たそがれ清兵衛 [DVD]

たそがれ清兵衛 [DVD]

たそがれ清兵衛 [DVD]

DVD
監督:山田洋次
出演:真田広之
出演:宮沢りえ
出演:小林稔侍
メーカー:松竹ホームビデオ
発売日:2005-04-28

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

たそがれ清兵衛 [DVD]

時は幕末、庄内地方の小さな藩の下級武士・井口清兵衛(真田広之)は、ふたりの幼い子どもと老母の世話をするため、勤めが終わるとすぐに帰宅することから「たそがれ清兵衛」と同胞たちからあだ名される冴えない男。しかし、幼なじみ朋江(宮沢りえ)の危機を救ったことから、実は剣の腕が立つことが世間に知れてしまい、ついには藩命で上意討ちの討ち手に選ばれてしまう…。<br> 時代小説の大家・藤沢周平の短編『たそがれ清兵衛』と『竹光始末』『祝い人助八』をベースに、これが時代劇初演出となる巨匠・山田洋次が監督。当時の時代考証を綿密に行いつつ、ささやかな家族愛や忍ぶ恋心、そしてダイナミックな殺陣シーンなどを見事に具現化している。人間本来の美しい心のありようを、決して押し付けがましくではなく、優しくささやかに問いかけてくれる、日本映画でしかなしえない必見の秀作。真田の素朴さと宮沢の清楚な美、両者の好演も特筆ものである。(的田也寸志)

文句なしの傑作。

男手一つで子供達を育てるリアルな主人公も、大人同士故に身分を越えられないヒロインとの恋も、全ての登場人物が人間味溢れ輝いていて観た後胸がいっぱいになる作品です。
強いのに強さをひけらかさない、貧乏だけど優しい主人公も好感が持てて好き。
人間ドラマだけでなく格好良い切りあいのシーンもあるのですが、主人公が小太刀?の使い手というのも変わっていて面白いですね。
新鮮だし格好良かったです!
主人公の真田さんは勿論良いですが、宮沢りえさんも良い表情するようになりましたね。
ラストサムライでも真田さんの殺陣が一番格好良かったので、真田さん主人公の時代劇が見れて大満足です。
2時間とは思えない位いっぱい詰まった映画なので、是非一度見てみて下さい。

日本のソウルムービー

正直、僕は山田洋二監督の映画はあまり見たことがないんですが(まともに見た山田作品はこれがはじめて)、この映画を見たときは「ああ、この人はほんとに巨匠だ」と思いました。それぐらい、現代の日本人が失いつつある”本来の日本人”らしさ−謙虚さや慎ましやかさを余すところなく表現した作品でした。
登場人物の情緒の表現(もちろん出演者の迫真の演技のおかげもありますが)や懐かしさを感じさせる風景描写などなど、僕たち日本人のソウルにしみこむ要素がたっぷり盛り込まれています。殺陣のシーンにも一分の抜かりもありませんっ!最高の時代劇映画です!!
昨今の邦画は時代劇モノでもVFXを多用した、見た目ばかり派手で内容が薄い作品が増えつつある=どっかハリウッド化しつつある(若干語弊な言い方かもしれませんが)中で、この作品のように奥の深い作品の存在は非常に重要だと思います。
ケレン味の強いハリウッド映画に飽きてきた方にはぜひともお勧めしたい一本です。

武士道とは

質素、倹約。つつましく生きる幕末の田舎藩士。
多くを望まず“程ほど”の充足感に幸福を感じることの
できる、たそがれ清兵衛を描いています。
感動しますね。本当にお侍として、生きてゆくことの難
しさや、清兵衛の不器用さに、同情するような視点で映
画を鑑賞しましたが、どうやら当の清兵衛はその自分の
環境に満足していたようです。人間、欲を張るとろくな
ことは無いのですが、彼は本当に家族を想い、妻を想う、
とても素晴らしい家庭人なのです。
欲を出せば出世もしただろうし、良い暮らしもできたか
もしれない。それでも彼は不器用に家族を大切にして家
族の幸せを考え生きているようでした。本当に心が潤う
話です。

藤沢周平と山田洋次の必然的な邂逅を堪能する

 「寅さんシリーズ」と同様の、山田洋次監督の人間に対する視点が優しい。山形庄内地方の小藩という、歴史の大うねりからすれば、ほとんど無視されるような場所で起こった小事件を、それに関わる小心な人物達も含めて丹念に描いている。
 幕末の激動期を生きるサラリーマンとして、過分に望まず、愛すべき家族を守るために、同僚の揶揄や陰口も意に介さない愚直な下級武士の清兵衛を繊細に演じた真田広之。
 決戦に向かう清兵衛の髪を結うシーンに、日本女性のしとやかさを、生きて帰ってきた清兵衛を、涙を溢れさせながら抱きしめる姿に、幼馴染から妻となる覚悟を決めた女を感じさせる朋江を演じきった宮沢りえに感服した。
 クライマックスの殺陣シーンは、狭い屋敷内をうまく利用して撮っている。雨戸から木漏れでる光と闇のコントラストと、相手の侍の不気味さがマッチして、緊張感と不安に満ちた空間に仕上がっている。
 劇中を盛り上げる富田勲、エンディングテーマの井上陽水の音楽もよかった。過剰なまでに演出された日本的情緒を謳った、優しい気持ちになれる映画である。

藤沢周平の世界がここにあり!

藤沢周平の素朴で暖かく真っ直ぐな世界観がこの映画によく出ていたと思います。物や情報にあふれているにも関わらず窮屈を感じながら生き、どこか幸せを感じられない私たちに強く訴えるものがありました。全体的にゆったりとしたストーリー展開ですが、山田洋次監督らしいユーモアもあって見所たっぷりです☆

良かった〜

映画を見終わり、友達と話をしました。
山田洋次って寅さん撮ってた人でしょ、と。え、とびっくりしました。
ぼくはてっきりもっと若い(30〜40歳)人と思ってました。
全体的にずば抜けてセンスが良く、音楽もいいし、とても寅さんを撮ってた人とは
信じられませんでした。といっても寅さんは小さい時にしか見てないので、古くさい大衆映画としか
認識していなかったのですが。(ぼくは30歳です。)
しかしこの映画、泣きました。ぼくは幕末好きなのですが、こういう生き方もあるのだと感動しました。
そして宮沢りえは最高でした。細かなディテールも笑いあり、そして泣けます。
最高です。

生き方に感動する

真田広之演じる清兵衛のたたずまいと、宮沢りえが演じる彼を慕うつつましやかな女性“朋江”に感動する。
東北の小藩の下級官吏、労咳で死んだ妻の葬式を出すためサムライの精神とも言うべき刀を売り払った清兵衛。呆けた母親と二人の幼い娘を抱えた生活にゆとりはなく、身なりもかまわず、同僚とのつきあいも断り、内職に精を出す。そんな彼の元に舞い込んだつかのまのしあわせ・・・。故あって嫁ぎ先から出戻っていた親友の妹で幼馴染の朋江が貧しい清兵衛の家族の下を訪れてくるようになったのだ・・。しかも彼女は「清兵衛さんのところになら、行ってもいい」とまで言う・・。(この宮沢りえがいじらしくて、いいこと!)
そんな僥倖も、貧しさと家格の違いを理由に断る清兵衛・・・。淡々と描かれるエピソードがじんわりと染みてくる。東北というせいか夏の日差しもやや弱弱しく見える。
剣の腕を見込まれ、お家騒動の末に放逐された家臣への上意討ちを命じられた清兵衛は、ある決心をするが・・。
後半の山場になる屋内での殺陣シーンの迫真性は本作のもうひとつの特徴。日本刀という抜き身の武器を携えたサムライ同士の討ち合いがどのようなものだったのか、気を抜けば斬られる、壮絶な闘いに圧倒される。・・・(どうも最近はファンタジー系のゲームの影響で剣に対しては盾で避けるという想像をしてしまうが、日本のサムライたちはついぞ盾というものをもたなかったのだ・・と感慨を得る)。
感動はその後・・・。
上意討ちを果たし血潮を浴びた姿のまま、家に戻る清兵衛・・・。家で迎えたのは、大切な娘たちと・・・。
その後にかぶる、成人した娘を演じる岸恵子のナレーションが追い討ちをかけ、涙腺を直撃する。ラストシーンの晩秋の済んだ青空が、さみしくもきれいに映され幕を閉じていく・・・。
感動作、お勧め。

たそがれは、宮沢賢治だった。

「おーい、たそがれぇ!」
バカにされながら、それでも自分を押し出すことなく、「へぇ…」と一歩下がっている。
その態度が同僚のクソ役人どもを余計に増長させる。
たそがれは、「雨ニモマケズ」の世界だ。
じつは剣の達人で、手練れの浪人とやり合うことに追い込まれ、イヤなんだけど、立ち会う。
おそらくこの映画いちばんの見せ場なんだけど、そんなこたーどーでもいい。
もし「一見フツーなんだけど、すごい人っているもんだ」的な映画なら、ありがちだし、みんなそんなに評価はしないと思うんです。
この作品がいいのは「光の当たる人生だけが、人生ではない」という、
ある意味でドラマ性を放棄した?とも言える視点の潔さだし、だからじんわり効いてくるんだなぁ…。
不器用な人生だっていい。すべての人生は素晴らしい人生になりうる。
そういう人生賛歌が、みんなに生きる勇気を与えてくれるんじゃないかなぁ。
ハートを感じる映画です。時代劇とか、そんなモノサシじゃなく。
めちゃくちゃカッコイイ!と思った。誰がなんと言おうとイイ映画です。
初めて観て何年経っても思い出すなぁ…。はっきり言って、これまで観た邦画のナンバー1なんですよ。
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイウモノニ
ワタシハナリタイ

感心よりも、素朴な感動こそ映画に求める人へ

いわゆる邦画のよさの全てが凝縮してあると思います。
ナチュラルさとか、ひととして日本人としてキュンとするとことか、
切なさ・はかなさとか、綺麗さとか…。
たぶん洋画好きな人や外国人の方には、面白みのないストーリーなのかもしれないけど、僕は好きです。
この映画のように、出世という考えがなかった家庭に育った僕のような人間には、ささやかだけど、幸せな人生という価値に共感を覚えるのです。

情感豊かな時代劇

「たそがれ〜」は随分前に観てますが、先日、「武士の一分」を観て以来、
改めて山田洋次監督3部作を観たくて堪らなくなって・・・
慎ましやかに生きる下級武士の清兵衛、役人仲間に「たそがれ」と笑いものに
されながらも家族の生活を守る為に己の信念は曲げず。
そんな清兵衛に清楚な恋心を抱く朋江、物語はこの2人の不器用なロマンス?
を主軸に展開していく。
当然、下級武士といえど武士は武士、クライマックスの果し合いでは緊迫感
溢れる殺陣を見せてくれる。
真田広之、宮沢りえ、両者ともに素晴らしい演技、日本古来の奥ゆかしさと
いうのかなぁ・・・情緒豊かにしっとりと演じている。
CGを多用した、エンターテイメント性やアクションを強調した最近の時代劇
風の映画にはとてもこの雰囲気は出せないだろうなぁ。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

隠し剣 鬼の爪 通常版 [DVD]
武士の一分 [DVD]
蝉しぐれ プレミアム・エディション [DVD]
山桜(通常版) [DVD]
花のあと [DVD]
壬生義士伝 [DVD]
小川の辺 [DVD]
蝉しぐれ [DVD]
武士の家計簿 スペシャルプライス版 [DVD]
武士の献立 [DVD]

高橋みなみ 松本圭未 芦川いづみ 市川実日子 江川有未 酒井美紀 宮崎真汐 木暮実千代 古城都 原田夏希 大空眞弓 澄川真琴 新藤恵美 月丘千秋 財前直見 高橋真唯 菊池亜希子 南條玲子 津島恵子 床嶋佳子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ