阿修羅のごとく [DVD]

阿修羅のごとく [DVD]

阿修羅のごとく [DVD]

DVD
監督:森田芳光
出演:大竹しのぶ
出演:黒木瞳
出演:深津絵里
出演:深田恭子
出演:小林薫
メーカー:東宝
発売日:2004-06-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

阿修羅のごとく [DVD]

昭和54年の冬、久しぶりに集まった竹沢家の4姉妹(大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子)は、70歳を迎える父(仲代達矢)に愛人と子どもがいることを知らされ、それを機にそれぞれが抱える人生の悩みに直面していく……。<br> かつてNHKで放映された向田邦子・脚本の名作ドラマを、『失楽園』『模倣犯』などの才人・森田芳光監督が映画化。昭和後期の女性たちの生きざまが、現代にも巧みに訴えかける普遍性を伴いながら、観る者に心地よい感動を与える秀作である。姉妹それぞれのキャラクター分けも非常にうまくいっており、また森田演出ならではの温かみあるユーモアセンスも好調。またTV版で次女を演じた八千草薫がここでは姉妹の母に扮し、まるで作品全体を包み込むような圧倒的存在感を示している。フレンチ・ジャズ『ラジオのように』を日本家屋の風景にかぶせた大島ミチルの音楽も快調。(的田也寸志)

女は阿修羅

森田芳光監督は、アマチュア映画から出て来た監督としては、デビューから昇り龍のように成功した人だった。
ぼくにはその最初の数年の数本しか面白いと思う作品がない。
その面白い数本はとても好きな作品なので、その後こんなに関心が持てなくなる監督も珍しい。
「それから」の頃のこと、「想い出の森田芳光」なんて題の、写真のたくさん入ったシネマブックを買ったぼくは、そのタイトルに不吉な思いがしたものだ。
彼自身がつけたろう奇妙なセンスの冗談タイトルが、その未来を予測していたのか。
「阿修羅のごとく」の映画として出来栄はちゃんとしているといえるのだろうし、破綻は全くない。
が、それは同じ文芸物の「それから」にあったような、原作に忠実に描きつつも新鮮に感じられた、あの映像の体験やシャープでありクールでもありながらのパッション、それはどこかへ消えてしまったとしか思えない凡庸な緊張感のない画面。
なにか制作発表のころの記事などを思いだせば、新しい視点で、とか、映画化の意気込みが語られていたように記憶していたけれど、そんなものはどこにもなかった。     
映画にする必然性がなかったと感じられるのは「残念」と言うほかない。
そして、昔放映された和田勉演出のを観たものにとっては、その重量感ある作とは比較しようもない退屈なものだろう。
ひとり八千草薫さんの女優としての完成度を確認できるというしみじみした感動をのぞいては。
八千草さんは、役中の夫の浮気先の近くにさまよい出ての、その葛藤の心から倒れてしまうあの場面、森田監督の設定する平板な場所のなんとも魅力のない画面をしっかりと救ってしまった。
役者さんの魅力が大きく左右してしまうとはいえ、深津絵里さんのがんばりはうれしい感じではあるけれど、和田勉演出の娘たち四人の確かな存在の余韻は森田監督版にはない。

深田恭子

深田恭子がひどすぎる。
一人がこんなにぶちこわすなんてすごい。
学芸会。

新しさがどこにあるのか

和田勉のドラマをずいぶん前に観て衝撃的だった。音楽と、卵トロ〜リのシーンなど。
最近脚本も読んだ。
で、この森田バージョンだが…。
正直リメイクする意義があったのだろうか???と思わざるを得ない。
なぞるだけ?原作を。
時間に収めるためにはしょった部分が多く気の毒かも知れないが、女たちの阿修羅を描ききれていないような想いがした。
八千草薫は特に、暗部が出ていない。単なるいいお母さん。和田Ver.及び原作にはミニカーを襖に投げつける場面と枕絵のエピソードが、母の人間臭さを感じさせていた。
初めて観ればそれなりなのだろうが、物足りなさはぬぐえない。

キャスティングが・・・

大竹しのぶ&桃井かおりの濃厚な応酬と、深津絵里&深田恭子の薄〜い芝居が
温度差がありすぎてまるでちがう作品のようでした。
アクの強すぎる女優を2人も使ってるんだから、
もうちょっとバランスのとれた配役をしてほしかったです。
深田恭子は犬神家でも重要な役どころだったし……
長谷川京子と並ぶ2大分不相応女優だと思います。

女は阿修羅

私はこの昭和な感じが結構好きです。
鏡開きで作る揚げ餅、家族で囲むすき焼き、母親と四姉妹で漬ける白菜など。
なんでか懐かしさを感じます。
そんな何気ない生活の中で、いろんな問題を抱えている家族。
父親の浮気で始まり、未亡人の長女は不倫中。
次女は夫の浮気を疑っている。
三女は真面目だけが取り柄で華やかな妹にコンプレックスを抱いている。
四女は一途に同棲中の彼氏を支える日々。
そして母親の本当の心の中・・・
問題だらけだけど、なんか可笑しく、なんか切なくなる物語です。
私は個人的に三女の滝子と勝又のコンビが、かなりヒットです。

最も現在に近い時代劇?

この作品の見所の1つは、四人姉妹のうち誰が父親の浮気について、新聞に投書したかである(と私は思う。)。本編の前半のほうのシーンであるこの謎が、映画のラスト近くで分かる分かり方といい、誰であったかという結末といい、(予想しやすかったことも含めて)見事であった。この伏線の張り方は、脚本家・三谷幸喜の得意とする伏線の張り方によく似ている。いや、そうではなく、三谷幸喜の伏線の張り方が、向田邦子に似ているのである。三谷幸喜が、向田邦子作品に対する思い入れを語るのを読んだことがあるので、きっと影響を受けたのであろう。このようにして、優れたクリエイターの作品や手法は、受け継がれていくのであろう。他の見所として、電話を使ったシーンが、実に上手いことを挙げたい。現在を描いた作品の携帯電話を使うシーンには、ないものがある。1979・80年を描いたこの作品は、時代が変わっても変わらないものがあることを教えてくれる。

映画版はそれなりに良く出来ている

NHKで放送された和田勉演出のテレビ版は、テレビドラマ史上ベスト10に入るとも言われる傑作で、最初のトルコの軍楽から強烈な印象を残す作品でした。このような作品を敢えて映画版としてリメイクした森田芳光監督の勇気は賞賛に値するのかもしれません。テレビでは「パート2」も含めれば8回に分けて放送された内容を135分にまとめたので、ストーリーの展開が急すぎるところも有りますが、八千草薫(テレビ版では次女役を演じていました!)の母親、大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里の姉妹(深田恭子の四女は・・・でしたが)、加藤治子(テレビ版では長女役を演じていました!)のナレーションは良かったと思います。でも、この作品をご覧になったら、伝説のテレビ版も見たくなると思いますよ!

原作世代ではないので

本作品でしか話を知りませんが、ドロドロの話というよりは安心してみれる映画で、何度も何度も、日本を離れていたときに見ていました。
僕にはある意味「昭和の家庭」と、都内の住宅地の美しさを教えてくれた貴重な作品。この美しさはどこかの国の荘厳な建築や町、そして人間を寄せ付けないほどの自然とは一線を画している。所詮庶民の生活ということを鑑みれば、美しさというよりは暖かみを残した清楚さが心地よい。互いの個人生活を維持しつつも、交わり合う家族の縁。
もう少し昭和の映画を見ようと思わせてくれた、貴重な作品です。

・・・的な

NHKのオリジナルの方は、加藤治子、八千草薫、いしだあゆみ、風吹ジュンの緊迫した顔がやたらに「バーーーーン」とどアップになると同時に、彼女たちの内面の葛藤そのもののようなトルコ軍楽隊音楽ジュッディン・デデンが喧しく鳴り響く − というイメージばかりが強くて、何か暗くてドロドロのドラマだなあという印象が残っています(キチンとは見ていないのでこれ以上は言えません、すみません)。
それをある種「小津映画(?)」的な風情のものに作り替えてしまう森田監督の手腕は凄いと思いました。でも森田監督ですから、「家族ゲーム」的な作品にしてくれていたらもっと嬉しかったです。これを期待していたファンも大勢いたのでは? 私の場合、同監督の近作の傾向から「家族ゲーム」的なものは予想はしていませんでしたが、「期待」はしていました。。。

女の戦い

この映画は女の戦いをテーマに描かれています。父のあることをきっかけに4人の姉妹が集まるのだけど、彼女たちもいろいろな事情を抱えていた。私は姉妹がいないけど、大人になりそれぞれ結婚すると姉妹にも話せないことができていくのだと感じました。女のプライドを芸達者な世代を代表する役者さんが実に見事に演じています。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

阿修羅のごとく (文春文庫)
嘘を愛する女 DVD通常版
(ハル) [DVD]
天国の本屋-恋火 [DVD]
向田邦子原作 阿修羅のごとく 全集 パートⅠ【NHKスクエア限定商品】
ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]
RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD]
女の子ものがたり [DVD]
向田邦子原作 阿修羅のごとく 全集 パートⅡ【NHKスクエア限定商品】
あ・うん [東宝DVDシネマファンクラブ]

金澤美穂 井上麻美子 榛名由梨 長谷川真弓 水野久美 武原英子 山口果林 鈴木奈々 皆川妙子 杉本美樹 小西美帆 北原佐和子 尾高杏奈 釈由美子 目黒真希 安寿ミラ 矢田千夏 坂野友香 大田黒久美 篠田麻里子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ