押井守シネマ・トリロジー 初期実写作品集 [DVD]

押井守シネマ・トリロジー 初期実写作品集 [DVD]

押井守シネマ・トリロジー 初期実写作品集 [DVD]

DVD
監督:押井守
出演:千葉繁
出演:鷲尾真知子
出演:田中秀幸
出演:玄田哲章
出演:兵藤まこ
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2003-02-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

押井守シネマ・トリロジー 初期実写作品集 [DVD]

「うる星やつら」「機動警察パトレイバー」「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」などで、日本国内のみならず世界中からの注目を集める押井守。本商品はアニメ監督がメインの押井が挑んだ実写作品「紅い眼鏡」「ケルベロス 地獄の番犬」「トーキング・ヘッド」の3作品を収録したボックスセット。どの作品もアニメ作家の押井があえて実写映画を作るという意味合いからか、従来の映画技法や映画文法に異を唱えた演出が斬新であり、一般の映画ファン及び押井アニメのファン双方から賛否両論が飛び交う独自性を獲得しているものばかり。「紅い眼鏡」「ケルベロス」は押井が脚本を担当したアニメ「人狼」及び漫画「犬狼伝説」(藤原カムイ作画)とともにケルベロスサーガを形成しており、これらの作品とあわせて鑑賞するとさらに深みを増す。(田中 元)

紅い眼鏡のみ・・・

星5つなのは「紅い眼鏡」のみに言える。
実写でこれだけコミカルでアニメちっくなものが表現できるのかと言う
衝撃を受けたからである。
また白黒の世界から、カラーに切り替わる手法も鮮やかで緊張感を与える。
繰り返し。夢の続き的な入れ子のような脚本・演出はとても見事だと思う。
実写でこの表現力は本当に素晴らしいと思う。
千葉繁氏の身体を張った演技には感動を覚える。
押井守氏の動的映画は私の嗜好をたまらなく刺激してくれる。
それは川井慶次氏の曲の使い方が素晴らしいのも外せない。
サントラ自体もDVDに収録されてるので、うれしい。
続編にあたる「ケルベロス」は主役を千葉繁氏を期待していたが、他の人に。
監督もおまけディスクで言っていた通りが主役が演技が下手なため、
静的な映画となってしまい、輪郭がぼやけたものとなってしまったため。
お世辞にも面白かったとは言いづらい。
千葉繁氏がエビをひたすら食べるシーンしか私も頭に残っていないくらい、印象がない。
プロテクターや銃が純粋に好きな人なら
それなりに楽しめるかもしれない・・・星をつけるなら1つ。
「トーキングヘッド」アニメ製作について、どのように作っていくのかがわかり興味深かった。
星をつけるなら3つくらいだろうか?
個人的には「紅い眼鏡」の単独DVDかサントラセットで十分楽し買ったと思う。
手を出すならレンタルで観てからをオススメしたい。
が、古い作品なので店自体にない場合が多い・・・
サントラは廃盤で某オークションでたまに高額で取引されているので、再盤してほしいところ・・・

異色?怪作?傑作?

「パトレイバー」「攻殻機動隊」などで有名な 押井 守 氏が初期~中期にかけて撮った実写作品群が待望のDVD化です。LD VT共に絶版になって久しいのでご覧になった方も少ないと思われます。「人狼」シリーズの発端となった「紅い眼鏡」、その続編「ケルベロス」そしてアニメ業界を描いた?「トーキングヘッド」の三本が収録です。
いずれの作品も「千葉繁」が俳優として怪演をしており、脇を固めるキャストも押井作品ではお馴染みの声優陣が固めています。
後に「人狼」で主演の伏を演じる「藤木義勝 」がケルベロスでも主演してるのが興味深いです。 また「トーキングヘッド」本編に出て来るアニメパートは「I・G」が手がけており、数分ながらその幅広い作画力が垣間見れます。
余談ですがオープニングの試写シーンではI・Gのスタッフが何人かカメオ出演しております(笑)
さらに本編だけでなく長らく押井作品とコンビを組んできた川井慶次のサントラまで付属してるとなればこれは黙って「買い」です。

押井臭さの濃淡差を楽しむ…?

押井監督の初期実写作品群「紅い眼鏡」「ケルベロス/地獄の番犬」
「トーキングヘッド」の3本と特典ディスクによって構成されてます。
●「紅い眼鏡」
関東圏ではロケ地でもあるキネカ大森でしか上映してなく、電車乗り継いで観にいった記憶があります。撮影に使ったプロテクトギアがホールに展示してありました。(左胸の計器が電卓を流用したものだった…)好き嫌いがはっきり分かれる作品ですが、ハマる人には今でもお勧めできる内容。川井憲次の音楽にハマった契機もこの映画からです。
立喰師列伝にも登場する月見の銀次(故・天本英世)の怪演も楽しく、「この制作費で映画が出来る訳がない!」と関係者に言われながらも見事にクセのある映像を作りあげています。今でも一番好きです。
●「ケルベロス/地獄の番犬」
前作で主役を演じた千葉茂が多忙で撮影スケジュールを取ることが出来なかった為、急遽あの展開です。正直階段の踊り場で乱射するシーンと海老をむさぼり食うシーンしか記憶にありません。もっと面白くなる可能性もあったのですが…。
●「トーキングヘッド」
公開時すでに地元に戻ってきており劇場では未見。紅い眼鏡でも使用した閉館した映画館(脚本伊藤氏の実家)を撮影のメイン舞台とし、独特のムードで物語は進みます。これ、面白い。未見の方は必ず観て欲しい。悪夢の中を泥をかきわけて進むような雰囲気を感じられます。アニメ制作現場というかなり一般からは馴染のない世界が題材ですが、それ故に押井臭さはかなり凝縮されて感じます。

押井守の若き日

私的に押井守の原点的に思っているのは、「天使の卵」とこの実写たちであろうか。
他の作品では見られないほどの個性豊かで、人間臭く泥臭い、彼の臭いが感じられる作品である。
それぞれの作品の完成度はけして高くは無いが、押井守の若き日々の感性と人間性を知るには、非常に重要な作品達ではないだろうか。
彼の映画論、映画観なども語られており、彼を知るためには非常に参考になる。
作品の代表的な音楽のCDも、懐かしい「紅い眼鏡」のオープニング曲などが入っており、聞いた時には少し震えが来た。
今となっては、何処に向いて進んでいるのか解らない作品も増えてきたが、この実写たちの中には、画面に映っては居ない押井守の存在感が感じられる。

こういう夢を見ることがある

「紅い眼鏡」の、何ともいえない謎めいた世界に迷い込む非日常感が印象的
でしたね。全編夜で、エキストラが全く居ない世界は子供の頃に読んだ絵本
「おしいれの冒険」の世界を彷彿とさせます。
「ケルベロス」ではもう少し開けた世界ではありますが、やはり非日常の
童話の世界的な空気が溢れています。
ちなみにこの「ケルベロス」で、逃亡援助組織の林を演じている松山鷹志さんは
後に「仮面ライダークウガ」で杉田刑事を演じ、いい味を出していました。

押井汁200%

やりたい事をやりすぎているので合わない人は徹底的に合わないだろうが、合う人は間違い無く一生モノ。
チープなセットと長々しい台詞、仰々しい音楽の作り出す圧倒的な胡散臭さは癖になるものである。
映画としての映画に飽き飽きしてきた人に是非見て欲しい。
千葉繁氏のファン必見であることは言うまでも無い。

ファンでなくとも。

3作品とも、深刻な冗談に彩られたセリフの中に大変居心地の良い世界が構築されています。
1回目の鑑賞で評価が分かれてしまう内容(最後まで観れたとして、また押井 守監督の作家性の常ですが。)とはいえ、面白いと思われた方は一生涯の鑑賞に耐えうる名画を手にする事となるでしょう。
個人的には、珍しくセリフの少ない「ケルベロス」が一番ホッとさせてくれました。映像に優しさと温かさが漂っており、ビールのお供にぴったりです。

ひたすら感激!

まず犬狼伝説シリーズが、つまりプロテクトギアが実写で観れることに感激!そしてオーディオコメンタリーで監督の生の声が聞けるのに感激!そしてサントラが付いてるのにも感激!
特に押井監督初の実写作品である「赤い眼鏡」。夢と現実がごっちゃになっていく展開は最初にみたときは「?」でしたが何回も観ているうちに何時の間にかどうしようもなくはまり込んでしまいました。一見悲劇的なラストも実は押井監督の犬に対する愛情に満ち溢れていて「犬」の一ファンとしてとても感動しました。また、実写作品にパトレイバー的なコミカルなノリを違和感なく織り込んでいく監督の力量もすばらしいと思います。押井監督の最高傑作の一つです。

実写は・・・

押井監督の作品は素晴らしいですよ、世界観といい、展開といい・・。でも実写だけは駄目ですね!んー退屈・・・。
でも監督の世界観を知るのにはよい作品といえるとおもいます。後の作品に通じるものが多いですね。
何かしながら見るのにはいいかも。例:掃除しながら・・とかね

学生映画ですね。

頭でっかちの学生映画の典型です。 言いたい事も分かりますしやりたい事も分かります。 押井守本人はいたって単純な人間なんですね。 ジョンバダムとかのベタなハリウッド映画に感化されちゃうような所がありますから。 ところがそのベタな本音を見透かされるのが嫌でしようがない。 だから本音が分からない様にこねくり回してしまう。そのこねくり回す過程そのものが映画だと思い込んでるんです。 だからややこしい。相米慎二のションベンライダーを観たのが一番の原因だと思うんですが、ファンの方にはむしろ鈴木清順の一連の作品を観る事をお勧めします。押井守が本当にやりたい事がより明確な形で映像化されています。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [Blu-ray]
ロッキー MGM90周年記念ニュー・デジタル・リマスター版 [Blu-ray]
アヴァロン ― オリジナル・サウンドトラック
攻殻機動隊 DVD BOOK by押井守 GHOST IN THE SHELL (講談社キャラクターズA)
攻殻機動隊 DVD BOOK by押井守 イノセンス (講談社キャラクターズA)

北原里英 高沢順子 花園ひろみ 山本ゆか里 福島和可菜 竹下景子 岡田可愛 真飛聖 宮城千賀子 大沢逸美 長谷川潤 石田亜佑美 立野弓子 藤間紫 渥美マリ 深水真紀子 玄里 美ち奴 草笛光子 前田美波里 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ