ときめきに死す [DVD]

ときめきに死す [DVD]

ときめきに死す [DVD]

DVD
監督:森田芳光
出演:沢田研二
出演:樋口可南子
出演:杉浦直樹
メーカー:パイオニアLDC
発売日:2001-11-22

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

ときめきに死す [DVD]

謎の組織の指令を受けた寡黙な暗殺者・工藤(沢田研二)が、北海道にある海辺の別荘にやって来る。そこには、工藤の身の回りの世話を焼くために雇われた自称歌舞伎町の医者・大倉(杉浦直樹)がいた。黙々と体力作りのためのトレーニングに励む工藤。やがて組織からの指令で若いコンパニオン・梢(樋口可南子)が現れ、 3人の奇妙な共同生活が始まる。ある日大倉は、勢力を急速に伸ばしつつある新宗教の会長がこの町にやって来ることを知る。暗殺の瞬間が刻々と迫り…。<br> 清涼感あふれる映像と、静かな雰囲気が支配する森田芳光監督作品。この前年『家族ゲーム』で映画賞を受賞した森田は、丸山健二の原作小説を大幅に改変し、独自の世界を作り上げて行った。終始静かで、時にトリッキーな動きを見せる前田米造の撮影と、北海道ロケが絶大な効果を上げている。暗殺を行うプロセスがクライマックスなのではなく、そこに至るまでの工藤たちの木訥としたコミュニケーションこそが本作の最大の見どころに違いない。(斉藤守彦)

結構カルト的、でもはまる

オウムがおきたときこの映画を思い出した人はいなかったろうか?海辺の町で、湧き出る白装束の男達女達。不気味ですね。
太陽を盗んだ男のときよりも、沢田研二が寡黙になって、より内向的。暗殺者の日常はこんなものかも、と結構怖かったりする。今見ると、ファミコンの出はじめのような、コンピュータ画面だけど、音楽と走る車をなめるようなカメラワークが絶妙。森田さんは、目が透明なのだ、と思う。
奇妙な感覚の中で、ぷかぷか浮かんでいるような、不安定な気持ちになる。サスペンスあり、それを支える細かな描写あり。ラストが、ははーん、これだったのかい、と納得させられますよ。夜中に、電気消して見たい映画のひとつ。

森田の最高傑作

この映画は公開当時は人が入らず 「家族ゲーム」に比べて評論家の批評でも余り良く言われなかった。森田だけが「この映画は 例えば俳優座シネマテンあたりで週に一回レイトショーで上映してほしいタイプ。見直しが効く映画です」と言っていた。20年を経て 森田が慧眼であったことには驚く。
この映画が今日尚 ラディカルなのは 映画のテーマが「涼しさ」という皮膚感に集中している点である。いままでそんなテーマを中心に据えた映画はなかったし これからもあるだろうか?確か大友克洋に「暑さ」がテーマの漫画があったが 小生の寡聞では 他の例はその程度しか思いつかない。それでは何が「涼しい」のか? 残念ながら観ていただくしかない。是非観て下さい。

北は涼しいですね・・・

新興宗教というようなものが社会の中に入り込んでそれなりに影響力を持っているという現実を、むかし観たときはほとんど知らなかったので、もっと幻想的な映画だと思ってた。
戦メリ風の音楽もいい。道南地方の涼しい空気もいい。
この映画を、まだ北野武監督になる前のビートたけしがかなり気に入ってたという。
山下敦弘監督の「リアリズムの宿」も、寂れた駅から始まるところとか、女がストーリーに割り込んでくるタイミング(なぜかどちらも釣をした後なのだ)など、お手本にしているのではないかと思われる。
「家族ゲーム」ほど話題にならなかったが、何気に後世に影響を与える映画のような気がする。

後からじわじわ効いてくる

丸山健二は他の作品を読みましたが、その一冊がかなり難解で叙情的だったのを覚えています。
そんな作家の作品をどのように映像化するのか...
今(2009)観ても古臭さは感じさせません。
沢田研二は寡黙にて雄弁。
彼の内なる個性によくマッチしている役だなと感じました。
内向的な表情や動きがとても演技とは思えないほど自然です。
音楽における彼は憑依型ではなく効果を計算しつくすタイプに思えますから
これは演出でしょうがそれにしても大したものです。
沢田研二イコール暗殺者工藤の間になんの違和感もなかった。
北海道でなければ撮り得なかった...と監督の言葉にあるとうり
背景にあるものがきわめて解りにくいにもかかわらず
したたる緑と水のなかにいる三人の映像が感性に直接訴えかけます。
男ふたりの関係はとても微妙である意味セクシィです。
樋口可南子の透明感がそれを邪魔しないのがとてもいい。
ラストは鮮烈でしたが、ああそうきたか...と思わず納得しました。
巧妙な伏線。
観終わったあとのほうが存在感を感じる。
いつまでも工藤のあの無表情な残像ががちらつく秀作です。

後になっても。。。

 映画もビデオもたくさん観ていた学生の頃「もっと刺激的なのないかな〜」と思っていた時に手にしました。
 普通に再生すると会話が聞こえない。。。ボリュームをあげると効果音などがモノスゴイ音でいきなり出てくる
「なんだコレ?」(最初の感想)しかたなくヘッドホンをする。
ダラダラと続く日常を不思議な感覚で映し出す画面。「鈴木清順監督とは違うし〜」などと考えていたら、
「ほほー。そう終わるんだー」といつの間にかニヤニヤしておりました。
 しかもこの作品の不思議なところは、残るんですよ、後になっても。。。チラチラ思い出す。
本格的な俳優でもないのに画面の沢田研二は幽玄です。どんな演出をしたんだろ?色々考えてしまう。
 ちーっともハリウッド的では無いので、そういうのが観たい方にはオススメしません。
映像の可能性とかアングラ観たいな。という感覚が頭をもたげた時に思い出してください。
「森田監督スゴイな」とあらためて思った作品でした。自分は大好きです。

80年代日本映画の傑作!

良くも悪くも軽薄短小と言われた80年代。森田作品は取り分けその色が多ジャンルに及んで垣間見れながらも、他と一線を隔したのが「それから」。そしてこの作品において80年代作品の普遍性とはこういう作品のことをいうという見本ともいえる傑作を作り上げた。箱庭的にあらかじめ作られたシチュエーションの中でけしてユーモアを忘れず、ストイシズムと俗的なもののあからさまな対比、いかにも80年代的スタイリッシュな映像美と音楽。土着と信仰をこの時代の感覚で見事に作り上げているではないか。さしたる重みも、感情もなくまさしく軽薄な、肩透かしのような浮遊的感覚を漂いさせながらも、やはりこの作品は時代の社会性を十分表現した作品といえる。

新感覚派と呼ばれた邦画

森田芳光が、「家族ゲーム」と「それから」の間に監督した、沢田研二主演の映画(1984年)。こんな映画があったこと自体知らなかった。樋口可南子は、今の面影がほとんどまったくないくらい若い(当たり前か)。はっきり言って面白かったし、斬新。森田監督がこの頃新感覚派と呼ばれていたこともよく分かる。すごく効果的なカットの挿入方法とか、当時の邦画としてはああいうやり方はなかったと思う。うまく言えないが、映画自体が邦画独特の不自然さがないところもすごいと思う。

涼しすぎる人間存在

自分が設定した目的に向けて努力する。そして何がしかの成果を重ねていく。人間の営為を支えているこのような暗黙理の原理を、この作品は根底から揺さぶる。何者かによって依頼された「仕事」。登場人物の3人は、指示された準備に没頭しながら決行の日を待っている。だが彼らは「仕事」の全貌を最後まで知らされない。しかも彼らの生活は常時何者かによって監視されている。そして「予測されていた」あっけない幕切れ。このストーリーは、人間の存在を極度に不安にさせる。森田芳光が自ら語ったように「涼しい」作品だ。物語の始りと最後に画面一杯に映し出される道南地方の緑が、その涼しさをいっそう鮮烈に演出する。

前衛的…

すぎて私の感覚には全くマッチしませんでした。なんとなく「映画」と呼ぶには違う感覚の作品。
賛否両論ありそうな作品なのに、何故こんなにレビュー全て評価が良いのでしょうか?
正直言うと、才能のある芸術系学生が作った映画という印象。原石と言えば原石だけど。。
映画「タクシードライバー」が合わない人にはこの映画も合わないと思います。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

NIKKATSU COLLECTION 炎の肖像 [DVD]
太陽を盗んだ男 [DVD]
【Amazon.co.jp限定】青春の蹉跌 <東宝 DVD 名作セレクション>(オリジナルミニポスター付<劇場公開時ポスター絵柄>)
大阪物語 [DVD]
魔界転生 [DVD]
沢田研二と阿久悠、その時代
1974 One Step Festival
カタクリ家の幸福 [DVD]
沢田研二 in 夜のヒットスタジオ [DVD]
沢田研二大研究

河西智美 松田暎子 岡田茉莉子 岩本千春 三條美紀 小松千春 堀ちえみ 草村礼子 中村美代子 角ゆり子 田名部生来 和音美桜 松本莉緒 春川ますみ 外岡えりか 花柳幻舟 水原まき 平松可奈子 早乙女愛 石井めぐみ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ