ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版 [DVD]

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版 [DVD]

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版 [DVD]

DVD
監督:堤幸彦
出演:大野智
出演:相葉雅紀
出演:松本潤
出演:二宮和也
出演:櫻井翔
メーカー:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004-10-20

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版 [DVD]

カリフォルニアでミュージシャンになったタクマが帰国し、八塩団地で育った仲間たち、ハル、チュウ、シュンと再会。ハルは不倫関係だった人妻と半同棲、暴走族だったチュウは結婚して、一児の父になり、シュンは編み物の達人になっていた。でもそこにボンの姿だけがなかった。彼は割烹料理店で見習い中。いま修行の身なのだ。そんなとき、彼らが住む八塩団地の一部が八塩ヒルズとして開発されることに。推進派の自治体と建設に反対する八塩ピースが火花を散らす中、そのバトルにハルが巻き込まれていく…。<br> 前作から3年後という設定。いつもツルんでバカやっていたいた仲間たちも大人になった。もう小さなことに夢中になり、熱くなる年ではない…といいつつ、ハルの危機に久しぶりに一致団結した彼らが、友情をよみがえらせていく姿には、ついつい目頭が熱くなってしまう。ハルが団地の建設問題に巻き込まれていくエピソードを軸に、それぞれのエピソードを巧みにからませていく堤幸彦の演出は遊び心満載。主演のアイドルグループ“嵐”ファンだけでなく、大人にこそ見てほしい、青春を再認識させてくれる映画だ。(斎藤 香)

ギャップがすごすぎる!!

最近大野君ファンになり、いろいろ買っていたのでこれも購入しました。ですから申し訳ありませんが大野くん中心の感想でいかせていただきます。
一作目よりパワーアップしているハル役大野君、面白すぎです・・てか、ここまでやっちゃっていいのかーー???成瀬領ファンとしてはその徹底した役作りに脱帽です。声も顔もぜんぜん違う人なんだもん、びっくりしました。
てか、始めは役作りじゃなくて素に近いのか?大野君は数年前はこんな風貌だったのか?って次々に疑問が湧いてきて、複雑な思いで鑑賞してました。しかし、ストーリーが終わりラストに嵐が歌うのですが、そこにはハルではなく、ものすごく素敵な歌う大野君がいて、「かっこいいーー!!チョーかっこいいーー!!」もう感動して興奮して・・・いやはや、まだ知られざる大野君の世界がいっぱいあると思い知らされました。
私のように成瀬堕ちの方でも「もう、どんな大野君を見ても大丈夫」という方、ぜひお勧めです。

ちょっとせつない・・でもHAPPYな内容です

魔王・・から大野さんの演技に魅了され、思わずポチっとしてしまいました(笑)
軸になっているのは建設反対運動と友情。
かっこいい彼らを見たいと思うなら本編は全く期待できませんが?
貴重な役どころでそれぞれ良い味です。
でも、最後にカッコイイ彼らも拝めるので、そのギャップを堪能できます。
随所に笑えるところがあって、きっと何回見ても、いろいろな発見があるでしょう。
嵐のメンバーの自然な演技と特記すべきは大野さんの別人?とおもえる
役作り(笑)口をとがらせ、声を変え、魔王を演じた彼だとは思えません。
じんわりくる友情を感じることのできる作品だと思いました。

???本当に魔王の大野さん??? 5人のクールな青春物語です

ダブルパンチどころの騒ぎではありません
もうトリプルパンチ、いやそれ以上の衝撃でしたね
私が大野さんを知ったのは、魔王以来です
それ以前の彼は存在自体まったくわかりませんでした(たまに「うたばん」で知るくらいでしょうか)
あの成瀬領がハルくん?
他の嵐のメンバーは、なんとなく想像がつくんですよ
でも大野さんはまったく想像の域を超えた世界を作ってしまう
そればかりか、いつの間にか彼にしか出来ない!という印象さえ与えてしまうのですから!
どうして普段は存在すらわからない大人しい人が、ハルくんになれたり、薫になったり、成瀬領だったり、矢野健太になれるのか
そして、彼以外の適役はありえないほどの印象を与えてしまうのか…
考えれば考えるほど、頭は混乱してしてしまいます
また、彼には違う才能もあるのです
人から文句なしに愛されること
スタッフにもキャストにもまた会いたい!と思わせてしまう
勿論、我々ファンにもです
このハル君、映画が終われば、またいつもの大野智に戻り、美声を聞かせてくれています
ハル君自体憎めないキャラで、仲間が皆彼を支えているところ、嵐の空気に似ているのでしょう
熱くて、それぞれの世界があり、でもまとまる時は団結する…
5人の青春物語は、彼らのママ世代にも感動させるようなクール(冷たいのではなく、英語のクール〜いかしてるの意味です)な物語でした
まだ見ていない方は是非ご覧になってみてください

エンディングが始まると襲ってくる感動

変だけど愛らしいハルくん
一作目より、役づくりがさらに徹底していて
大野君の演技の素晴らしさに驚きます
エンディングのピカ☆☆ンチダブルの曲が流れ始めると
大野君はいつものかっこいい大野君で
めまいにも似た感動を感じます
その落差がたまらなくて何度も見たくなります
堤作品としてぜひ見て欲しいのが小ネタ字幕
ピカ☆ンチにもありましたが
こちらにもちゃんとあるのでお見逃しなく
堤作品らしいワザですね〜
ご存知とは思いますが池袋ウエストゲートパークを作った人ですので
面白さは折り紙つきです
ピカ☆ンチのほうがプライベートビデオのような
B級感あふれていて、それも良かったけど
ダブルはもうちょっと洗練されてる感じです
あともう一つは、ネタバレになるから、ヒントだけ
何回も見た方がいいですよ!
私は2度目に見た時、ちょっとびっくりしました

I love HARU ! 嵐ボーイズによるクールなお話です

なんて楽しいお話なんでしょう! ハル君、君は最高だね!
大野さんはその時その時で変身するのですね
最後の歌ではいつもの大野さんだし
架空の世界の出来事ですが、なんかありそうな…
若い頃の粋ないたずらを嵐のボーイズが好演です

笑いと感動2度おいしい作品です。

前半40分は、もう笑いっぱなしでした。後半は、男の子の友情っていいなあとほろりとします。
前作を見ていなくても、タクマが3年ぶりに帰ってきたところから始まるため、そのタクマに、それまでの団地の様子や、友達のことを詳しく説明されているので、すんなりは入れます。
5人は今成長段階の真っ只中で、社会は責任もあり、厳しく、壁にぶつかったり、逃げようとしたり、いろいろですが、最後は、彼らなりの答えを出していますので、いま、社会のでて、悩んだりしている人にもいいかもしれないですね。できれば、嵐を知らない、男の人に見てもらいたいです。きっと何かを感じる作品ですよ。
堤監督の、小ネタ、いろいろなところで使われています。一度では見落としたりしますので、細かいところまでチャックして笑っていただけたらと思います。
こんないい作品なのに、全国で劇場公開されないのが不思議でなりません。ぜひ、ピカ☆☆☆ンチターキ(3)も、作ってほしいです。

前作以上におもしろさに拍車がかかっていました!

「あんな大人になるのは絶対やめよう」と思っていた若者たちも、思い描いていた通りにはいかないようで……。
でも、絆だけは変わらないというところがこの作品のミソですね。
相葉くんの配役である、前作『ピカ☆ンチ』で普通の高校生だったシュンが、ぶっ飛んだキャラに変身していたことには驚きました(しかし、貴公子な相葉くん、とてもつなく素敵です)
大野くん演じるハルは、前作ではとてもかわいかったのに、今作ではキャラに磨きがかかって、何だかおかしなことになってて笑えました。
初めて見た人に、「大野くんって、こんな人なんだ」と誤解されやしないかと、途中心配になったほどでしたが……。
いえいえ、大丈夫。
ラストでは嵐の曲のPVが流れ、そこでは普段どおりのかっこいい5人が歌って踊っています。
もちろん、大野くんもハル役のときとはまるで別人。
1本の映画で、またギャップの凄さを見せつけられてしまいました。
前作『ピカ☆ンチ』のほうと同様、こちらの特典映像も編集にやり過ぎ感が……。
もっと普通のメイキングのほうが良かったけどなあ。

とにかくおもしろいです

見る前はただのアイドル映画だと思っていたんです。でも本当に面白い!!嵐のメンバーがあんまり二枚目じゃない役を演じてて、そこがいいんです。松潤なんてこんな役珍しいかも??
本当に笑いっぱなしで、もうくだらなくて、でも、ぜひ大人の男性に見てもらいたいと思います。前作を見ていない人でも十分楽しめます。

期待通りの5人に再会

前作を期待せずに見てすっかりハマってしまったので、安心して堤ワールドに再び入りました。
3年後の設定ですがチュウ(櫻井翔)とシュン(相葉雅紀)の変貌ぶりには超びっくり。ハルは今回主役ですがここまでやってしまう大野智の演技力、恐ろしい限りで前回とは語り口調から髪型も違うんですがキャラクターはハルのまま。私はファン歴が浅いのでこの作品を見る前に怪物くんまでのドラマや舞台を先に見てますが若い頃から天才肌だったのねと。ニノ演じるタクマは前作同様一番オイシイ役どころ。松潤演じるボンはちょっと出番が少ない?と感じますが前作の三枚目からは路線変更、母性本能くすぐる可愛さあり、爽やかさありで後半活躍しています。
少しオトナになって自分をとりまく状況も嫌でも変化してきてしまう中、すれ違って行ってしまう5人の葛藤をそれぞれが違う形で表現していて、面白さの中にホロっとする、自分のなくしたもの、終わったものを思い出させる映画です。まだまだ続きが見たいです。
今回も随所に盛り込まれている堤ワールドの演出、そして特典映像もとても面白かったです。見た方はわかると思いますが、DVDを再生する時は思わず何度もやり直したくなります。ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY 通常版 [DVD]

ギャップが!

見たのはずっと前ですが今更ながら書きます!
前作のピカンチも見ましたが私的にはこちらの方が好きです!大野くんファンというのもあってですが・・・。この映画では本当に頼りない大野くんが見れます(笑)そんなところがまた素敵なんですが!その頼りないハルからのラストのPVははんぱなくかっこいいです!誰!?ってなりますよ。まだ見てない方は見てください!

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY 通常版 [DVD]
ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY(初回限定版) [DVD]
メイキング・オブ 「ピカ☆☆ンチ」 [DVD]
ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY(初回限定版) [Blu-ray]
黄色い涙 【初回限定版】 [DVD]
最後の約束 [初回限定版] [DVD]
C×D×G no ARASHI! Vol.1 [DVD]
C×D×G no ARASHI! Vol.2 [DVD]
ARASHI AROUND ASIA + in DOME【スタンダード・パッケージ版】 [DVD]
Step and Go(初回限定盤)(DVD付)

浦江アキコ 木戸美歩 小野真弓 澄川真琴 河原崎しづ江 野中美郷 花柳幻舟 りょう 喜多川美佳 勝村美香 馬場典子 森迫永依 鳥居かほり 霧立のぼる 小林聡美 野波麻帆 秋野暢子 神保美喜 小泉今日子 大輝ゆう 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ