フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) [DVD]

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) [DVD]

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) [DVD]

DVD
監督:本多猪四郎
出演:ニック・アダムス
出演:水野久美
出演:高島忠夫
メーカー:東宝
発売日:2001-10-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) [DVD]

東宝が米ベネディクト・プロと共同製作した日米合作映画。メアリー・シェリーが創造したフランケンシュタインのモンスターと、我が国特撮映画の象徴とも言うべきぬいぐるみ怪獣を対決させるという大胆な発想を、優れた特撮技術によって成功させている。<br> 第二次大戦中、ドイツで開発され日本軍に渡されたフランケンシュタインの心臓だが、戦後15年を経てもなお生命力を保持しており、ホームレスの子どもとして日本に姿を現す。やがて人間の4倍の大きさに成長したフランケンシュタインは、方地底より出現した怪獣バラゴンと激しい戦いを繰り広げる。<br> ずんぐりむっくりの体格とは裏腹に、身軽な攻撃でフランケンシュタインを翻弄する地底怪獣バラゴンは、正統派地球怪獣として人気が高く、この後「怪獣総進撃」(1968)に続いて「ゴジラ・モスラ・キングギドラ/大怪獣総攻撃」(2001)で33年ぶりに復活。ファンを狂喜させた。フランケンシュタインはぬいぐるみを使用せず、俳優(古畑弘二、中尾純夫)にメイクアップを施すという方法が用いられた。また海外バージョンは、フランケンシュタインと大ダコが戦うシーンが加えられている。(斉藤守彦)

深いよ、深い。

後の名作「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の序章、前編ともいえるこれも名作。
フランケンシュタインの造作は「サンダ対ガイラ」のような“怪獣” ではなく、死人のパーツを集めてつくられたというまさにフランケンシュタイン。あくまで怪物扱いする大衆に対し、彼を預かり育て“人間”として扱い彼を信じる水野久美ら研究所員の愛情と葛藤。そして元々は人間であるフランケンシュタインのもつ“人間らしい”心。背景に第二次世界大戦があり、フランケンシュタインそのものも戦争孤児として発見されていることも含めて本多猪四郎らしいメッセージ性の強い「人間としての」ドラマが描き出されている。
特撮部分もこれまた迫力十分で、中途半端にでかく育ったフランケンシュタインが研究所から逃走し街をうろつくシーンは、決して人を殺したり街を破壊するわけではないが、かえってでかすぎないだけにリアルで怖い。バラゴンとの格闘シーンは“怪獣対怪獣”ではなく“人型巨大変身ヒーロー対怪獣”的でこれが後のウルトラマンシリーズにもつながったのではないかとも思える出色の出来。特撮ファンならぜひ見ておくべき作品でしょう。
やはりエンディングは多少強引(海外版はとくに)ですがお約束ですから気にしないように。

全ては水野久美の為に

不死の兵士を作ろうと戦時中にドイツから広島に輸送された、フランケンシュタインの心臓。しかしその試みは原爆投下によって消えた……はずだったが、不死の生命・フランケンシュタインは成長して生き延びていたのだ! 野生の戦争孤児として成長していたフランケンシュタインは水野久美らによって育てられるが、次第に巨大化。人間社会を追われたフランケンシュタインは、彼を探しに来た水野久美に襲いかかる地底怪獣バラゴンと対決する!
限りなく人間形態に近い生物・フランケンシュタインとぬいぐるみ怪獣という、変則的特撮映画。後半の動きの激しい格闘戦も見物ですが、生まれて親もなく一人で育ち、ようやく保護してくれた水野久美との疑似親子生活も自身の持つ身体能力によって失わなければならないフランケンシュタインの悲壮さが光ります。
製作当時は戦争孤児や浮浪児がリアルな存在であった事を考えれば、実にその時代を反映した映画だったともいえます。

「国内版」は二種類あるはずだが・・・

オーディオコメンタリーでは国内版は「バラゴンを持ち上げない」バージョンしかない事になっている。
しかし、かつて関西方面で特撮映画上映会に足繁く通った皆さんならご存知のように、国内劇場公開用プリントには、フランケンシュタインの怪物が「バラゴンを持ち上げたまま」ラストを迎えるヴァージョンも、確かに存在した。(例:尼崎東宝では「持ち上げたまま」ヴァージョン、大阪・新世界では「持ち上げない」ヴァージョン)
どうなっているのだろう。
その点がどうにも引っかかったままなので、星1つ減点。
原爆投下前の廣島を再現したマット合成の美しさを再認識するほど画質がよく、従来ソフトを所有していた方にも買い替えを勧めたいDVDであることは間違いない。

恐怖の人体改造

ドイツが開発した心臓を潜水艦で日本に輸送するところから話が始まります。まるでショッカーですね。心臓を移植された人間は不死身の身体になります。このコンセプトは秀逸です。地底怪獣のバラゴンは余計でした。主役はあくまでもフランケンシュタインです。最後にオオダコが出てくるバージョンがあります。荒唐無稽ですが海外では悪魔の使いとしてのタコに人気があります。しかたなくオオダコを出したのですが日本では不評でした。

ファンも多い作品。なるほど一見の価値ありですね !


怪獣ものと侮ってはいけません。とにかくシナリオが最高! 内容は SF・ミステリーで、とにかくよく書けてる。
オープニングから目が釘付けでした。(ちょっと誉めすぎ・・・)
聞くところによると、東宝特撮作品の中でも評価が高く ファンも多い作品だそうです。
なるほど、見れば納得させられます。一見の価値ありですね !
しかし一つ残念なのは、ラスト!
フランケンシュタインがこの後どうなっていくのか、すごく興味があったのに、全部大ダコに持って行かれてしまいました。(^^;....
たぶん、姿を消してしまった方が まとめ易かったんでしょうけど、途中で話を寸断されたかっこうで、後味が悪かった。

ウルトラマンに先駆けた「巨人対大怪獣!」和製ホラー映画であり、「初の日米合作怪獣映画」。

東宝特撮怪獣映画の決定版にして、カルト映画!!超お勧めです!
大人向けホラーモンスター映画で『初の日米合作怪獣映画』です。
ゴジラシリーズが子供向けになっていったのを受けて、
もうひとつの路線として、大人向けのリアルな怪奇怪獣映画として創造されました。
黄色く光る一本角、意外やジャンプする身の軽さ、元祖怪獣スーツアクターである
ゴジラの中島春雄の演技により命を吹き込まれ、動物的な魅力に満ちています。
対するフランケンシュタインも生身の役者が、そのまま怖い特殊メイクで演じ、
ダイナミックな格闘を演じます。
ここにウルトラマンに先駆けて、「巨人対大怪獣」の対決が実現!
ゴジラとかよりも怪獣の身長が半分以下と低いため、その分ミニチュアが
大きくなったので精巧でリアルです。
団地やパトカー、湖の遊覧船など、ミニチュア技術の芸術品です。
俳優さんでは、いつもと違ってシリアスな高島忠夫、変わらぬ美しさで優しい水野久美、
なぜかバラゴンにもフランケンシュタインにも偶然遭遇してしまう土屋嘉男
(しかも秋田からわざわざ出てくる、ご本人同様怪奇現象好き。)、
他にも東宝特撮映画の常連組の方々の出演も見もの。
また、海外輸出のウケを考え、「怪獣大戦争」のニック・アダムス(声は銭形警部の人)ら
外国人俳優が出演し、ホラーテイストを盛り上げています。
そのまま再生すると大ダコが登場する海外版エンディング(大ダコの、ぬめり感がリアル)で、
私が最初テレビで観たのもこちら。
メニューで選ぶと、劇場公開版が見れます。
予告編(吹き替え前のアダムスの英語が聞ける)、未公開映像(フランケンが自動車を
投げる、穴に落ちた戦車から自衛官の人形が抜け出そうと動く、など)も必見です。

◆単品で発売されるか?3バージョン収録版

2007年6月に「フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)」の
3バージョン収録2枚組DVDが全米発売になる。
1枚目は1966年全米公開バージョン約85分 MONO&5.1ch収録英語音声版
(後のUPAテレビ編集版ではない)
2枚目は1965年日本公開バージョン約90分 MONO&5.1ch収録と
93分の大タコ・バージョン MONO&5.1ch収録 が個別に楽しめます。
近年のアメリカでの日本怪獣研究は充実してきており
アーカイブ発掘にも熱心である。
悪評高い「BOXの特典」だけでなく、単品でも入手できるように
日本の東宝も見習って欲しい。

怪物の悲劇

この物語のラストは、怪物がタコのエサになる悲劇のラストでしたが、当時のラストは岩が、火でくずれ怪物が死ぬというラストです。でも、悲劇は悲劇です。

思い出

子供の頃、観終わった後怖くて怖くて飛んで帰った記憶が有ります。リアルタイムで観てその興奮がよみがえってきます。海外公開バージョン版として大ダコとの格闘シーンもある米ベネディクトプロ提携作品です。

怪物の悲劇

この物語のラストは、怪物がタコのエサになる悲劇のラストでしたが、当時のラストは岩が、火でくずれ怪物が死ぬというラストです。でも、悲劇は悲劇です。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) オリジナル・サウンドトラック
フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ [東宝DVD名作セレクション]
GODZILLA [DVD]
トゥモロー・ネバー・ダイ (アルティメット・エディション) [DVD]

岩本千春 角ゆり子 青木まゆこ RIKACO 岸旗江 矢島悠子 足助美岐子 三倉佳奈 紺野美沙子 熊本野映 平子エミリ 伊藤美由紀 高瀬春奈 勝村美香 黒木瞳 藍とも子 狩野裕香 桃瀬美咲 松尾翠 長内美那子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ