LOVERS' KISS ラヴァーズ・キス [DVD]

LOVERS' KISS ラヴァーズ・キス [DVD]

LOVERS' KISS ラヴァーズ・キス [DVD]

DVD
監督:及川中
出演:平山綾
出演:宮崎あおい
出演:市川実日子
出演:石垣佑磨
出演:成宮寛貴
メーカー:小学館
発売日:2003-07-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

高校生6人の切ないラブストーリー

よくなかったです。
平山あやがミスキャストで見ていて腹立たしかった。
唯一の救いは宮崎あおいですね。彼女は平山あやよりも
地味な顔立ちだけれど演技も存在感も上回っていました。
鎌倉の風景は美しくなんとか映像美で押し切った感じがします。

高校生6人の切ないラブストーリー

 一連のストーリーを、主要登場人物高校生6人のそれぞれの視点から描くという独特の手法で描かれていて、面白い。異性愛だけでなく、同性愛もテーマにしているのですが、友情・恋愛・憧れなどの微妙な関係が丹念に表現されているので、非常に見ごたえがありました。また、重いテーマを扱っているにもかかわらず、見終わった後に爽やかな心地よさを感じました。
 とにかく映像が素敵です。ほとんどがロケによる撮影ということで、鎌倉周辺の情景の美しさにも目を惹かれます。単なるアイドル映画かと思っていた私の予想を見事に覆した、素晴らしい作品でした。万人にオススメしたい。

『青春ラブストーリィ』に偽りなし

吉田秋生さんの原作ですが、想像した以上に忠実に作られています。
メインとなるストーリィはもちろん、一連の出来事を、それぞれの登場人物の視点でえがくというぶぶんなども。
演技がウマイ!‥とは言い切れないときもある(笑)若い俳優さんたちが、観ているうちにどんどんいとおしくなってくるから不思議!
おすすめです。

ミスキャスト・・・

原作が好きで購入しました。
が・・・ミスキャストだらけですね。原作とイメージが合うのは、阿部進之介さんと宮崎あおいさんだけじゃないかな。。高尾役の石垣さんは特に違うような気がします。高尾のイメージはもっと繊細なかんじがするのですが。
結構話もつじつまが合わず、意味のわからない場面がいっぱいありました。
原作が素敵で、かなり期待していただけにがっかりでしたね。

ロン毛の平山綾

あまり期待しないで見始めましたが、この6人の高校生男女が織りなす恋愛模様はなかなか面白かったです。原作を忠実に再現しているようなんですが、この少ない人物の中で相関図が書きたくなるような分かりやすい、悪く言うとリアリティのない話ですが、2時間近い映画の割に展開が小気味よいので楽しめました。主題歌と挿入歌を歌っている白鳥マイカの歌が良かったですし、茶髪でロン毛の平山綾も見物です。ただ、最後野立てのシーンで終わるのは昔観た斉藤由貴の映画のパクリではないかと思いました。

原作漫画の良さを全て台無しにした映画版

 まず演技が、いや演技とすら言えない棒読みが痛い。
原作では力なく呟く台詞などを、乱暴に吐き捨てるように口走る演出、
脈絡なく突然映像に被さる軽い音楽(いっそ全編クラシックにした方が自然)、
「Je te veux」では何故かコメディタッチにしようとしたらしい無理な脚本、
そしてアップ多用で会話するふたりの人間の目から口までしか写さないカメラワーク、
どこを取ってもいい点がなかった。
 原作は心に痛みを抱えた高校生6人の恋の話である。
「心の傷」…母親による息子への性行為の強制、幼児期の性的虐待、
己の傷からか相手の傷ゆえか、同性に恋情を抱く者たち…
これらの苦しみや喜びを、「思春期にはよくあること」程度に扱ってしまった今作。
 私は、漫画家とは映画で言うなら監督・脚本・演出・カメラ・俳優を、
全て一人で賄う才能が必要な職業だと思う。
 キャラクターを考え、動かし、台詞を書き込み、絵をコマに切り取る。
その意味で原作は素晴らしい出来の作品であるのに対し、
この映画版はまるで比較するのも馬鹿馬鹿しいほど、全てがなっていない。
 特にアップばかり撮るカメラにはうんざりした。
不自然なほど顔を近づけて会話する役者の、眉や顎さえ見切れるどうしようもなさ。
 少女漫画の映画化といえば最近は、一条ゆかり原作「プライド」、
よしながふみ原作「大奥」を見たが、どちらもあまりいい出来ではなかった。
費用を掛けたであろうロケーションが勿体無く感じるほど、主演俳優がミスキャスト。
 スタッフが原作のファンであるなら、こんな劣悪版は作らないであろう。
そして、原作のファンでないのなら、オリジナルで心行くまで勝負したらいい。

アイドル映画ですか?

始まって5分で主役の演技に腹立たしくなる映画。
脇役陣が頑張っているだけに、平山綾のミスキャストが目立ちます。
話の流れが奇麗に出来ている点、阿部進之介、宮崎あおいが映画を引き立てている点、その2点のみ評価できます。

視点を変えた描き方が面白い

CSで見たのが気に入って、DVDを買ってしまいました。
冒頭の庭園パーティと最後の野点は???でしたが、それ以外は◎。
描き方がきれいで、同じ場面が視点を変えて何度も出てくるところが新鮮で面白かった。
第1話の主人公2人には青春ドラマの王道の甘酸っぱさを感じたし、2人をとりまく4人の男女はコミカルでかつせつない。
登場人物の設定等、原作と変えているところはあるものの、映像化にあたっての変更ということで納得できる範囲で、「月の光」、「Je te veux」、「テンペスト」、「曽根崎心中」など、重要なモチーフは映画の中でも印象的でした。
学生服の着こなしが原作の年代に忠実だったのも良かった点です。

まったくもってキャストミス!ミス!の嵐

多くの皆さんが語っているとおり、主役の二人が一番ミス・キャスト。外見からイメージから劇中の演技からも原作の二人とは全く違っていました。誰が選んだんでしょうか(涙)すっごい楽しみにしていて、公開あとすぐみましたが、チャレンジ精神で最近DVDでもう一度。うっやっぱりダメです。あの素晴らしい原作マンガにてこの記憶を上書きするしかありません!!
最近マンガのドラマ化・映画化が相次いでおりますが、映像化・実写化するぐらい大人気作品なのですから、制作者サイドは原作を真剣に読んでないのか?はたまたもうイメージできない世代の方々で制作しているのだろうか(謎)吉田先生もこのキャストでOKを出したとは信じたくないのはきっとワタシだけではないはず!!イメージ通りのキャストが揃わないなら映画化しなくてもいいのでは?確かに唯一許せたキャストは主人公妹役の宮崎あおいさんですね、ちょっとだけ救われました。 ホントせめて事前に読者アンケートをとるぐらいしないと、長く語り継いでいっている読者を怒らせますよぉおおおおおお!! ふ〜、目を閉じて”月の光”を聞いて落ち着かなくてはかなりツライ状況です、残念でなりません。

主役以外が良い

主役が一番印象が薄い感じ。
前半まではよかったが、後半少し青臭くなりすぎで、少女コミック趣味の人にはウケるだろうが、一般人にはややしつこく感じる。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

なりみやでした。
ララピポ [DVD]
Milk―成宮寛貴写真集
成宮寛貴パーソナルブック
ばかもの [DVD]
I’m…―成宮寛貴1st写真集
成宮寛貴10周年記念メモリアル本「Hiroki Narimiya Anniversary Book10」
下弦の月 ~ラスト・クォーター プラチナBOX [DVD]
NANA 2 スタンダード・エディション [DVD]
成宮寛貴 1st DVD

本阿弥周子 末広ゆい 和田絵莉 喜多川美佳 栗島すみ子 宮下順子 梅村蓉子 内田春菊 来栖あつこ 山縣直代 広瀬アリス 川上麻衣子 田島令子 りょう 鈴木かすみ 近藤圭子 松岡茉優 須田亜香里 大家志津香 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ