竜馬の妻とその夫と愛人 [DVD]

竜馬の妻とその夫と愛人 [DVD]

竜馬の妻とその夫と愛人 [DVD]

DVD
監督:市川準
出演:木梨憲武
出演:中井貴一
出演:鈴木京香
出演:江口洋介
出演:橋爪功
メーカー:東宝
発売日:2003-05-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

竜馬の妻とその夫と愛人 [DVD]

三谷幸喜が2000年に劇団東京ヴォードヴィルショーに書き下ろした舞台劇を、市川準監督がツボにハマったキャスティングで映像化。せつなくて、笑えて、泣ける、見ごたえたっぷりのラブコメディだ。<br> 時は明治13年。維新の功労者、坂本竜馬の13回忌に出席させるため、新政府の役人でかつての竜馬の部下・覚兵衛(中野貴一)は竜馬の妻であったおりょう(鈴木京香)を尋ねる。おりょうは甲斐性のない情けない男・松兵衛(木梨憲武)の妻となっていたのだが、腰が落ち着かず、竜馬に似た愛人の虎蔵(江口洋介)と駆け落ちを企てていた…。<br> 男と女の愛のすれ違いを、絶妙なシュチュエーションに乗せて描いた脚本が秀逸。そこに市川監督ならではの叙情テイストをたっぷり注ぎ込み、キャスト陣がのびのびとアドリブを演じている。木梨×中井の息の合ったやりとりは必見! どんな男をも引き付けるが、愛した男はすでにこの世にない、おりょうの悲しみを熱演した鈴木京香のいい女っぷりも見事。(茂木直美)

竜馬ファンには最高

みなさんの評価が低くて、ちょっとびっくり。僕はすごく好きですね。僕は「竜馬がゆく」が好きだし、竜馬やおりょうさんの予備知識があるので、キャラクター設定やストーリーも納得の行く内容だと思います。竜馬に似ている浮気相手のたて髪の話もいいですね。竜馬は本当にいい男なので、最後のおりょうさんの気持ちにかなり共感できました。そして、おりょうさんが出ていく時の、のりさん扮する旦那さんの台詞が大好きです。しかもよくある終わり方ではないのがすごくいいですね。淡々とした終わり方が本物っぽくて僕は好きです。最後に落ちもついてるけど、それもまぁまぁ面白かったかな。喜劇としてもかなり笑えると思うけど、ドラマとしてとても良いと思います。竜馬もリスペクトされていると思う。

??????

たまたま近くの映画館でやっていたので見に行ったのですが、
見なきゃよかった、と思いました。
DVD買って家で一人で見るべきだった。
泣けます。
おりょうの「だって、好きなんだもん」
という台詞と去って行く後姿。
笑えます。
木梨と中井の掛け合い。
何でこんなに評価が低いんでしょうねぇ。
評価が低いんだから
DVD値下げしてくださいっ!
買いますっ!!
もう一度おりょうの台詞で泣きたいっ!!!

抱腹絶倒!

竜馬の死後、妻のおりょうをめぐる騒動を描いたラブコメディー。
とにかく笑えます!!!
取り繕おうとすればするほどどんどんおかしな方向に行ってしまうという三谷幸喜ならではのストーリー展開と、間が抜けているけれどなぜか憎めない愛すべきキャラクターたちのやりとりが最高に面白いです。
特にノリさん(木梨憲武)と中井貴一がイイ味を出しています。
最初から最後まで笑いすぎてお腹が痛くなること間違いなし!

主役不在(坂本龍馬)のアプローチ


が良かったと思います。
誰もがよくご存じの坂本龍馬にスポットライトを当てた作品は、はっきり言ってもう見飽きました。 あえてそんな作品をまた作るようであれば、はっきり言ってそれは「憧れの龍馬を撮りたい、演じたい!」という制作者や役者の自己満足じゃないかと思うんです。
誰もが龍馬役をやりたい、「ロミオとジュリエット」で言うロミオ役をやりたい。でもそれでは何処かで観たような、似たような作品になってしまう。龍馬がまぁまぁ好きな人でも次のシーンが大体予想できてしまう。
だったら龍馬の死後、お龍の人生はどうなったんだ??? というアプローチに方向転換。 面白いじゃないかっ。。。 主役不在の大舞台、大波乱やドタバタ劇を楽しく期待してしまう。 そして実際スゴク面白かった! 三谷幸喜さん、あなたは天才です!

ノリさん、凄い

面白い。
鈴木京香ののびのびしたおりょうも、江口のしつこいくらいの男っぷりも中井のストイックさも(まあ、いろいろ観てるうちに誰も彼も違う魅力が出てくるんだけど)どれも良い!でもやっぱり、ノリさん凄いなぁーって思った一作。
松五郎だけが、おりょうを“竜馬の愛した女”じゃなく彼女として見てるっていうのが、ノリさんの情けない、しょぼしょぼした目線で判るってのが凄く好き。三谷作品が根本的に駄目…って人にはツライんだろうけど、数々のおふざけも好きです。作ってる側が、とても楽しく作ってるってのが感じられて。

かみ合わない

基本的はストーリーは面白いと思います。
しかし、脚本と演出がかみ合っていないという印象を持ちました。
せっかく面白いシーンなのに、カット数が多くて気持ちが入り込めないというシーンが多く見られました。
いまいち心からは笑えないかな。
もっとスピーディーな展開をさせれば、よかったのかもしれません。
笑いたいというより、心安らかな気持ちになりたい時にみると
意外にほのぼのとしていていいかもしれませんね。

鈴木京香のお龍っぷりがいい。

三谷さんは本当にキャスティングが上手いです。
ダメ夫に木梨憲武、お龍さんに鈴木京香、偽竜馬に江口洋介・・・
木梨さんのだめっぷりと、京香さんの色気たっぷりのいい女っぷりがとてもいいです。笑えて泣けて、心が温まる三谷ワールド!
毅然としていたお龍さんが、夫の元を去る時に、竜馬を捜すように竜馬の名を叫ぶところで号泣しました(T-T)
やっぱり竜馬のことをそんなに愛していたのね・・・号泣
そして最後に衝撃の事実が! えーっ!てな感じで終わります。
でも、竜馬役にトータス松本を出すとは・・・
すごいよ三谷さん!!

はずしの美学。

「なんでこの人この立場で、この状況でこんなこと言うの?」
それが笑いとなって成立してしまう、はずしの美学映画。
もう最後はメッチャクチャ!!
木梨さん個性出しすぎ!この人じゃないと絶対言えないセリフ、
「あっ、やっちゃった~~・・・」で爆笑(≧▽≦)!!
これが気になるだけで観ても損なし!
木梨さん好きならなおさら観るべし!!
プラス中井さんの可笑しな役どころ好きなら絶対観るべし!!!

木梨 × 中井

 三谷作品らしく、スケールの小さな、狭い人間関係の中で右往左往している一生懸命な人達をあったかく書いてる作品。
 
 木梨憲武の弱くて、ダサくて、かっこ悪い男っぷりの熱演が光る。
「俺、生きてっから。竜馬は死んだけど、俺生きてっから!」
金も無い、力も無い、学も無い。でも、好きなんだからしょうが無いじゃん。ってね。
 中井さんもいいねぇ。キリッとしつつ、じつは下心ムンムンなこの台詞。
「じゃぁ一回だけ」
大爆笑。これまた、男の正直なところですな。

笑えないのだが、どうしたもんだ

何が悪いのだろう。ものすごく期待していた作品だったのに。
配役、おりょうさんは可だけど悪女をやるにはこの人はまだイメージが良すぎる、その夫もまあいい、愛人うーん好しとしよう。
中井喜一役の「人となり」が滑稽に設定してあるようなのだけどどこも笑えない。私の体調が悪いのだろうか。この人一人が原因でこんなにもダメになるとは思えないのだが。
木梨憲武が光るはずの「純朴と一途な愛」総崖崩れ、演出不足かなあ。
のろいテンポ、ヤマ場のなさ。脚本かね?真犯人は
哀しさ、切なさ、何にもないなんて。ナニカがあるに違いないと我慢したが見つからなかった。
タダ一つ、トータスの竜馬の横顔すごくいい。なんだか本物の竜馬もこんな顔なんじゃないかと思えた。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

恐れを知らぬ川上音二郎一座 [DVD]
彦馬がゆく
あしたの私のつくり方 [DVD]
清須会議 スタンダード・エディション [DVD]
セカンドバージン スペシャル・エディション [DVD]
トニー滝谷 プレミアム・エディション [DVD]
血と骨 コレクターズ・エディション [DVD]
WOWOW開局20周年記念番組 三谷幸喜「short cut」 [DVD]
酒と涙とジキルとハイド 2枚組特別版 [DVD]
春、バーニーズで [DVD]

宇津宮雅代 高泉淳子 福島和可菜 北あけみ 南風洋子 宮下順子 宝生舞 渋谷飛鳥 石渡ひろみ 牧野ステテコ 足助美岐子 武田惠子 望月美寿々 染谷夏子 植木まり子 鈴木紫帆里 伊藤沙莉 大信田礼子 貴城けい 川崎弘子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ