バトル・ロワイアル [DVD]

バトル・ロワイアル [DVD]

バトル・ロワイアル [DVD]

DVD
監督:深作欣二
出演:藤原竜也
出演:前田亜季
出演:山本太郎
出演:栗山千明
出演:塚本高史
メーカー:東映ビデオ
発売日:2001-09-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

バトル・ロワイアル [DVD]

大人の自信を取り戻すため可決された新世紀教育改革法「BR法」それは、全国の中学3年生から選ばれた1クラスの生徒たちを無人島に集め、最後のひとりになるまで殺し合いをさせる残酷なサバイバルゲームだった。 <p>ある日突然、42人の生徒に強制される殺し合い。歯向かえば容赦なく消され、おびえ怒りながらも与えられた武器を手に、自分たちの命をかけた殺戮(さつりく)ゲームの幕を切る。初めて味わう死と隣り合わせの極限状態で、夢、希望、願い、友情…さまざまな自分の思いと向き合いながら武器を抱えて走る彼らの姿に、凝縮された青春像が垣間見れる。 <p>また、ビートたけし演じる中年教師をとおして居場所のなくなった大人の憤りと寂しさも十分に伝わってくる。情けない嫌われ者教師からヒトラーさながらの冷徹殺人司令官、そしてラストに本当の心情を見せる中年男への変化をビートたけしが圧倒的な存在感で演じているのも必見。(中山恵子)

違う魅力

最初観たときは、原作の方がおもしろいとか、やっぱ2時間であの小説を収めるのは無理があったんだと思っていたんですが、なんか観れば観るほどこの映画がおもしろく感じてきました。映画にもいいシーンはたくさんあり、生徒が一人死ぬ度に悲しくもなりました。それは、きっと観る人に一番感じ取ってほしいことが、ちゃんと伝わったからだと思います。
だから、一回だけしか観てなくてつまんないと思ってる人は何回か観ていく内にこの映画のおもしろさが分かると思います。

もう少し一人一人について表現して欲しかった。

映画の予告編を見ておもしろそうだと思い、原作を読んでから見ました。原作では本当に生徒一人一人の事を詳しく書いてあるけど、映画ではかなり省略されていたのが残念だった。ただの殺し合いではなくそういった背景がとてもよかったと感じただけに正直がっかりしたが映像化するとなると時間的なことなど仕方ないのかなとも思う。私にはなかなかいいキャスティングだった。原作を読んでいれば見ただけですぐ誰が誰の役かはすぐにわかったので。見て見ると何かを考えさせられると思う。

近代日本の歪みを示唆

『仁義なき戦い』の故・深作欣二監督が同名小説を映画化したのが本作。
作品設定はやや過激で妄想じみた印象があるものの、
近代日本の危うさと追い詰められた人間の恐ろしさが随所に散りばめられています。
徹底したスパルタ教育ながら、キャストを思いやる力強さに満ちた深作監督の
過剰で大胆、観るものを虜にする卓越した演出技法が唸ります。
子ども達同士が潰し合いをするという過激バイオレンス描写ばかりが注目されがちですが、
制御室へのハッキング、過去のプログラム戦争の生き残りを当て馬として投入したりと
箱庭での戦略性に満ちたシナリオ描写と怒涛の展開は見事としかいいようがありません。
 少年犯罪が乱発する昨今、子どもの粛清のために儲けられた
 BR法規定に基づき、無人島にて生き残り戦争をさせられる中学生達。
 楽しい修学旅行のはずが、一変して絶望の地獄絵図に。
 期限は3日間。脱出不可能。首につけられた解除不可の
 小型爆弾の起爆可能な立ち入り禁止が次々と広がり、彼らはただ追い詰められるだけ。
 ある者は悲観し、
 ある者はみんなの協力を仰ぎ、
 ある者達は協力しあって建物に篭城するが・・・?
 『BR法』とは子どもを恐れた大人達の歪んだ妄想の虚像なのか。
 最後の一人になるまで3日間の歪んだ箱庭戦争は終わらない。
子ども達による暴力描写が嫌な方は視聴を回避するべきでしょう。(ということで減点-1)
いや、それこそがこの作品のテーマだと思います。
短絡的な犯罪を持って反語とし、人を害する大罪そのものを強く批判しています。
願わくばこの作品を観た方が「嫌な」気分となることを・・・。

まさに仁義無き戦い。

多くのメディアミックスものと同じ様に、原作を越えてはいません。
いやむしろ小説を越える作品を映画で作る事なんて不可能なのかもしれない。
映画と原作の大きな違いは、土俵となる国だ。
映画はリアリティを追求したのかわからないが、とにかく
あまり時代が離れては居ないがまぎれもなくこの国・日本である。
今生きている私達と同じ様に毎朝起き、学校へ行く、そんな中学生だ。
しかし原作は違う。国の名前も違い、首相も違い、価値観も少し違う。
米国の文化は禁止で、音楽....ロックなんて聴いたら有罪だ。
徹底した鎖国主義。個人的な意見だが、
設定のベースは北のあの国では無いかと思ったぐらいだ。
頭に入れていい文化は国のトップが判断し、国民に与える。
トップの命令は絶対であり、たとえそれが殺人ゲームだとしても
わが子が選ばれようと逆らえば親とて軍人に殺されてしまう。
はて、映画の設定を日本にした事は正しかったのだろうか?
確かに、「もしも」こんな法律が出来たら怖い。
が、すこし頭が回る人間なら「できるわけないだろう」とハナから
馬鹿にしてかかってしまうし、逆にリアリティに欠ける。
そこんトコをのぞけば、私はこの映画が好きだ。
キャラは魅力的だし、戦闘シーンは深作監督だけあって
まさに仁義無き戦いだし、ギリギリの崖っぶちで芽生える友情や愛情も
興味深い。
もしかしたら、監督が一番に表現したかったのはそこなのかもしれない。
国や条例の設定なんたらより、
生死ギリギリの精神状態でおこる心の擦れ違いや葛藤、
新たな友情、恋、誰かを守って死ぬという究極の愛情。
たった何日感の間、必死に生き、そして殺し合った中学生の青春映画。
まさに死力を尽くしてこの作品を作り上げた監督に心から追悼の意を捧げる。

設定は面白い

無人島に中学生を閉じ込めて、友達を殺して、自分一人が生き残るか
イヤなら自殺するしかないというカセが極限状態での人間を
描き出すのにとてもシンプルで面白いカセだと思った。
けれども主に良かったのは冒頭くらいで、後半はアクション映画色が
強く、例えば山本太郎と安藤政信の対決シーンなど
もう少し描き方があったのではと思う。活劇的な
エンターテイメントタッチではなく、もっとリアルに
生々しく描けば相当な力を持った作品になったのではないかと思う。

40人にも及ぶ殺し合いの描写が2時間の尺に収まるわけがないんですよ

小説とは違い、巧みな心理描写もなく、
2時間という縛りのためか十分な演出もできないので
淡々と人が殺されていく映画になってしまったようですね。
急展開のオンパレードなのでおいてけぼりくらうこと間違いなしでしょう。

世間で噂される程、残酷な映画ではない。

殺しあいをしてもらいます。という、副題からイメージされる程残虐な内容ではないと思います。 ただ、原作が長篇小説なので、映画の中にまとめきれていないので、わけわからん、と思う人もいると おもう。配役はイメージに合っていて、よいですね。
個人的にはバトルロワイヤルのお話は好きな話なので、おもしろいと、おもいますが、本を読んでしまった人には物足りない気持ちになる映画です。

駆け足すぎる気が……

あのブ厚い原作を2時間に収めようってのがどだい無理な話ですよと言ってしまえばそれまでですが。
私は事前に小説を読んでいたので問題なかったのですが、
予備知識のない方が映画をいきなり見ると少々つらいかと思います。
メインキャラ以外の話がおざなりになってる感は否めないので。
放映当時、私はまだ中学生で、当然ながらこの映画を見に行くことはなく、世間や親が騒いでいたのを見て
「物騒な映画があるんだなぁ」くらいにしか感じていませんでした。
しかし今になってこの作品に触れる機会を持ち、実際に触れ、抱いた感想はといえば、
「そんなに騒ぐほどのものでもない」でした。
R15の必要性もいまいちよくわかりません。
その辺の洋画の方がよっぽど銃火器ぶっぱなしてますよ。
この作品に当時いい顔をしなかった人々は、この作品の『残酷描写』に目が行きすぎているのではないかと。
で、実際、心臓に自信のない方は見られないかと言うと、そんなこともありません。
基本的に銃撃戦がメインで、目を背けたくなるような残酷描写は意外に少ない。
TVでやってる『~~洋画劇場』が見れるなら充分です。
唯一きつかったのは、江藤恵の『レモンとサーモンのマリネ』のシーンくらいでしょうか。
で、肝心の内容ですが、先程述べたとおり、展開が早い。
あと気になったのは、三村チームの話ですかね。
原作と映画で全く違ってましたが(まぁ、全滅するってのは同じなんですけど)、あれは変える必要があったのでしょうか。
あれじゃ三村が間抜けすぎやしませんか?
結論としては、見るなら原作に目を通すのは必須。
でも、原作至上主義の方にはお勧めできませんね……
原作を読んで、『ほどよく』楽しめた方なら、こちらもそこそこに楽しめるんじゃないでしょうか。

たけしの圧倒的存在感

これは原作とちょっと異なっている。原作の坂持金発は完全な悪役キャラだが、映画でのこの役は北野たけし演ずる教師北野ということになっており、映画が原作に上回るのはまさにこの北野という人物の抱える複雑なキャラクターによるところが大きい。北野は要するに疎外された大人である。娘からは「おじさん」と呼ばれ、生徒からは総すかんを食らっている。居場所を失い自己喪失した北野は、生徒全員を道ずれに自分も死のうと、生徒を殺し合いへと駆り立てる。ようするにニーチェのいう「ルサンチマン」である。いつの世の中も若者を戦争に駆り立てるのは大人である。さる思想家は「戦争とは他国の軍隊を使って自国民を殺させることである」と述べたが、戦争とは多分にルサンチマンのなせる業なのである。そのような恨みに駆られた大人を乗り越えること。最後のシーンで北野が「撃たなきゃ撃っちゃうよ」と秋也と典子に迫るシーンに込められたメッセージはそれであり、この部分の印象は全く持って強烈だ。
 現実世界を見ると、昨今の大人はやはり子どもを戦いに駆り立てたがっているかのように見える。若者に問いたい。あなたがたはどうするつもりなのか。成人式で暴れたり、親父狩りをやっている場合ではないぞ。
 

人間なんてなんでもする。

この映画を観て、ゴールディングの「蝿の王」を思い出した。
「十五少年漂流記の地獄版」と評された小説だ。
暴言だと思うが、深作欣二という人はたぶん、
「命の大切さ」を詠おうなどと考えていない。
極限状況におかれること。
誰かを潰さねば自分が助からないこと。
そんな状況におかれれば、人は何だってする。
僕自身も同じ認識だ。
そのどす黒さが描きたかったのではないか。
灯台にこもった女の子達が疑心暗鬼から銃を乱射するシーンは、
目に焼きついて離れない。本当に辛かった。
監督の問題意識は「命」より、
「今」の『閉塞感打破に希望を見出したい』という、
切望なのではないか。
なぜなら打破なき限り、前述の通り、人間は何だってするのだ。
登場人物の中学生たちがおかれた状況は、次第に米国化
してゆく今の日本の閉塞感と通低している気がする。
『希望?未来?馬鹿馬鹿しい。
強いものが弱いものを叩き潰して、儲かりさえすればよい』
という市場万能のロジック。
デフレスパイラルの今、アメリカ式の業績がすべての
仕組みが流れ込んで来ているが、米国でそのシステムが、
敗れた人間の精神をどれだけ病ませているのか、
どれだけの自殺者を生み出しているかは、決して語られない。
同時に勝者もギリギリの精神状態で安定剤を頓服しながら、
なんとか生きているのが散見される事実なのだ。
そもそも、エスタブリッシュに属する人間のほとんどが
仕事のプレッシャーからカウンセリングや精神科医に
かかることが常態となっている社会など、
けっしてまっとうとは言えない。
私はある日本系のIT企業で人事に従事しているが、
今の日本のビジネスマンのメンタルヘルスも、
最悪の状況だ。多く大企業で日々起こる
自殺の事実は、決して、公にされない。
エンドに流れるドラゴン・アッシュの曲が静かな再生の
時間を与えてくれる。
僕はこの「希望」と「再生」を願いたい。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) 通常版 [DVD]
バトル・ロワイアル II 特別篇 REVENGE [DVD]
バトル・ロワイアルII 【特別篇】 REVENGE [DVD]
あずみ スタンダード・エディション [DVD]
バトル・ロワイアル 下 幻冬舎文庫 た 18-2
バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1
あずみ 2 [DVD]
凶気の桜 [DVD]
悪の教典 DVD スタンダード・エディション
あの夏、いちばん静かな海。 [DVD]

田中真理 大坂のどか あべ静江 松坂慶子 山東昭子 南果歩 越智静香 横山リエ 広瀬すず 夏目雅子 吉井由紀 田川惠理 ジュディ・オング すみれこ 松本永倫子 秋本祐希 副島美咲 いしだあゆみ うつみ宮土理 和泉雅子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ