血と骨 通常版 [DVD]

血と骨 通常版 [DVD]

血と骨 通常版 [DVD]

DVD
監督:崔洋一
出演:ビートたけし
出演:鈴木京香
出演:新井浩文
出演:田畑智子
出演:オダギリジョー
メーカー:ポニーキャニオン
発売日:2005-04-06

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

血と骨 通常版 [DVD]

1923年、祖国・朝鮮の斉州島を離れて日本の大阪に渡ってきた金俊平(ビートたけし)。金と色の欲に満ち、己の肉体のみを信じ、常識や道徳のかけらもないこの男は、戦前戦後と家族や町の中で君臨し続けていく…。<br> 梁石日の自伝的大河小説を原作に鬼才・崔洋一監督が描く、暴力とエロティシズムに満ちた究極のドラマ。妻子や親戚、愛人までも踏み台にしつつ、ひたすら欲望に忠実に生き抜く主人公をビートたけしがこの上ないほどの凄みと存在感で演じきっており、また彼をめぐる女たち(鈴木京香、田畑智子、中村優子、濱田マリなど)の壮絶な人生描写も圧巻。時に目をそむけたくなるほどの凄惨さにもかかわらず、圧倒的な映像の力によって否応なく画面を直視してしまう。もはや生理的な好き嫌いを優に超越し、映画ならではの真の迫力で観る者すべてに民族と血族の意識を呼び起こさせる演出の力には、ただただひれふすのみだ。これは優れたホームドラマであり、民族の凱歌であり、私的昭和史であり、そして崔洋一監督だからこそなしえた人間ドラマの大傑作である。(的田也寸志)

映画館で観なかったことを悔やみました。

原作はすでに読んでいました。
あの長編のとてつもなく面白い重厚な原作を、いったいどう映画に料理するのだろう?
と、正直なところ観るまでは不安でした。
ところが、観終わって、そんな不安はまるで消えました。
それどころか、よくあの原作をここまで消化し、
しかし、主人公の激しさをビートたけしが演じることで素晴らしい作品に仕上がっていると脱帽しました。
ビートたけしもさることながら、この映画では全員が全員ハマリ役!
これをまとめ上げた崔監督すごいが、俳優女優が皆すごい!
決して楽しい話でもなく、ただ興味本位で観ると気分が悪くなる人もいるかもしれないから、観る側も覚悟が必要かもしれません。
時間は長いが、決して途中で飽きないです。
主人公は原作者のご尊父がモデルだそうですが、
こういう激しい人生を送った人がいたこと、その人に振り回された家族、そして、決して切れない絆。
よくよく描いていると関心しました。
久しぶりに映画らしい映画を見たような気がして、
映画館で観なかったことを悔やみました。

圧倒された

これにケチをつけている方々が大勢いらっしゃるのが不思議でならない。細部まで実に気を使った演出、美術。俳優・女優も渾身の演技で間然としない。まさに、この役はたけしでなくてはつとまらない。このようなある意味「人間臭さ」を感じさせる作品は、現代の日本人にはうけないのだろうか。だとすると、残念なことだ。基本的にこれは原作者の自伝的小説の映画化だから、大筋で事実なのだろう。だから、金俊平が自分勝手だったりするのは、当然作者の父親がああいう人だったからで、それ以外のキャラクターを期待してもしようがない。鈴木京香、田畑智子、みんな素晴らしい。私は原作を読んでない。それは原作を読めば映画には描きこまれていなかったいろいろなことも書いてあるであろう。映画の印象というのは、原作を先に読んだのと、そうでないのとでは、相当異なるのかもしれない。しかし、この映画を見ていて、私は在日というものを何も知らなかったのだ、と慄然とせざるをえない。彼らの歴史も、日本の歴史の一部として語られ、また教えられる日が来るようでなければ、おそらく日本はまともな国家になることはできまい。その意味で、この映画がもつ意義は計り知れなく大きいはずだ。片時も目を離すことの出来なかった140分というのは珍しい。

男としての業と血脈

 戦前・戦後の混乱期から日本の成長期の手前くらいまでの、在日朝鮮人の「底辺の」暮らしを背景に、金俊平という一人の怪物じみた人間を描いた作品。
 この映画に描かれた在日朝鮮人の世界は、私の父親にとっては生の体験である。踏み込んだら無事には帰れない、とか言われた朝鮮部落が近くにあり、そこで犬の解体を目撃した。俊平が豚を解体したように。もともと韓国朝鮮人のものであった初期の焼き肉屋に怖いもの見たさで入ったら、ケンカが始まり、片方が相手を脅すのに口を血だらけにしながらガラスのコップを食うのを見たという。
 さて、三十代の私には父親に比べ、恐ろしくも猥雑なそんな原体験があろうはずがない。しかしなぜか、子ども達の前で嫌がる母親を組み敷き犯す俊平、我が子に向かって常人にはあり得ないような暴力を振るう俊平の姿を見ていると、なぜか自分の原体験にも、そんなことがあったような、見聞きしたような、不思議な感覚に取り憑かれるのだ。これがおそらく、原作者や監督や脚本家が作り出した、金俊平の「存在感」なのだろう。
 だからと言って、ヤクザ映画でヤクザがかっこよく描かれるケースさえある中で、金俊平はどこにもかっこよさなどなく、ヒーローでもない。むしろ人間の屑である。誰をも愛さず、誰をも信じず、誰からも愛されず、信じられず、暴力や欲望への衝動を思うがままに爆発させ、周囲の人間をも地獄に追い込んでいった業の塊のような金俊平。だが、彼の孤独や生き方に、やはり男なら「共感」と言わないまでも何か感じるものがあるはずで、私自身、なぜかこの金俊平にわずかならぬ愛情や近親感を抱いてしまったのである。これこそが原作者、監督や脚本家の人物造形、ビートたけしの渾身の演技の賜物であると思う。

故松田優作の盟友、崔洋一監督の入魂の一作!

 主人公金俊平が済州島から船で日本の大阪に到着する冒頭シーン。まるで「ゴッドファーザー」のように移民がNYに着き自由の女神を見たときのような感じ。この16才の金俊平を「電車男」の伊藤くんがやっているので、青年になったビートたけしにすぐ印象がつながらないのがご愛嬌。原作ではもっと説明があるのかもしれないが、映画では20年近く過ぎたシーンになる。その間に何があったか想像するしかないが、欲望の権化となったビートたけしの、妻の鈴木京香を犯すところから、暴力と過激なエロティシズムを前面に出す作品の始まりとなる。家のすぐ近くに愛人(中村優子-秀逸!)も住まわせ、愛人が病気になれば次の愛人(濱田マリ)を置き、娘(田畑智子)に対しても半端でない暴力をふるう。ファミリーを大切にする「ゴッドファーザー」とは対照的な映画であるが、暴力のすさまじさ、人を黙らせる力、脅したときの凄みはひけを取らない。
 タイトルの「血と骨」を感じるところはいくつかあるが、姉が母と同じように夫から暴力を受けても正面から立ち向かわないところ、姉が弟に向かって「あんた、お父さんに似てきたね」と言うところ、老いた金俊平が濱田マリに生ませた男の子を拉致していくところ、豚をみんなで解体して無駄なく切り分け仕込んでいくところ、病院から戻った愛人の体をたらいの中でふいてやるところ、そしてビートたけしとオダギリ・ジョーとの格闘シーン、などなど。故松田優作の盟友、崔洋一監督の入魂の一作!

たけしの演技に星4つ☆

この映画は、好き嫌いがはっきり分かれる映画ではないでしょうか。
映画の半分が暴力シーンか暴言シーンでそれが不快になるかならないかで、
お勧めできるかできないかがわかれると思います。
暴力、暴言は半端なく徹底的です。観てるこっちまで怒鳴られている感じがするほどです。
私には正直、耐えられませんでした。
しかし、たけしさんの演技は見ものでした。
ちょっと若い年齢から、中年、老人になるまでの過程を違和感なく演技されています。
身体の使い方が非常に上手で、本当に同じ時代のたけしさん?と錯覚するほどに、衰退する人間の身体の表現がすばらしいです。
たけしさんは監督としてだけでなく役者としても超一級であったことを再確認しました。

昭和とは

こんなやつが親父だったら、ともかく死んで欲しいと願っただろう。
男のみならず、女子供にまで感情の赴くまま本気の暴力をふるう。
モノにしたい女は、力づくで押し倒す。子供を作りまくる。
ブチ切れたらとにかく壊しまくる。
道徳観、倫理観という言葉は血に染まって消える。
その金俊平を作り上げた背景は描かれていない。
唯一描かれているのは、16歳の時ひとりで大阪に来た俊平の
船上における希望に満ちた笑顔だ。
その少年が何故、人を信じず愛することも愛されることもない、
金と自身の肉体のみ信じるようになったか。
ともかく恐怖で人を支配する男だったが、
どんな場合においても自分を慕ってくれる弟分が一人いるところをみると
何か、若い頃に彼に貸しをつくるような振る舞いがあったのかと、
自分を慕ってくれる愛人に対する優しげな振る舞い(長くは続かない)を
みると、人に愛されるとそれなりに人らしい反応ができるのかと
想像してしまう。
梁石日が、姉の花ちゃんに「あんただんだんお父さんに似てきたね」
といわれはっとする。俊平の青春時代は描かれていないが、
息子の青春時代と重なっているのではないかと。
ろくでもない環境。
梁石日や崔洋一はやっと今になって、苦しいこの時代を
振り返ることが出来たのではないかと思う。
ろくでもない暴力親父を作り上げたあの時代を。

人間の血と骨が描かれてあるで!

 このすごかぁ映画を観たかった。
 ぼくが幼きときに生かされていた大阪がドンとあった。幼い頃の大阪の下町がキチンと描かれている。子どもの世界をまもりながら、大人たちの世界をじっと見つづけていたのはぼくたちだった。あんなゴッツイおっちゃんがいた。
 この映画の欠点は一つだけ。あの当時の銭湯が描かれていない。銭湯で子どものちんちんを足でさわるオッチャンもいた。逆に銭湯でオオ糞をした少年もいた。背中に美しい芸術作品をタダで見せてくれたオッチャンもいた。
 家なる所は平和ではなかった。それぞれの怒りをもろに出せる場であった。兄弟喧嘩。親子喧嘩。夫婦喧嘩。いつも肉体戦だった。アスファルトの道ではなかった。泥の道であった。家と家は密につながっていた。小さな場所で多くの所帯が生きていた。妥協はしなかった。助けを呼ぶおばちゃんがいた。「大黒柱を切るというてはるんです。」止めにかけつけるオッチャンたち。目をきらキラキラせながら見入る子どもたち。大工のオッチャンは大黒柱を切ろうとのこぎりを入れていた。皆がなだめすかし男がたったのか夫婦喧嘩はおさまった。大阪の下町の家は平穏ではなかった。いつもなんやかんや大事件が起きていた。それが普通だった。ジェーン台風のとき、浸水したときの協力体制は戦争中と一緒。下町では、日本人、朝鮮人、沖縄の人がそれぞれ平和共存。敗戦後の世界政治は大阪の下町から感じることができた。それぞれの民族が、それぞれの思想で動いていた。済州島からきたかまぼこの職人、ビートたけし演じる主人公は確実にいた。梁石日(ヤンソギル)の原作をあたため十数年かけて崔洋一(さいよういち)が作った。この執念。
 ぼくの好きなシーン。チンチン電車に乗った当時を再体験させてくれること。「大寅」が出ていたこと。大寅のかまぼこは美味しかったので、親戚がきたら買いに行かされたのだ。いつも。最高の映画。今、複雑な政治の話しは止そう。北朝鮮にいった友の話しも止そう。

映画を見るより、小説をおすすめします

原作の小説を、7年ほど前に読んだ。
過激な描写もあるが、そのすごいエネルギーに圧倒された。
ハードな内容だが、読後は、ある種のカタルシスを感じたものである。
それにくらべて、映画の方は、やたらに暴力とセックスが目立つだけで、極めて後味が悪い。
似たような映画は、40年以上前の若松監督の一連の作品を連想させる。
しかしこちらは、つくられた「きわどさ」が嫌みとなって残った。
崔監督はもっといい仕事をしていたはずだが。。。
主人公を演じる北野たけしは、ある意味、はまり役だが、終始、感情移入できなかった。
ラスト近く、臨終間近い老人が、粗末なあばら家で息をひきとろうとするシーン。
激寒の地で、白い息をはきながら最後を迎えようとする呆けた老人が、昔を回想して
一瞬、笑ったようにも見えるが、ここは、たけしらしさが出ていた。
戦場のメリークリスマスのあの鬼軍曹の「笑顔」に近いものを感じた。
映画を見るより、小説をおすすめします。

惜しい・・・、いまひとつでした・・・。

原作が素晴らしく、では、映画も観てみようと思い、観てみたのですが・・・。
もう少し、欲しかったなぁ・・・というの印象でした。
俳優陣は素晴らしいのです、ビートたけし、鈴木京香、オダギリジョー・・・、演技面では文句なしなのですが、話の進めかたが・・・少し弱く感じました。
もう少し、金俊平の残酷さが出てきてくれれば良かったのに・・・。
僕的には、観ていてビビって、途中で観るのを辞めてしまいたくなる位のものを、「血と骨」には求めてしまうのです。
だが、悪くはないです。
なので、星三つでの評価が個人的には妥当かな、と。

壮絶・・・

畳の上にドンと居座ったたけしの存在感に圧倒され、
女優陣の体当たりの演技に圧倒され、
最後まで欲と暴力にまみれた生き様に圧倒される。
とにかく壮絶、他に言葉が見当たらない。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

スティルライフオブメモリーズ [Blu-ray]
TAKESHIS' [DVD]
純平、考え直せ [Blu-ray]
その男、凶暴につき [DVD]
BROTHER [DVD]
龍三と七人の子分たち [DVD]
さまよえる脳髄 [DVD]
アウトレイジ 最終章 [DVD]
ソナチネ [DVD]
パッチギ! (特別価格版) [DVD]

亀井光代 佐藤めぐみ 英百合子 小野ひずる 下平さやか 柴田時江 根岸明美 竹井みどり 守永真彩 中谷美紀 村上東奈 石田晴香 水沢エレナ 古村比呂 後藤久美子 村田あゆみ 林美智子 川田孝子 戸田恵子 本山可久子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ