海底軍艦 [DVD]

海底軍艦 [DVD]

海底軍艦 [DVD]

DVD
監督:本多猪四郎
出演:高島忠夫
出演:藤木悠
出演:藤山陽子
出演:田崎潤
メーカー:東宝
発売日:2003-10-24

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

海底軍艦 [DVD]

古代、海底に沈んだムウ帝国の生き残りが全世界を植民地にすべく侵攻を開始。旧日本海軍が総力を挙げて秘密裏に開発した海底軍艦・轟天号が迎え撃つ。押川春浪が明治33年に発表した科学冒険小説を原作に、本多猪四郎監督、円谷英二特技監督のコンビが放った東宝特撮映画黄金時代の傑作。<br> 特筆すべきはスーパー・メカ轟天号の描写であり、初めてテスト飛行へと出動する数分間のシーンは、伊福部昭の絶妙な音楽と相まってそのスケール、迫力、重量感に圧倒される。ミニチュアを使用してメカニックをリアルに描写したという点においても我が国映画史に残る名シークエンス。 また特撮部分のみならず、ドラマ部分においても敗戦を認めない轟天号艦長・神宮司大佐と周囲の葛藤を丁寧に描いており、「キングコング対ゴジラ」でおなじみの高島忠夫、藤木悠のコンビが巧みなやりとりで観客をリードする。 登場する怪獣は、全長150メートルの怪竜マンダ。その身体を轟天号に巻き付けて攻撃する。(斉藤守彦)

あこがれの海底軍艦  特撮SFロマンの名作!

もう40年近く前  この映画が上映していたとき、自分で映画のポスターをまねして描き、部屋に貼ってました。 とにかく海底軍艦のかっこよさに夢中だったんですね・・・
物語の壮大性、マンダとムー帝国のキャラクター、特撮、そして人間ドラマとみどころ満載の東宝特撮です。
その後の特撮物に多くの影響を与えた「海底軍艦」。
画期的な機能、重量感、貫禄あふれる轟天は、今も私の心の中で存在し続けています。

海底軍艦とは何だったのか

海底軍艦は旧日本軍が開発していた決戦兵器であり、神宮司大佐は日本の敗戦を受け容れていない。ここのところが分からないと、「海底軍艦」の情感は伝わらないような気がする。
ムー帝国はすでに滅んだ古代の帝国だが、それ故に現代の大国の地上の覇権は当然認めるところではない。むしろ我々ムーの民こそが正統な地上の支配者である。だから、ムー帝国の地上侵略は宇宙人が勝手に攻めてきたとか、そういう「侵略」と同一視すべきではない。彼らは失ったものを取り戻そうとしただけなのだ。
神宮司にとっては、ムー帝国がアメリカやソヴィエトなどの現代の帝国を攻撃したところで無関係な話である。勝手にすればいい。上官の命令がなければ、私は海底軍艦を出動させることは出来ない、それは越権行為である。
突っぱねる神宮司が、いったい何のために海底軍艦を出撃させたか、既にない帝国を背負った神宮司と女王はどんな戦いをしたのか、この映画は単純にSFだとか特撮だとかだけで見ることは出来ないと思う。
無論、円谷特撮は一種夢幻的な美しさを以て物語を描写しているが、激しく深い思いが背景にはあるだろう。勝った勝った、バンザイと叫んでカタルシスを感じるような、そんな映画では、ない。夢のような美しさは、本当は哀悼を表しているのだと思う。

ゴジラの監督が撮ったゴジラでない怪獣?映画の名作!!

今回初めて、DVDでこの作品を観ました。
何ともマニアックでワクワクする素晴らしい作品ですね!!
轟天号や怪獣マンダの特撮うんぬんは言うまでもなく、若き高島忠夫と藤木悠のやりとりがテンポよく観ていて気持ちいいです。
また、オープニングで岸壁を這い上がろうとするムー帝国人が、見つかって海に逃げ込むシーンのアクションといい、海岸で遠巻きに現れる数人のムー帝国人のシーンといい、今日の映画では決して出せない雰囲気がこの作品にはありますね。感心しちゃいました(^-^)
さてこのDVDには、特典満載東宝DVDだけあって、もうひとつのバージョンの海底軍艦も収録されていて、たいへんお得です。正しく、60年代特撮映画ファンには買いの1本ですね!!

嗚呼、悲しきムー帝国

太平洋戦争の生き残り(しかも戦争が終わっていないと思い込んでいる)の海軍軍人たちにより建造された最終兵器「轟天号」を駆って、地球征服を企むムー帝国に決戦を挑むという、なんとも荒唐無稽なストーリーであるが、今見ても大変面白い。
特撮黄金時代の東宝らしい作品である。
しかし、轟天号があまりにも万能艦すぎ(全体の格好は旧日本海軍の潜水艦のテイストを残しているが、潜行・飛行・地中航行・おまけに冷凍光線や電磁バリヤつき!)、向かうところ敵なし状態であっけなくムー帝国を壊滅するあたり、少々迫力に欠ける部分もある。
怪獣マンダやムー帝国の軍艦にはもう少し頑張って欲しかった。
それにしても女王様の美しいこと!これだけでも見る価値大いにあり
現在の技術でリニューアルされるのも面白いが、この時代の息吹を感じつつ楽しむのが一番良い。
(下手にリニューアルされた結果が、ゴジラファイネルウォーズの溜息が出るほどダサい轟天号だからね)

いまだ続編を期待したい

怪獣一点張りではなく、空想冒険路線も開拓しようとしていた
60年代前半の東宝の名作。本多猪四郎のシリアスな演出、伊
福部昭の勇壮なマーチ、円谷英二の細かい技術(海底軍艦轟天
号の先端ドリルの動きに注目)の3つがしっかりと組み合って
いる。特撮シーンはその後海外のSF映画に転用された位のでき
ばえ。
ムウ帝国と海底軍艦の戦いが短時間で終わるのが惜しい。40
年過ぎた今も続編を期待したい、それほどの傑作ということで
ある。

書くまでもないか。

ゴジラ FINAL WARS(2004)冒頭で夢の(笑)「海底軍艦対ゴジラ」というシーンがありましたけれども、その(旧)轟天号のデビュー作がこれ。GFWがいかに過去の特撮映画の総決算を目指したかが分かるという次第。あ、この映画でデビューしたマンダもGFWに出てきてたんだっけ。
商品説明にまるっきり書いてないので補足しておきますと、特典映像としてはなんとチャンピオン祭りに使った改訂版(シークエンスの順序が変わってるので「短縮版」と言い切れないような再編集版)を併せて収録してあります。両方見られるのはまあ良心的と言ってよろしいかと。

東宝黄金期のロマンチシズムと再会

10代、テレビ放映で見たのが最初です。桃源社版の押川春浪氏の原作も持っていたので、映画を見たあとに読んで、時代設定や登場人物の違いを感じました。
20代、伊福部昭氏の音楽に触れる機会がありました。音楽を聴きながら10代の頃に見た映像を思い浮かべていましたが、ご承知のように、映画音楽は映像と一緒になって、初めて効果があらわれるのです[伊福部昭著『音楽入門』第六章・純粋音楽と効用音楽、p.55‐59]。
当時はまだLPの時代でしたから、ライナーノーツに印刷されたスチールを見ながら、映画の雰囲気を味わうことしかできませんでした。
どうしたものかと退屈していた時、某大学のアニメ研究会が自主上映会を催すというので、見に行きました。
30代、レンタルビデオで見ました。東宝特撮映画の中で比較される「緯度0大作戦」よりも、愛着の持てる一本になっていました。
40代、見ることができませんでしたが、下手なピアノでアレグロを弾くことができました。
今年、また見たくなりました。リバイバル上映でもされない限り、見ることは難しいだろうと、あきらめていたところ、検索していたらDVDがみつかり、美しい映像と音楽で楽しむことができました。
かつて太平洋に存在したとされる伝説の大陸は、地球を植民地とすべく、プレートテクトニクスを人工的に作用させて、日本をはじめ世界中を脅かしますが、海底軍艦の馬力と神宮司大佐ひきいる挺身隊の攻撃には勝てません。
小林哲子さん扮する皇帝陛下が海へ飛び込んでゆく姿が、なんとも物悲しいです。ムウ帝国を愛した皇帝陛下のその姿は、海底軍艦で日本再興を夢見た神宮司大佐の想いと重なります。
海底軍艦は今も南太平洋の島嶼で神宮司大佐の末裔によって永久保存され、ムウ帝国崩壊の歴史とともに、その功績が語り伝えられているとのことです。

とにかく懐かしい

待ちに待ったと言うのが本音です。いままでDVDで出なかったのが不思議でした。いわゆるゴジラなどの怪獣映画と路線は同じでありながらも、一線を画していたと子供ながらに思いました。ムー大陸・伊号潜水艦・・・何か夢の中へ吸い込まれるような感じで映画を見た記憶が残っています。海底軍艦の登場シーン・・いいなあ・・。CG全盛の時代・・けちをつけようと思えばいくらでもつけられるかもしれません。しかしこの映画は私の夢多き少年時代の輝ける思い出の一つです。

渋いなあ・・・

子供のころ、かすかにTVで見た記憶があり、購入しました。
技術が進んだ現在の特撮映画に慣れてしまっているので、正直「地味だな」という感は否めません。怪獣もはっきり言って「しょぼい」です。
が、当時のありったけの技術を注ぎ込んで作られたであろう場面が作品の随所に感じられます。まさに「職人魂」です。セリフ回しは古いですが、役者さんの演技も「役者魂」にあふれています。「役者根性、ここにあり」という感じです。
やっぱり買って損は無かったなと思っています。

海底軍艦「轟天号」発進!

東宝特撮映画で、初代ゴジラやモスラ、ラドン等主役級怪獣が、SF映画の花だった60年代、特殊軍艦が主役という当時の異色作。
太平洋に沈んだムウ帝国が人類に宣戦布告したとき、対抗できる兵力は日本軍が製造していた海底軍艦轟天号だけという、後の宇宙戦艦ヤマトを彷彿とさせるワクワクさせるストーリー展開。
今でこそありがちな海空地と形態を変化させ戦う轟天号は、当時の発想では画期的と思います。
まさに空想特撮映画の秀作。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

地球防衛軍 [東宝DVD名作セレクション]
妖星ゴラス [東宝DVD名作セレクション]
宇宙大戦争 [東宝DVD名作セレクション]
マタンゴ [DVD]
空の大怪獣ラドン [東宝DVD名作セレクション]
キングコングの逆襲 [東宝DVD名作セレクション]
緯度0大作戦 [東宝DVD名作セレクション]
フランケンシュタイン対地底怪獣 [東宝DVD名作セレクション]
フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ [東宝DVD名作セレクション]
世界大戦争 [東宝DVD名作セレクション]

渡辺とく子 日高ゆりあ 中村知世 千之赫子 寺田路恵 丹下キヨ子 佐藤亜美菜 藤代宮奈子 北林明日香 飯田蝶子 松本まりか 鷲尾真知子 早見あかり 朝長美桜 朝岡実嶺 市井紗耶香 川口春奈 石田えり 高樹沙耶 高橋ユウ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ