いつかギラギラする日 [DVD]

いつかギラギラする日 [DVD]

いつかギラギラする日 [DVD]

DVD
監督:深作欣二
出演:萩原健一
出演:木村一八
出演:荻野目慶子
出演:多岐川裕美
出演:石橋蓮司
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2001-06-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

いつかギラギラする日 [DVD]

1970年代のヤクザ映画傑作群から、時代劇や女性映画を経て、巨匠・深作欣二監督が久々に手掛けた現代アクション映画。<br> 中年の神崎(萩原健一)、井村(石橋蓮司)、柴(千葉真一)は、若者・角町(木村一八)から持ちかけられたホテル売上金強奪計画を実行するが、2億円入っているはずのケースの中には5000万円しか入ってなかった。錯乱した角町は井村を射殺して金を持って逃亡、柴の恋人・麻衣(荻野目慶子)と組んで自分の店をオープンさせようとする。怒りと執念に燃える神崎は、やがて警察やヤクザをも巻き込みながら若者たちに報復していく。<br> 二世代の対立を軸に、息をもつかせぬスピーディな演出で、もう若くはない男たちの挽歌を奏でる深作演出は俄然絶好調。真のプロフェッショナルによる日本映画ならではの快作活劇である。(的田也寸志)

深作アクションの最高峰

オープニングからしてすでに、ダサかっこいい。
とてもベタな演出が、一周回って、妙にかっこよく見える。
日本映画では珍しい、ストレートな娯楽アクション。
とにかくショーケンがやたらかっこいい。
裏切り者をひたすら追い詰める執念と、不死身っぷりがたまらない。
最後にはヤクザと警察を巻き込んでのカーチェイス・銃撃戦!
こちらの「こういうのが観たかった!」という思いを見事に汲んでくれる。
邦画でここまで気持ちのいい作品は滅多にない。
作品自体は星五つだが、片面一層で音質もいまいち。
ベタでダサかっこいいセリフとアクションが満載の作品だけに残念。
リマスター+5.1chのバージョンが出たら、喜んで買うのだが、、、。
バンダイビジュアルは、もっと気合の入った仕様で実写映画のDVDを作ってくれ。

世界に通用するバイオレンス活劇!

日本が世界に誇る深作欣ニ監督が久々に古巣に戻ってきたような作品。
名作「仁義なき戦い」で強烈なバイオレンスを放った深作監督が、この映画では、ギラギラとした中年のギャングを描いた。深作監督がこの時期求めたものなのだろうか?
中年ギャングには、萩原健一、石橋蓮司、千葉真一。この対立軸として若者のギャングを木村一八。この対立する年代を結びつける役を荻野目慶子。
アクションと横文字で表現するより、「活劇」と呼びたい。生きている限りはいつもギラギラと妖しい光を放っていたい、ということが主題にあるように思える。萩原健一演じるギャング(自らをそう呼ぶ)が、奪われた金をターミネーターさながらに追いかけてゆく。もう終わりか、と思うところから始まり、さらに続く執拗な描き方は見事。画面も様々な角度からの映像を組み合わせリアルな迫力を刻んでいる。さすが、と思わせる演出。
この映画で、荻野目慶子との関係が始まったと言われており、彼女の新境地も見物。世界に通用するアクションだと思う。
ハリウッドアクションがお好きな方にもお薦めできます。

ショーケン!

「傷だらけの天使」以来、本当にカッコイいショーケンが見れます!これほどの俳優が主演映画を連発出来ない、日本の映画文化はどっかおかしい。ショーケンがいなくなってから、黒澤明や松田優作のように日本映画界は悔やんでも遅い!早くショーケンの映画を作れ!

ショーケン、やっぱりカッコいい!!

しばらくぶりにこの映画を観てみました。
やっぱりショーケンはカッコいい!
昭和のクールなアクション映画の匂いがぷんぷんする男くさい映画です。
エンディングで流れるショーケンの
ライブヴァージョンの「ラストダンスを私に」がこれまた痺れる!
深作さんは亡くなってしまったけど、こういう映画また観たいものですよねぇ。
誰かいないんでしょうかね。

和製アクションの金字塔

数年前、何かと巷を賑わせた、あの『バトル・ロワイヤル』は皆さんの記憶に新しいだろう。あの『バトロワ』の監督こそ、『深作 欣二』その人である。しかし、私は『バトロワ』に対し、さほど満足感が得られなかったという事実が否めない。いや、おそらくそう感じたのは私だけではないはずだ。そして、私の場合この『いつかギラギラする日』の存在こそ『バトロワ』に対する不満の原因だったのである。(というよりバトロワは
原作のほうを薦める)
 内容を簡潔に述べると、プロの犯罪3人組へ新しい仕事の話が持ち込まれた。目指すは現金強奪2億円!完璧なまでの計画で4人の実行は確かに成功した。しかし!手にした現金は『5千万円』。目標の1/4だったのだ。現金5千万を巡って死闘の連続。
悪VS悪の結末は…そして5千万の行方は…?ハリウッドのアクション大作に洗脳された日本市民よ。頭を冷やせ。深作アクションこそが殺し合いであり、サバイバルだ。これはただのドンパチじゃないぞ。

音楽以外はカッコイイ

ショーケンが最高にカッコイイ。ストーリーも単純明快で◎。
シュールなタイトルも、脇役達(特に木村一八&荻野目慶子!)も
日本映画っぽくないクールさ。
そんな中、ただ一つ残念なのが音楽。劇伴にはもう少し気を使うべき
だったろうと思う。

しょうがないだろ、好きなんだから。

残念ながらこの映画の世間的な評価は、実はそんなに高くない。深作ファンの間でも、これは相対的にはそれほど買われていない部類の作品だ。そりゃ確かに、パーフェクトな映画じゃないだろうし、若い世代の描き方にリアリティーがなさすぎるというか、後年の『バトル・ロワイアル』の時ほど、若い連中に共感だとかそういったものを抱いてみようというような意志自体、あまり感じられない。しかし、それでも好きなんですよ、オレはやっぱりこの映画が。
何度も観ていると、ド派手なアクション・シーンばかりではなく、東映時代の諸作品を思わせる、美術の細かい部分へのこだわり(安岡力也の“靴屋”の中の仕掛けなど、日本の映画でここまでやっているとは…!)、ショーケンの仲間のうちで最も地味な石橋蓮司、ヤブ医者役の六平直政など、きわめて地味にそこにいる助演陣たちの仕事ぶりなど、後付けのツボがいくつも現われてくるところが、これまたたまらない。何よりこれは、70年代に次々に撮っていた頃とは違い、本当に久しぶりの現代アクション映画で、そんな中で「まだまだやれるぞ!」というところを見せてくれた一作、というところに値打ちがある。もしこれが当たっていれば、深作欣二のフィルモグラフィーの90年代の項には、もっとさまざまな作品名が綴られていたのかもしれない……。
なお、この映画はJUDY AND MARY結成のきっかけを作った作品としても知られている。ここで比較的大きくフィーチャーされているバンド、ジャクスン・ジョーカー―現在は解散。劇中、全員セリフあり―の一員だった恩田快人が、エキストラとしてロケに参加していたYUKIと出会ったことが、その起点。そのバンドの劇中での演奏曲は、エンディングを飾るショーケンの「ラストダンスは私に」と共に、サントラ盤でも聴くことができる。

男臭い犯罪ドラマの秀作

 いつのまにか日本映画の巨匠になってしまい文芸大作なんかも撮るようになってしまった深作監督のひさびさの純粋なアクション映画。迫力ある演出も見ものだったが、キャストが良かった。ショーケンに千葉真一、石橋蓮司、木村一八、原田芳雄などが犯罪、裏切り、復讐を繰り広げる男臭いドラマで、ショーケンが特に良かった。唯一の欠点は荻野目慶子で、オーバーアクトで完全に浮いており、彼女の登場するシーンだけ空気が変わってしまい違和感が強い。もう少しで大傑作になりえた惜しい作品。

かっこいい!!

ショーケン最高です。この作品を最後に今に至るまで所謂かっこいい萩原健一が見られないのが残念です。海外でのリメイクにも十分耐えうる作品だと思います。むしろハリウッドでのリメイクが見たいです。

深作〜!どうしちゃったの?

狼と豚と人間でドギモを抜かれ仁義で泣き仁義の墓場で素晴らしいカタルシスを味あわせてくれた尊敬する深作欣二。この作品を観た時あまりの無残な映像に我が目を疑いました…。哀しかった…。仁義の墓場と同じ監督の写真とは到底考えられず(写楽の大首絵とその後の作品と同じパターン)、ショックでただただ唖然とするばかり…。この瞬間深作欣二は私の中から消え去りました。哀しかった…ホントに。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

誘拐報道 [DVD]
早春 デジタル・リマスター版 [Blu-ray]
文学賞殺人事件 大いなる助走 ≪HDニューマスター版≫ [DVD]
あの頃映画 松竹DVDコレクション 約束
チ・ン・ピ・ラ HDリマスター版 [DVD]
あの頃映画 「GONIN」 [DVD]
エル ELLE [Blu-ray]
キングコング:髑髏島の巨神 [Blu-ray]
新感染 ファイナル・エクスプレス [Blu-ray]
JOKER厄病神 [DVD]

高田千尋 大山貴世 八木優希 愛華みれ 万里昌代 長谷部香苗 斉藤由貴 永田沙紀 竹井みどり 橘ゆかり 石田晴香 邑野未亜 大野真緒 北出菜穂 松本ちえこ 浅田美代子 立石凉子 手島優 筑波久子 清水富美加 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ