アイデン & ティティ [DVD]

アイデン & ティティ [DVD]

アイデン & ティティ [DVD]

DVD
監督:田口トモロヲ
出演:峯田和伸
出演:麻生久美子
出演:中村獅童
出演:大森南朋
出演:マギー
メーカー:東北新社
発売日:2004-08-27

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

アイデン & ティティ [DVD]

ロックバンド、SPEED WAYは、人気バンドだったが、ギターの中島は自分の世界を貫くことと、売れることの違いに悩み苦しんでいた。そんなとき目の前にボブ・ディランにソックリの男が現れる。中島は彼に見つめられ、流されている自分を恥じるようになるが、それをきっかけに自分を取り戻していく。<br> みうらじゅんの原作漫画を『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』などの宮藤官九郎が脚色、俳優の田口トモロヲが演出した青春バンド映画。原作者自身、バンド経験があるゆえ、商業主義に巻き込まれ、自分を見失ってしまいそうになるミュージシャンたちの苦悩がリアルで興味深い。とはいえ、その苦悩を絶妙のユーモアとブレンドさせて親近感のわく作品に仕上げたのは、田口監督のセンスとこれ以上ないキャスティングの勝利。主演の峯田和伸の自分を取り繕うとしない素直なキャラは好感度大。また中村獅童、マギー、大森南朋、麻生久美子などが好演している。(斎藤 香)

挫折からの出発。

すごくイイ映画でした。
あんまり派手に描かれていないから、いろいろ考えながら見ることが出来る、
すばらしい映画だったと思います。
「しばらくお待ちください」
を見た時の、彼女の表情、
「スピードウェイ」コール
の時の、彼女の涙。
すばらしかったです。
彼女はナカジマに
「君はすごいなぁ」って言われるのが好きだったんだとおもう。
彼を見守っているだけではなく、
自分自身が努力している姿をナカジマに見てもらうコトによって、
彼女自身もがんばれていたのではないか。
気持ちのいい映画です。
バンドやったこと無い人もこれを見れば、
なんとなく分かる感覚があるのでは?

自分が年を取ってしまったというショック

イタイ映画だった。
特に男は夢から現実という誰もが通る過程で共感できるものはあるのではないだろうか?
「ロック」とは反抗だと思うのだが、気がつけば自分も年をとり、反抗期が終わってしまい、大人になっていってしまう。
かつての同級生がサラリーマンになり、一方自分はとどまったまま進んでいないような気がする。置いて行かれてしまったような・・・
私も好きだったブルーハーツがただうるさい音楽に聞こえ、尾崎豊の歌詞が鼻につくようになってしまったんですよね。なんでだろう?
最後に好きに演奏させないで暴走するシーンには、かつての自分ならば共感できたのであろうが、今なら「おいおい、迷惑かけんなよ。仕事なんだからちゃんとやれよ」と思ってしまう。
ヤングマンを歌う西城秀樹、高校三年生を歌い続ける舟木一夫にプロ意識を感じるようになってしまった。本人だって嫌なはずだよ、過去のヒット曲を歌い続けるのは。でも求められているから仕事としてやってるわけで、それがプロとしてかっこいいことだと思うんです。
そして気づくわけです。
「あ、もう俺はオッサンになってしまったんだな」と。
少し悲しくて、ショックを受けてしまいました。

すべての若き人たち、昔若かった人たち、必見です

近年にない最高の青春ROCK映画です。劇場でみて、DVDも手に入れました。半年ぶりに観ましたけど、新たな感動が襲ってきます。やっぱりROCKって何ぞや、という命題はみんな一度は考えたことがあると思う。そこに対して田口監督は鋭く切り込んでいます。その切り込みは主人公の中島(峯田和伸)やその他の役者達がいたからこそ出来たのだと思います。中島を演じた峯田くんは素晴らしいです。彼からは清々しさのみが伝わってきました。一転LIVEシーンはさすが、というもので目がいっちゃているMADバージョンは必見です。彼の音楽魂が垣間見れます。
人間は魂の生き物なので、姿、形にとらわれていては真実は見えません。そんなことを教えてくれた峯田くん主役の映画、ベストです。
あと、メイキングも必見なので、映画を劇場で見た方も購入必須です。

なんかちょっと考えました。

俺は面白かったです。
自分を知ろうとしてあがく、モノゴトを考え続ける。これがロックだという人もいるし、ポップだという人も、もしかするとダンスミュージックだという人もいるかもしれない。
自分の本当にしたいことの延長線上に、これが居るのかも。だから、それこそ囲碁でもサッカーでもよくてそれを通して考えられたら楽しそう。
ただ芸術はそれを形に表現することができて他人に伝えられるから、この映画みたいにテーマなりやすいんだと思いました。
それだから本当にロックをしようとしてる人は、共感できるんだと思いました。

ボブディランが聞きたくなる!!

ストーリーや演出が特別に難解ではなく、実直で親しみの持てる内容でした。周りの人間が上手に立ち居振舞っている中で、中島の弱くて青臭くて、頑なに自分の想いを貫こうとする姿勢に(要するに不器用)、拍手したい気持ちになりました。決してまねする勇気は無いけど…それにしても麻生久美子さん演じる中島の彼女は、…完璧やなぁ。

ロックってなに

自分は音楽はやっていないけど、ナカジマの葛藤している姿が妙にリアルで共感してしまった。
そもそもロックって何?・・・結局はこの問題に直面してしまうんですね、ミュージシャンって。
自分が作りたい曲、事務所が作れという曲。その間で悩み、投げやりになり、イライラを彼女とは別の女の子とHすることで解消する。その繰り返し。そんな自分が嫌になる。結局、自分がしていることに自信が持てなくて逃げ出しそうになる。そんな姿をスゴクリアルに表現できていたと思います。
彼女が「君は馬鹿ねぇ」とナカジマに言って、
ナカジマが「君はすごいなぁ」と彼女に言う。
この二人はお互いを本当に必要としているんだなというのが伝わってきました。
ナカジマが曲作りで息詰まっているときに、「いっそサビの前をラップにするってのは・・・。」って言った投げやり加減が、すごく笑えました。

やらなきゃいけないことをやるだけさ だからうまくいくんだよ

最後のスタッフロールを見てたら、結構有名な人がかなりたくさん
チョイ役で出ていたんですが、小ネタの類はほとんどなくて
しっかりストーリーを追っている作り方に好感を持ちました。
面白いです。

☆‘大人の悩み、子供の涙’に感動☆

認めるって、とても難しい行為だと思うんです。
自分らしさに苦悩する主人公の中島と、彼を認め続ける美しくて聡明な彼女の存在がイイ。
中島の両親が普通にあたたかくてイイ。 そして、ボブ・ディランの佇まいは絶大!
人間って認められると、自分の存在を知り、自身が持てて強く生きる事ができるんですよね。
みうらじゅんさんの言葉は、ひと言ひと言がシンプルでわかりやすく、耳に素直に入ってきます。
今、を自分らしく生きている人達がつくった映画だから、自分らしく生きることの勇気や、
それを認めるやさしさや強さを、見事に表現してくれた‘アイデン&ティティ’。とにかくスゴイ!

ATGのようなロックな映画

この映画を観た若い人たちは、ロックやバンドに取り組む青春時代の心の苦悩や魂の爆発に、
きっと共感しただろう。私はこの映画の持つエネルギー自身にある種のレジェンドを感じた。
田口トモロヲ・みうらじゅん・宮藤官九郎という当代きってのタレントが絶妙なコード進行で
ラストのボブディランに集結していく。まさにかつてのATGのようなロックな映画である。
バンドを医学生に置き換えると「ヒポクラテスたち」だ。麻生久美子は秋吉久美子なのだ。
邦画の復権が数年前から語られるようになったが、それは以前の立ち位置に戻るのではなく、
例えばTVドラマとのコラボレーションといった形で、新しい需要を獲得することであった。
それはそれで良いのだが、昔ながらの邦画ファンにとっては、一抹の寂しさが残っていた。
この映画は、私をATGのようなエネルギーを含んだ邦画の世界に戻してくれたのである。
峯田和伸もすごくいい。同様に青春に悩みながら「パッチギ!」の主役からは感じなかった
音楽への熱い思いを溢れさせている(当然といえば当然なのだが)。田口トモロヲ監督が、
特典インタビューで「礼儀正しかったから峯田を使って良かった」というのが面白かった。
「舞妓Haaaan!!!」の阿部サダヲのように、クドカン映画は主役のサプライズ要注意である。

自分らしくは難しい

アイデンティティと商業主義 個性と一般大衆消費 理想と現実 この映画の前提条件はこんな感じ。 俺が社会にあわせて自分を捨てた瞬間に、 俺のやる気は失われていく まだ理想を追える立場にいるから もうちょっと頑張ろう そう思わされた作品 社会に器用に順応出来ない人は 最高でした

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

デイドリーム 祈り [DVD]
恋と退屈 (河出文庫)
僕たちは世界を変えることができない [DVD]
ボーイズ・オン・ザ・ラン [DVD]
デイドリーム 祈り [Blu-ray]
奇跡の人 DVD-BOX
色即ぜねれいしょん [DVD]
いちごの唄
GING NANG SHOCK! ギンナン・ショック 上 ~「目覚めよ」と叫ぶ声あり~
GING NANG SHOCK!ギンナン・ショック 下 ~21世紀にっぽん青春大冒険記~

吉野公佳 槇ひろ子 藤本七海 佐河ゆい 亜希子 越智静香 近藤春菜 夏川純 仁科仁美 沢村貞子 伊藤咲子 音無真喜子 梅田智子 真屋順子 小泉今日子 甲斐麻美 久世星佳 渡辺麻友 角ゆり子 朝海ひかる 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ