その後の仁義なき戦い [DVD]

その後の仁義なき戦い [DVD]

その後の仁義なき戦い [DVD]

DVD
監督:工藤栄一
出演:根津甚八
出演:宇崎竜童
出演:松崎しげる
出演:松方弘樹
出演:山崎努
メーカー:東映ビデオ
発売日:2005-07-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

その後の仁義なき戦い [DVD]

深作欣二監督の名シリーズの、その名を継承する作品。ただし監督は“映像の刺客”工藤栄一が登板。根津甚八、宇崎竜童、松崎しげる、原田美枝子といった当時の若手俳優たちを配置し、大阪に本拠を持つ暴力団・石黒組の若頭の急死が原因で、抗争まで一触即発の緊張が走る中、若い組員たちの友情と生き様を描いた作品。<br> 深作監督のオリジナル・シリーズが、血で血を洗う抗争のシチュエーションを実録タッチで描いたのに対して、工藤版「その後の仁義なき戦い」は、組同士の抗争は背景にすぎず、そこでのたうち回るように宿命と闘う若い組員たちを、得意の集団抗争劇タッチでドラマティックに描いた作品と言えよう。これはヤクザ映画のスタイルで描かれた壮絶な青春映画であり、裏切りや謀略にさらされ、若い命を散らしてしまう壮大な悲劇でもある。工藤演出、とりわけ“光と影”の映像美は健在。全編たたみ掛けるようなダイミックな展開で、2時間8分を一瞬たりとも飽きさせない。70年代末期にぱっと咲いた時代のあだ花、されど名花。(斉藤守彦)

必殺ファン的には

チョイ役で出てくるヤクザの山崎努と、彼が属する組の組長の藤村登美男という
明らかに鉄&虎の現代版コンビがたまらない(笑)
っていうか凄みを効かしてる割に、さしたる活躍も無しに二人共逮捕されちゃう所が又可笑しい。
工藤栄一の、特に「本編」は全編の完成度を犠牲にして、シーンやカット、キャラや演技と言った
「断片」を際立たせてくる所が魅力。
後から考えると説明が足りなかったり、変な部分があるのだが、忘れ得ぬ「愛おしさ」を魅せてくれる。
「大人の汚さ」「世間の無情さ」に、主人公達と一緒に「悔し涙」を流せる青春ヤクザブルース映画。

私にも、ギラギラした思い出ばつくって!

 「その後」とあり「仁義なき戦い」の後日談のような印象を受け(製作側はまさに二匹目のどじょう狙いではあるが)、損をしているが、まったくこの作品単体で、素晴しい作品である。
 監督は、深作から、当時TV映画「傷だらけの天使」「祭ばやしが聞こえる」「必殺」シリーズ等でシャープな映像で評判になっていた工藤栄一。
 三角マークに馴染みのない根津甚八を主役に(当初はショーケンが主演の予定だった)、当時異色だった宇崎竜童、松崎しげるが出演。音楽が柳ジョージと、今までの東映色とは違った工藤栄一らしいスタイリッシュな映像と音楽の作品になった(ただし、クレジットタイトルは相変わらずバカでかい文字で白ける)。当時高校生だった私は、東映がはじめて若者の感覚の映画を作ったと喜んだものである。
 「その後」とあるが、「仁義なき戦い」シリーズとは、まったく繋がりがない。おなじみの組織の抗争に翻弄される若者という構図のみが継承されている。権謀術数を使った親分同士のやり取りよりも、その犠牲になる若者たちに焦点をしぼり、裏切り、裏切れながらも、何かを引きずって生きる若者を描く。
 路面を濡らして光を反射させる手法や、逆光を多用した撮影は、今ではTVドラマでも当たり前の手法だが、当時は斬新で、工藤栄一は「光と影の魔術師」といわれた。
(以降ネタバレあり)
 「私にも、ギラギラした思い出ばつくって!」
 この言葉は、前半、根津と出会った原田美枝子が一夜をともにするときに言った台詞。この原田の切ない台詞が、ラストの原田の姿に重なる。ラスト近く、根津甚八がホテルのベッドで拳銃を構えるシーンから、柳ジョージの「Hevy day」(なんと日本語!)が流れ、歌をバックに銃撃戦を暗示する光の光芒が挿入され、原田美枝子が「カツアゲ」するラストシーンまでのシークエンスは秀逸。原田の透きとおるような美しさ。工藤栄一監督の後期の作品中ベストだと思う。

極道映画の名を借りた、青春映画の傑作

シリーズの続編として見た人には、期待ハズレとうつるかも
しれませんが、単体映画として見た場合、とても素晴らしい、
青春映画の傑作ではないでしょうか。極道モノが苦手な方にもオススメです。
根津、宇崎、松崎、原田、といった若い面々が
おりなす、若者達の夢や苦悩、その切なさ、儚さ。
当時の時代の「匂い」といったものと同時に、
そういったものが、皮膚感覚でヒリヒリと痛いほど感じられます。
以前のシリーズでは、登場人物達は、老いも若きも、金、女、権力
といった、即物的なギラギラした欲求を全面に押し出して
闘争を繰り返していました。
しかし、この映画に登場する若者達は、表面上はなるほど極道らしく
そういった欲求のために動いてる様にも見えますが、本質は
それとは違う「なにか」のために足掻き、苦悩しています。
だからこそ、余計にその姿に感じる悲しさや切なさが、私には
増して感じられました。
すでに、日本が高度成長をなしとげ、豊かさを手に入れた時代、
少なくとも餓え死にすることはなく、働けばそれなりの生活はできる。
そんな時代の若者達の夢や、不安や苦悩、、、
原田の「私にも、ギラギラした思い出ばつくって」という言葉に
突き動かされるように、疾走する根津の姿に、それが凝縮されてるのでは
ないでしょうか。

青春映画の名作。

とにかく根津さん最高。哀愁のあるやくざもの。とにかく泣ける。僕は文太の本編より、この題名だけ仁義なき戦いが大好きです。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

新 仁義なき戦い 組長の首 [DVD]
新 仁義なき戦い [DVD]
仁義なき戦い 完結篇 [DVD]
青春の蹉跌 <東宝 DVD 名作セレクション>
新 仁義なき戦い 組長最後の日 [DVD]
仁義なき戦い 代理戦争 [DVD]
激動の1750日 [DVD]
竜二 [DVD]
仁義なき戦い [DVD]
仁義なき戦い 頂上作戦 [DVD]

尾崎ナナ 宮崎美子 彩夢 中野良子 すどうかづみ ルビー・モレノ かとうかず子 かたせ梨乃 赤嶺寿乃 青木さやか 奥菜恵 関谷ますみ 愛染恭子 朝岡実嶺 高森和子 大川恵子 橋本麗香 北沢典子 鳥越まり 本阿弥周子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ