呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]

呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]

呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]

DVD
監督:清水崇
出演:奥菜恵
出演:伊東美咲
出演:上原美佐
出演:市川由衣
出演:津田寛治
メーカー:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2003-07-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]

かつて恐るべき殺人事件があった家。その場に足を踏み入れた者が次々と呪われていくという物語。とにかくここに絶対に幽霊がいたら怖い!と思える場所……たとえばテーブルの下の幽霊とか、枕元に立って悪霊がのぞき込んでいるとか、布団の中にその霊が入っているなど、ひゃーっ!と叫ばずにはいられないツボに霊が登場する。しかも『リング』の貞子のように正体を見せないのではなく、すべての元凶となる霊・伽椰子はその姿をバンバン見せてくるのもポイント。だから全体的にはお化け屋敷感覚で、霊の出現にいちいち驚かされてしまうのだ。実は霊はハッキリ映ったほうが恐怖度は減るものだが、そこにあえて挑戦したと思われる清水崇監督の意地には脱帽。サム・ライミ総指揮でハリウッドでのリメイク話が来たのも納得のホラー映画だ。(横森 文)

恐怖より生理的嫌悪・・

これは辛かった。中田秀夫監督まで「怖いです」なんて言うから、めちゃくちゃ期待して観たのに。期待が強過ぎた分、失望も大きいです。単なる山海塾でしょ、これでは。頼みますよ、ひとつ。こんなもん観て怖がれるの人は、日々よほど幸せにお暮らしなんでしょうなあ。世の中にはリストラとか病気とか、もっと怖いもんが沢山あるんだから、もうちょっと真剣にびびらしてもらわないと金払う価値ないです。パンダみたいなガキがニャーオと鳴いた時には、こっちが泣きたくなりました。勘弁してください。

恐怖より生理的嫌悪・・

 この作品は、ビデオ版の続きでこの映画版だけのをみると???だと思う、現に私が見に行った映画館では終わったあと内容が理解できず不満の声があがっていた。
 私は、個人的におすすめするのは、これをみる前にビデオ版の1.2をみる事をおすすめします。
映画版の方ではでていない、生前の伽椰子についてそして佐伯家の人々についての謎?、映画版での?と思うところもかなり理解できると思います。私がみた感じでは映画版より、ビデオ版の方が怖い+気持ちが悪く生理的に嫌悪するものでした。
映画版のラストの意味が理解できない場合は小説版を読むと理解ができると思う、ただこの小説版・・映画版以上に描写がかなり読むと気分が悪くなりました。得に映画の最後にあたる部分の暴力シーン・・・伽椰子がすべてを呪いたくなるというの気持ちがわかる?
私の映画を一緒に見に行った友達は映画館でこの作品をみてから1週間は部屋の電気を消して眠る事ができず、続編の2を誘ったら断られました。

つらい

これは辛かった。中田秀夫監督まで「怖いです」なんて言うから、めちゃくちゃ期待して観たのに。期待が強過ぎた分、失望も大きいです。単なる山海塾でしょ、これでは。頼みますよ、ひとつ。こんなもん観て怖がれるの人は、日々よほど幸せにお暮らしなんでしょうなあ。世の中にはリストラとか病気とか、もっと怖いもんが沢山あるんだから、もうちょっと真剣にびびらしてもらわないと金払う価値ないです。パンダみたいなガキがニャーオと鳴いた時には、こっちが泣きたくなりました。勘弁してください。

これが怖い???

私は怖がりです。「リング」などは冒頭からして一人では
見れませんでした。けれどこれは…。パッケージと冒頭の
回想部分はかなり怖かったですが、肝心の「呪い」の部分が
全く怖くない。一言でいうと、「驚く」と「怖がる」を混同
しているようです。突然の出来事や音でびっくりすることは
あるのですが、怖さとして後々まで引きずるようなことは
ない感じ。
買うことはなかったな、というのが正直な感想です。

なんとも安っぽいですね。。

 これのどこが怖いのでしょう?
はなから内容や凝ったストーリーなどは、この手の映画には
期待していません。
 たまには単純に怖さを味わいたい!そう思って見たのですが、
肝心要の怖さが全くと言っていいほど、前編通してありません。。
 一体あの白塗りのパンダメイクばればれの子供の、何を怖がれと
言うのか。。
 よく見ると目のふちの黒いメイクが少しずれてたりもします(泣)
訳もなく曲がり角で見知らぬ人に「わっ!!」とやれば、誰でも
驚きますが、それは怖さじゃありません・・・。
 同じような驚かし方をず~~っとやっているだけで、この監督は
演出の基本も押さえてないような気がします。
 最後まで全体が掴めなくても、恐怖感をあおったホラー映画やサスペンス
映画はたくさんありますし、その中には秀逸なものもありますが、この映画
のように最後まで人間がメイクしてるのがありありで、ただ角から出てきて
「びっくりでしょ!」的な演出には、かなり興ざめでがっかりです。
どうにも情報が氾濫しやすい現代社会では、最初の極一部の冷静さ
を欠いた前評判があっと言う間に広がり、その話題だけが先行して興行的
にはヒット、見たらデッドボール!のような作品があまりにも多い気がします。
 この作品は間違い無くそれらの理由に助けられたつまらない作品でしか
ありませんでした。
 昔ビデオで見た「女優霊」の怖さを求めたのが失敗だったのでしょう。
東京タワーのロウ人形館の方がまだマシです。。。

う~ん

自分はビデオ版から見てきたけど正直言ってあんまり怖くなかった。ビデオ版の方がインパクト強かった気がします。それにとしお君の役者が変わっていたのもガッカリでした。

失笑・・・。

ある雑誌の広告欄に、映画史上最も怖い映画と載っていた。
これ映画史に残すんですかね。それが怖いだろ・・・。

いまいち かな・・・

「呪怨 ビデオオリジナル版」 は結構ヤバ目でしたが、この作品はイマイチ。 自分的には余り怖くなく、「呪怨 ビデオオリジナル版」の印象が余りにも効いていた為、逆に笑えました。 「呪怨 ビデオオリジナル版」を御奨めします。 呪怨1・呪怨2、ここからまとめて購入しました。

つまんね

話のもってき方がパッとしない、2の方が良かった。
まずトシオ君は全く怖くない。かといってカヨコも怖くない。
女子高生の幽霊にいたっては白塗りしただけ。
これは駄作だと思う。

恐怖の連鎖にあなたも・・・

去年WOWOWが夏に行なった怪奇特集。
その中での最恐がビデオ版の「呪怨」「呪怨2」でした。
その恐怖は劇場版にも引き継がれ、「怖すぎて見れない」と中途退席者が続出したといいます。
評判がよく、口コミで上映する映画館が増えていったのですが、
それでも地方までこなかったので、待望のDVD発売と言えるでしょう。
その恐怖を私なりに例えてみたいと思います。
日本の恐怖映画の代表格に「リング」を挙げる人は、多いでしょう。
恐怖の対象「貞子」は、最後までまったく登場しませんが、主人公がその足取りを調べることで
だんだん恐怖がましていき、最後に「貞子」の登場でクライマックスを迎える。
最後に恐怖が集約されているので、まるで遊園地の「フリーフォール」のよう!ですね。
それとは対照的に「呪怨」の恐怖は、「ジェットコースター」のようです。
最初から最後まで、恐怖が連続して起こり、息をつくひまもありません。
俊雄くんで脅かし、迦椰子でとどめを指す。
それが、パターンを変えて何度も繰り返されるのに、決してなれるということはありません。
しかも迦椰子の呪いの連鎖は強烈で、「ビデオ」を見ない限りのろわれない「貞子」と違い、
呪われた人と夫婦、兄弟、恋人、親子、上司と部下など、何らかの関係があっただけで、
呪いの連鎖に取り込まれ、あわれ犠牲者に・・・
このDVDを見る時は、初回特典の「俊雄除霊グッズ」を肌身離さず身に付けて見ないと、
あなたもこの連鎖に取り込まれるかも・・・
それにしても、映像特典の実話版「呪怨」って、なんなんでしょうね。
「実在した迦椰子」なんて内容なら、多分見る勇気、ないだろうなぁ・・・

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

呪怨 2 劇場版 デラックス版 [DVD]
着信アリ(通常版・2枚組) [DVD]
呪怨 [DVD]
リング Hi-Bit Edition [DVD]
THE JUON -呪怨- ディレクターズ・カットコレクターズ・エディション [DVD]
ターミネーター2 劇場公開版〈DTS〉[『T3』劇場公開記念バージョン] [DVD]
ターミネーター [DVD]
呪怨2 [DVD]
着信アリ2 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]
クロユリ団地 スタンダード・エディション [Blu-ray]

福田花音 安倍なつみ 泉じゅん 有吉ひとみ 浜美枝 大浦みずき 近藤美恵子 和央ようか 阿南敦子 遠藤あど 志摩みずえ 鮎ゆうき 鳳八千代 中川梨絵 田島ゆみか 瑳峨三智子 中原理恵 原知佐子 大後寿々花 石川亜沙美 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ