か頑張ってみよう!と思わせてくれる映画です。映画館であれだけ元気をもらえた映画は今までなかったと思います。
特典ディスクは、メイキングも記者発表もテレビ&映画用のジングルも沢山入っていたりして、てんこ盛り。楽しい特典でした。買ってよかったと思います。(メイキングは、ところどころメイキング・オブ「フライ、ダディ、フライ」とかぶりますが、中に入っているミニ写真集はとてもよかったです。)

今年のマイベスト作品

親父が娘の敵討ち。
とてもシンプルなストーリーなのに、想像以上によかった。
見てみないとこのよさはわからないと思います。
映像も美しいし、2人の主人公に漂う透明感のようなものもよかった。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

【早期購入特典あり】Super Powers / Right Now(初回盤A+B+通常盤)【V6アクリルスタンド付(1個)】
FLY! メイキング オブ「フライ,ダディ,フライ」 [DVD]
東京タワー 通常版 [DVD]
花よりもなほ 通常版 [DVD]
J Movie Magazine Vol.39[表紙:岡田准一] (パーフェクト・メモワール)
陰日向に咲く 通常版 [DVD]
SP 革命前日 [Blu-ray]
SP 野望篇 Blu-ray通常版
岡田准一写真集 「おと な り」
フライ,ダディ,フライ (角川文庫)

岩佐美咲 彩輝なお 小池唯 渋谷琴乃 相沢なほこ 岩本千春 長谷川真弓 misono 南條玲子 大西結花 ANZA 本山可久子 石原初音 梨里杏 奈津子 小西真奈美 木匠マユリ 中井貴惠 市川美織 坂本スミ子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ