大東亜戦争と国際裁判 [DVD]

大東亜戦争と国際裁判 [DVD]

大東亜戦争と国際裁判 [DVD]

DVD
監督:小森白
出演:嵐寛寿郎
出演:高田稔
出演:清水将夫
出演:佐々木孝丸
メーカー:バップ
発売日:2005-07-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

大東亜戦争と国際裁判 [DVD]

昭和16年秋、対米戦の危機に見舞われた日本は、アメリカからハルノートを提示されて交渉決裂。東條英機総理大臣(嵐寛寿郎)は戦争の決意を固め、12月8日の真珠湾奇襲によって太平洋戦争が始まった。やがて昭和20年8月15日、日本は敗戦。米軍が進駐し、東京にてA級戦犯を裁く極東国際軍事裁判が開催される……。開戦時の首相・東條英機を主軸に、太平洋戦争と東京裁判の全貌を描いた戦争大作。前半では戦争の流れを、その後は東京裁判の真相を、それぞれ日本を肯定した立場から作られているのは、戦後10余年にして驚きの内容ではあるが、東京裁判がいかに勝者の論理で塗り固められたものであったかを堂々と描いている点は認めてよく、意外と史実にもかなり忠実ではある。東條もここでは実直な悲劇の人物として描かれているが、アラカンが演じているのだから、そういった印象になって当然であろう。企画としての思想に異を唱える向きはあるだろうが、映画としての堂々たる姿勢には敬意を払いたい秀作。監督は新東宝戦記映画の雄・小森白で、これは間違いなく彼の代表作のひとつである。(増當竜也)

国民必見の傑作

まず、「東京裁判」結審からわずか10年後、無罪放免あるいは保釈された元「戦犯」の方々やご遺族が大勢存命されている頃の1959(昭和34)年に、この作品が製作されたことに驚かされる。確かに低予算で作られていることは画面から窺えるが、それが何程のものか。これほど見事に日本側の立場から見た東京裁判を描ききった作品はまずないだろう。
前半部では大東亜戦争開戦に至る経緯がコンパクトにまとめられている。戦場を描くことは本作の主題ではないため描写は少ないが、実際の映像とモノクロで撮影された映像とがうまく組み合わされ、映像にリアリティを持たせることに成功している。
後半部は「東京裁判」の法廷に移る。開廷前には、日本人弁護団の間で国家弁護か個人弁護かで論争が繰り広げられるが、このやりとりも一見の価値がある。法廷内では弁護団と検事団との緊迫感のあるやりとりが展開され、とかく退屈になりがちな法廷シーンを飽きることなく見ることができる。法廷で実際になされた尋問や弁護人、検事、裁判長、証人らの発言も上手に取捨選択されていて、考証面も申し分ない。
また、それぞれの役を演じる俳優がとてもよく似ている。中でも東條英機、近衛文麿、廣田弘毅、木戸幸一、重光葵、ラダ・ビノート・パールは特筆に価する。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

プライド 運命の瞬間 [DVD]
東京裁判 [DVD]
世界史とつなげて学べ 超日本史 日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史
経済で読み解く豊臣秀吉 東アジアの貿易メカニズムを「貨幣制度」から検証する
検証 検察庁の近現代史 (光文社新書)
ある明治人の記録 改版 - 会津人柴五郎の遺書 (中公新書)
世界の歴史はウソばかり
嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)
コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)
日本は誰と戦ったのか

黒谷友香 増田未亜 山田優 清水富美加 高良光莉 麻倉未稀 麻田ルミ 水島裕子 岩本千春 岡本麗 白川由美 AKINA 水沢有美 原田千枝子 荻野目慶子 彩乃かなみ 宮崎真汐 中谷真希枝 岸惠子 酒井和歌子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ