下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

DVD
監督:中島哲也
出演:深田恭子
出演:土屋アンナ
出演:宮迫博之
出演:篠原涼子
出演:阿部サダヲ
メーカー:東宝
発売日:2004-11-26

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

茨城県・下妻に住み、ぶりぶりのロリータ・ファッションに身を包んだ少女・桃子(深田恭子)がヤンキーのイチゴ(土屋アンナ)と出会い、数々の騒動に巻き込まれながらも強力な生き様を貫く、嶽本野ばら原作のハイパーパワフルな乙女たちの純情物語。<br> 「私はマリー・アントワネットの生まれ変わり」という発言をしたフカキョン嬢をTVで見た中島哲也監督がキャスティングしたことで、この映画の成功はほぼ約束されたようなものだ。「ロココ調の18世紀のおフランスに生まれたい」と懇願し、あぜ道をヒラヒラファッションと日傘で、牛のウンコふみながら歩く桃子とフカキョン嬢は一卵性双生児ではないかと思えるほどのハマリ役。その彼女を生かすため、中島監督は全編をコミックタッチで演出。色があふれそうな映像のトーンとハイテンションなキャラクターたちが火に油を注ぎあい、鑑賞後には根拠のない前向きなイケイケ感を噛みしめてしまう傑作。(斉藤守彦)

ロココ時代、最高!!!(爆笑です)

 この映画を外側のみてくれの外見だけで判断していると、せっかくの傑作を見逃すことになります。私もその一人でした。
 なんか評判がよく、常時レンタル中、なんとなく気になったので購入して鑑賞しました。
 あっという間の102分でした。ほんとにあっという間です。これほどの面白い日本映画は久々です。爆笑に次ぐ爆笑に、ラストはお約束の大感動に、ビシッと締めた、典型的なパターン映画ですが、なにせ映像と演出のパワーが桁違いにぶっ飛んでいて、めちゃ面白い。いいのかこれと言う表現も多々ありますが、超ブラックユーモアとして楽しみましょう。
 キリン・ラガーのCMで有名な中島哲也さんの才能はブラフではないとわかる快作です。
 役者も曲者ぞろい。主役二人の圧倒的な存在感はもう語るまでも無く、それを固める脇役も個性派ぞろい。個人的には本田博太郎さんが何故か妙におかしく、笑わしてもらえました。
 意外なとこで、いま「エンタ」でブレイクしかけている魔邪(当時はまちゃまちゃという名前です)が出てますよ。まったく変わらない外見に知ってる人はすぐにわかるはずです。見た目どおりの役柄なのですぐにわかりますから、探してみてください。
 またこのDVDはスタンダート版だというのに特典がやけに豪華。とにかく音声が凄い。DD5.1、dts5.1、2.0ステレオと再生環境問わず楽しめるのは立派。コメンタリーもスタッフ版と深田恭子&土屋アンナ&中島監督、3人版と超豪華な仕様。作品も傑作。DVDの作りも傑作。これはまさに買いの一本ですよ。
 鑑賞後は間違いなく元気が出ます。ロリロリファッションと、ヤンキー娘の画で疑っている人は、だまされたと思って一度見て下さい。決して後悔はしないと思いますよ。

異色の大傑作。

たいへんな力作です。最近の邦画の中では群を抜く出来の良さです。
良いと思えるところはたくさんありますが、何といってもギャグが秀逸です。海外のコメディ映画にも全く負けないくらい、とにかく笑えます。10~20代の方なら、まず間違いなくこの笑いを楽しめるでしょう。監督のギャグセンスの素晴らしさを感じます。
この監督のセンスの良さは、笑いだけでなくキャスティングにも現われています。主人公の桃子の役に深田恭子を当てたのは、まさに正解だったと思います。幼い顔立ちにロリータファッション、マイペースでおっとりした性格のイメージ。この上なく役柄にぴったりでした。一方で土屋アンナも熱いヤンキーを無理のない自然な感じで演じていて、不器用さ(頭の悪さ?)をもろに出しながらも、とてもかっこいい。結果として、性格も価値観の全く対照的な2人が見事にできあがっています。
この2人以外にも、希木樹林や阿部サダヲ、宮迫博之といったマニアックな顔ぶれが揃い、彼らの強烈な個性も遺憾なく発揮されています。不気味なくらい面白いキャスティングです。
しかしそれ以上に素晴らしいのは、個人主義の浸透しきった現代に生きる思春期の若者の心の動きが、それなりに丁寧に描かれていることにあります。つまずきや悩み、何かに向かって熱くさせる若さのエネルギー、性格や価値観の違いを超えて互いを理解し、関わりあってゆく姿。本当に良質な青春映画だと思います。単なるお笑い映画で終わらないこの点が、もっとも評価できるところです。
100分ちょっとの長さなのにストーリーは濃く、クライマックスの盛り上がりなどの作りも本当によくできています。設定上これはありえないんじゃないの?って思う瞬間もありましたが、コメディドラマであることを考えれば許せるでしょう。文句なしの5つ星作品です。

抱腹絶倒・痛快無比・空前絶後の名画です

 茨城県の下妻市に暮らす女子高生・桃子には友達がいない。フリフリのロリータファッションに身を包み、いつもマイペース。「人間は一人で生まれ、一人で死ぬ」とうそぶきながら毎日を送っている。
 元ヤクザの父親が持っていたヴェル●ーチのバッタ物Tシャツを売ってひと稼ぎを試みるが、買いにやってきたのは地元の暴走族娘イチコ。
 性格もファッションも水と油の二人が、伝説の刺繍屋を探して東京へ向かう…。
 タランティーノの「キル・ビル」のような豪奢で外連味(けれんみ)あふれる映像と、R・スコットの「テルマ&ルイーズ」をどことなく思わせる女二人の疾走劇。この二つを足し合わせたような、それでいてコメディとしても全く申し分のない名画です。☆7つ、といっても過言ではない仕上がりです。
 しかし大時代な映像や物語展開の中に、この映画はまさに至言とも言うべき台詞が散りばめられていて、観る者の心を打ちます。
------
「人間は大きな幸せを前にすると、急に臆病になる。幸せを勝ち取ることは、不幸に耐えることより勇気が要る」
------ 
「誰だって何か背負ってんだよ。どっか痛いんだよ。だから泣くことは恥ずかしいことじゃない。でも女はよ、人前で涙なんか流しちゃいけねえんだ。同情されちまうからな」
------
「仕事に比べれば友達なんて何の価値もない。友との約束も仕事のためなら平気で破った。
 …だから僕には友達がいません。ひとりも、いません」
------
「自分捨てなきゃ大人になれねぇんだったら、アタイはガキのまんまでいいっすよ」
 こうした宝石のような言葉のツブテに、幾たびも虚を衝かれ、そのたびに居住まいを正さざるを得ない気持ちになります。生半可な心構えで見始めると、心がヤケドを負いそうになるほど手強い映画です。
 そしてこれだけは間違いなく言えます。今、人に最も薦めたくなる映画、それがこの「下妻物語」だと。

ポップ!!!

 茨城の片田舎でレディースにわが身を捧げるイチゴ(土屋アンナ)。ジャージが普段着で正装でもある尼崎生まれながらロココ調ファッションに魅入られた桃子(深田恭子)。それぞれ自分のスタイルに並々ならぬこだわりを持っていることは同じ。だけど、ヤンキーとロリータというまったく相いれないタイプの女の子2人をめぐる、出会いと別れ、そして成長、はたまた絆の深まりを、異端が普通で、普通が異端、そういうアンビバレントな視点で描いた、愉快・痛快・“嬉々怪々”、笑って泣けるポップな映画だ。
 すでにキャスティングの時点でこの映画は勝利しているのだが、天然マイペース深キョンとヤンキーを地でいく土屋アンナの熱演をはじめ、宮迫博之・篠原涼子・阿部サダヲ(1人2役)・岡田義徳・荒川良々・小池栄子・生瀬勝久・樹木希林などなど、キャスト全員が弾けている。個人的には、本人とはわからないほどデフォルメした生瀬勝久の演技に爆笑。
 さすが加藤茶と三浦友和のサントリー冷撰洋酒や、豊川悦司と山崎努のサッポロ黒ラベルなどを手がけたCMディレクター中島哲也の脚本・監督だけあって、エンタテインメント画素数の濃さは、15秒CMの集積を見るようだ。ド派手にカスタマイズされた原チャリ、牛久の大仏像、ジャスコをこよなく愛す下妻住民など、随所に散りばめられた笑いのネタも的確で効果的。
 ストーリー自体がこの上なく面白いうえに、ギャグとマジを絶妙にブレンドしながら、人生へのメッセージも放ちつつ、実にテンポよく話がすすんでいく。ここ数年では、★10個あげたいくらい、出色の出来映え。邦画は情緒ばかりに頼って物足りないと嘆いている人に、ぜひ、おすすめ!

ストレートな映画

公開当時は深田恭子のロリータファッションばかりが注目されたが、本当はこの映画ではそれにはあまり重点が置かれていないだろう。
堅実な作りで退屈な日本映画に真っ向から立ち向かった作品だと思う。監督はCM界のカリスマだが、そのCM的手法は映画のそこら中に見られる。脚本でも画質でも演技でもとにかく退屈であることを否定している。
 やたらとデフォルメされたストーリーの中でとてもパワフルでストレートなメッセージが伝えられる。個人的感想としては、製作者はそのメッセージがあまりに純粋なものであるため気恥ずかしくて、こういったコメディチックな形でしか伝えられなかったんじゃないかと思ってしまうくらいストレートなメッセージだと思った。
 深田恭子の演技力にもビックリ!彼女は役柄が完璧に固定されてしまっているんじゃないかと思っていたけど全然違った。敬服してしまった。
 音楽もばっちりはまってる。Tommy February だけじゃなく管野ようこも最高。

急げ! 牛久の大仏さまへ

 とにかく面白い。何も言わず観るべし。それくらいの傑作。
 キネマ旬報の昨年の邦画部門で3位だったが、1位にならなかったことがおかしいくらい。「血と骨」なんてかすんじまうぜ(イチゴ風)。
 細かい説明もやめよう。とにかく、クライマックスの牛久大仏まで一気に見せる。
 急げ、桃子! 牛久大仏でイチゴがピンチだ!

観終った後にまた観たくなる、色々詰まった贅沢な映画

予備知識としては、ロリータ深田恭子とヤンキー土屋アンナの
友情物語、という程度でした。内容はなくとも、とりあえず
笑える映画ではあるのかなぁ、と。
実際観終った感想として、笑える点は予想を裏切りませんでした。
映像などの技術も相まって、とても「アホな」(最高の褒め言葉です)
内容でした。
でも、単に面白いだけでなく、感動しやすい人なら思わずぐっと
来てしまう要素もあったと思います。構成も適当な訳でもなく、
100分程度の中でも、いくつかストーリーもできてて筋が通って
いると思いました。
キャスティングもとてもツボをついてます。もともと濃いキャラが
集まってますが、みんながみんなハマリ役なので、そこら辺が観てて
すっと映画に入れる要因でもあるのだと思います。
全体として観終った後とても爽快な気持ちになれるし、
また観たいと思えるいい映画だったと思います。
個人的には、テーマソングの「Hey my friend」(Tommy heavenly6)
がとてもよく映画に合っていたように思いました。歌詞の内容も
ちょっと切ない感じのメロディも、観終った後だと思わず納得です。

エンタテインメント!

文句無く楽しめました。
映画館で予告を観たときには、正直「くだらない映画だろうな〜」と思ってそれっきりになってました。いやいや観てびっくり。映画館で観るべきだったとかなり後悔。
いやー、中島監督。失礼しました。理窟ぬきで楽しめる娯楽映画でありながらちょっぴり切なくもある青春映画。
土屋アンナの演技、良いです。そして、深キョンはこれ以上無いハマリ役。ついつい、昨年公開前後の盛り上がりの様子を知りたくなって、公式ホームページまで訪問してしまいました。
菅野よう子の音楽もいいし、トミヘブのテーマソングも良い。何回も観たくなる映画ですね。

いやあー奇跡的な作品です・・・

まず・・・
1.  ジャケットで敬遠されてる方 ------ 「何このイカれた感じの二人は・・・??」
2.  キャスティングで敬遠されてる方 ------ 「どうせ売れ線アイドルの暇つぶしでしょ。」
3.  ファッションで敬遠されてる方 ------ 「何これ!だっせエー!ありえねー!!プッ!」
この三つでこの作品を見ることを敬遠している方々に言っておきましょう。
「絶対に人生損してますよ・・」と。
ちなみに私は、映画の完成度には相当厳しいです・・・僭越ながら・・。まあ私の主観などどうでもいいですが・・・。
自分の頭を、ハンマーで殴られたような衝撃のある作品はそうはありません。
それを感じ取ってもらえる方法は・・・、この作品をとりあえず鑑賞してみることですな。

実はバランスがいいと思います。

チャラチャラしたイメージがあるのか、最初から観ようとしない人がいますが、
それはもったいないと思える名作、だと思います。
笑いと感動のバランスもいいと思うし、細部まで誠実に丁寧に作られています。
かゆいところに手が届く、小ネタも満載。
映像にも私は引き込まれました。キャベツが舞うシーンは、
美しい・・と思いました。たくさんの糸や、特攻服集団も、
目に鮮やかです。
何より、観ていて楽しい。青春ものの映画は痛々しく感じるときが
あるけれど、全然そういういやな感じがしない。
元気が出て、純粋に嬉しい気持ちになります。
歳をとるにつれ、純粋な元気を与えてくれる映画が、
愛しく稀であると感じるようになってきました。
スペシャル・エディションじゃなくても、本編で十分だとは思います。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
フラガールスタンダード・エディション [DVD]
パコと魔法の絵本 [DVD]
NANA -ナナ- スペシャル・エディション [DVD]
下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん (小学館文庫)
舞妓Haaaan!!! [DVD]
NANA 2 Special Edition [DVD]
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]
花とアリス 通常版 [DVD]

正司花江 澤村春子 永田杏奈 小椋寛子 吉野公佳 槇ひろ子 藤本七海 佐河ゆい 亜希子 越智静香 近藤春菜 夏川純 仁科仁美 沢村貞子 伊藤咲子 音無真喜子 梅田智子 真屋順子 小泉今日子 甲斐麻美 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ