ミスター・ルーキー [DVD]

ミスター・ルーキー [DVD]

ミスター・ルーキー [DVD]

DVD
監督:井坂聡
出演:長嶋一茂
出演:鶴田真由
出演:橋爪功
出演:駒田徳広
出演:國村隼
メーカー:ジェネオン エンタテインメント/角川書店
発売日:2002-10-11

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

野球文化と映画文化の発展のために

日本映画の問題点の1つに、いろいろな機関が撮影による
場所等の使用の許可を出さないことが挙げられる。
(最近は、フィルムコミッションの影響で、少しは改善
 されているのだろうか。)
 この作品は、タイガース球団・甲子園球場・タイガースファンを
演じるタイガースファン?のエキストラ等の協力があったからこそ
すばらしい出来映えに仕上がった作品である。
しかし、上に挙げた問題点を象徴するような作品でもある。
 それは、タイガース以外のセリーグ4球団も、映画上での
チーム名等の使用を許可したにもかかわらず、ジャイアンツは
許可しなかったことである。
 この作品は、野球の楽しさすばらしさを見事に描いた作品で
ある。そんな作品に、全く協力しないなんて何を考えているのか
と思う。
そんなことでは、日本のプロ野球は、メジャーリーグのように、
国民的娯楽にはいつまでたってもなれないだろう。
このDVDが、少しでも多くの人に観られることにより、野球の面白さとはどういったところにあるかや映画の撮影に
対する理解度が広まることを望む。

今日はマジック1

久しぶりに見ました。なんたって今日マジック1。一足先に優勝気分を
あじわいました。いろんな評価がありますが、ミスター・ルーキーは最
高のファンタジーです。
正直言って、阪神ファン以外にはつまらない映画だと思いますが、オイ
ラには2002年のベストヒット!! 今日は不覚にも泣いてしまいました...

優勝や!優勝や!優勝や!

とにかく、阪神タイガースの優勝シーンは最高でっせ!
ホンマに、阪神甲子園球場の美しさ!
阪神タイガースの面白さ!
シビレまっせええええええ!

とにかく楽しめました

本当におもしろかった。
とうていあり得ない荒唐無稽なストーリーと展開でしたが、巨人ファンの私でもとても楽しく見ることができました。
長嶋一茂も以前テレビドラマに医師の役どころで出ていたときよりは演技が上達していました。
鶴田真由演ずる妻にミスター・ルーキーであることを看破されるところは、夫婦の愛情の機微を表現しているのでしょうね。
このようなスポーツ娯楽の映画が今までに少なかっただけに、これからの邦画に期待します。

阪神の優勝なんてありえないと当時思ってみていましたが・・・

 中日ファンの私としてはこれは当時ありえないと思っていました。「映画の中だけでも夢見させてあげよう」と半分同情の感情も自分にはありました。(阪神ファンの方スイマセン)でもまさかその阪神がこの映画が公開されてから去年までで2回もリーグ優勝すると夢にも思っていませんでした。
 作品としては面白かったです。ストーリーにも波があってよかったと思います。そしてやはりこの当時は考えられなっかったことだからこそ面白かったのだと思います。いま似たような作品を公開したら面白くないと思います。

絶対、阪神ファンならお勧め

星野監督が試写会で「藪がこんなに嬉しそうな顔をしたのを見たこと無い」と話しており、実際に阪神ファンには痛快な内容でした。
作品の内容はもちろんですが、お勧めはメイキングです。
エキストラで参加する観客の熱気と藪、檜山、矢野、八木のコメントは必見です。
この映画をみてから、長嶋一茂さんの評価が自分のなかで急上昇したのは言うまでもありませんね^^

一茂主演の映画、俺は又見たいんだよ! 

スポーツコメンテータやら、タレント活動、巨人軍関係の仕事。
それもいいけど1ヶ月丸々スケジュール明けて主役演じてくれよ。
そう叫ぶほどこの映画はいい。(監督の力量かもしれないが)。
ミスター巨人の長男が、タイガース救世主を演じていいのか?
それをタイガースファンは許すのか?
とか、見る前は色々思ってたが、そんなんは小さい事だった。
ミスタールーキーは、等身大のヒーローなのである。
表ではスーパーヒーローだが、裏では情けない男なのだ。
虚実光影の交錯、そしてそれは周囲が過剰に感じてること。
これが、一茂の背負ってるイメージとピッタリなのである。
折角、日本最高峰の舞台で野球が出来るのに、前向きでないのが嫌だ
というレビュアーの方がいますが、前向きならば作品が崩壊してしまうと思うのです。嫌々なふりして実は大好き、でも自信ないからヤル気ないフリしてるだけ、でも潜在能力はあって監督は見抜いてる。
そういう設定な訳ですから…あと、付け加えるとしては別段、阪神でなくて巨人でも作品は出来てたと思う。関西から上京してきた家庭にすれば、家庭方面も齟齬無く描けるし…エンディングも六甲颪なんぞ流れて、タイガースファンの為の作品に一見見えるが、それは重要な要素ではなく、日本野球が好きな人なら、まず楽しめる。

お父さんは今日もがんばってます。

阪神タイガースを題材にするという企画は良かった。長嶋一茂を起用したのは、シャレだし、話題作りとしても良かったと思う。過去に、ヤクルトや中日を題材にしたものもあったが、「阪神」ということで、阪神ファン以外の方でも、「きっとアホらしい面白さがあるに違いない」という期待があったと思うが、結果的にイマイチだった。
役者では、橋爪功、宅麻伸は良かったが、竹中直人は空回り。もう少し関西ゆかりの役者を使った方が良かったと思う。バース登場が最大のサービス。試合のシーンでは、折角、甲子園に満員の観客を入れているのにカメラが同じ角度ばかり、もったいない。野球っていうよりも、サラリーマン家庭のドラマ的要素を重視しているようなのだが、もう少しコメディにした方が良かったと思う。

面白かったよ!

とにかく、これが公開された翌年に本当に我らがタイガースが優勝してしまったんだから凄い。
かつてメジャーリーグが公開され、インディアンズが本当に現実世界でも、まるで生まれ変わったように強くなり、リーグ優勝をかっさらった
事とだぶちまったよ。
とにかくこの映画、シンプルなスポ魂娯楽映画を手抜きなく、丁寧に、
しかも結構お金かけてつくってるところに監督の器量が見えて、
ほんと面白かった。
長嶋一茂が主役ってのも、ちょっと因縁めいててグッド。
演技も大分上達してて、俳優らしくなってたし、彼のどこか頼りないキャラクターもよく出ていて好感が持てました。
桧山や藪、広沢に八木なんていう現役の選手を本当に使ってるあたりも
なかなか面白かったし、彼らこれで今年!の胴上げの予行演習していたみたいに、今となっては映るのが、阪神ファンとしては感無量!
気になるのは、巨人だけが球団の実名を貸してくれなかった事。
ホントけちくさいなあ・・・球団の盟主なんでしょ?自称だけど・・。
まあ、とにかくスケールもあって、単純に楽しめる映画です。
スポーツ系はこうでなくちゃ!

見所はありますが。

ストーリーは初めの10分ですべてわかってしまいます。ただし本物のプロ野球選手が出ていること、ビックリゲストが出ていること、球場のシーンがよく出来ていること、など見所はあります。あのたどたどしくうそ臭い解説には笑いました。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ミスター・ベースボール [DVD]
出口のない海 [DVD]

岩佐美咲 彩輝なお 小池唯 渋谷琴乃 相沢なほこ 岩本千春 長谷川真弓 misono 南條玲子 大西結花 ANZA 本山可久子 石原初音 梨里杏 奈津子 小西真奈美 木匠マユリ 中井貴惠 市川美織 坂本スミ子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ