春琴抄 [DVD]

春琴抄 [DVD]

春琴抄 [DVD]

DVD
監督:西河克己
出演:山口百恵
出演:三浦友和
出演:中村竹弥
メーカー:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2000-10-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

春琴抄 [DVD]

明治のはじめ、大阪の菜種問屋の娘であり、9歳で失明したお琴と、ときに彼女のわがままに耐えながらも影となって献身的に仕えていく佐助。谷崎潤一郎による同名小説の5回目の映画化であり、倒錯的ともいえる2人の究極の純愛を、やはりコンビ5作目となる山口百恵&三浦友和が見事に演じきっている。 <br>百恵の感情をあらわにした「動」の演技と、三浦のひたむきな「静」の演技の対比の妙が見事だ。2人とは気心の知れた西河克己監督も、ここに至り、両者の役者としての成長を確信。耽美派の原作に沿いつつも、一方では若々しさを見失わない演出を施している。佐藤勝による美意識に満ちた音楽も、すばらしい効果をあげている。(的田也寸志)

こいさんと佐助

この映画の素晴らしさは何と言っても、山口百恵演ずるこいさんの凛とした美しさでしょう!
こいさんが発する冷たくも魅惑的な関西弁、始めから終わりまで一度も開かれる事のない眼は、佐助と同様、観客までも虜にしてしまうのです…
こいさんと佐助、二人の絆が高まっていく様子は、切なく、とてもとても美しい。

これはこれで、もう一つの「春琴抄」

原作ファン、若しくは谷口ファンには、いかにも大衆向けに話を美化しすぎていて、正直物足りない出来でしょう。
とはいえ、主演の2人の瑞々しい演技は好感が持てますし、映像は美しいです。映画全編から抑えたエロティシズムが漂い、原作とはまた別の見方で楽しめる出来にはなっていると思います。特に、山口百恵の艶やかな着物姿は一見の価値あり。春琴の神秘的な美しさもイメージ通りです。

山口百恵、三浦友和コンビの名作!

琴の名手春琴と下男佐助の禁断の愛を描く名作、5度の映画化で、山口百恵、三浦友和コンビの名作!
やっぱり、こうしてみると百恵ちゃんは雰囲気がありますね。痴人の愛もそうだけど、女にぞっこん尽す男性を描くことが多い谷崎文学ですが、張り詰めたエロチックな2人の関係性。もっともクローズドな関係性をどう表すか、期待して見ていました。が、どちらかというと爽やかな春琴抄というところでしょうか。2人のキャラクターがそうなのでしょうね。
着物はとっても豪華絢爛、派手な半襟と晴れ着に美しい帯、どの着物も晴れ着としてたいへん綺麗な着物でした。清楚な百恵ちゃんに良く似合っています。そういった意味で言えば、このような晴れ着の美しい映画をあまり見たことがないですね。
この映画結構古いものなのですね。脇の俳優さんたちが、みんな若くって、津川雅彦さんなんかも、とっても痩せていて驚いてしまいました。
三浦友和さんもたいへん若い!

原作には至らず

原作者、谷崎潤一郎本人がこの映画を鑑賞したならばどのような感想を抱くであろうか。
谷崎潤一郎といえば日本に映画が持ち込まれたころ、いち早く映画の芸術的可能性を見出した人物であり、映画の進歩に尽力してきたことで有名である。
彼の作品も映像を意識した作風のものが多く見受けられる。
陰影や空気感を文章の中に織り込むセンスたるや秀逸である。
春琴抄は個人的に谷崎作品のなかで細雪と並んで好きな作品であり、何度も何度も読み直した。
その原作と比べて本作品がどうであるかといえば、心からの賞賛はできない。
原作にある圧倒的な高貴さ、厳かさ、緊張感、洗練の極地のようなものが薄らいでいる。
それは大衆映画として製作したからには仕方ないのかもしれないが・・・。
作品自体はそれほど悪くはないのだが・・・。
山口百恵の配役は上手くいっていると思うし、ラストシーンには鬼気迫る力強さがある。
それでも原作のあまりの素晴らしさにはほど遠い。
是非原作を読んでいただきたい。
それから副事物的に鑑賞すればそれなりに楽しめる作品であると思う。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

絶唱 [DVD]
潮騒 [DVD]
伊豆の踊子 [DVD]
霧の旗 [DVD]
泥だらけの純情 [DVD]
ふりむけば愛 [DVD]
天使を誘惑 [DVD]
炎の舞 [DVD]
蒼い時 文庫編集部 (集英社文庫)
伝説から神話へ 日本武道館さよならコンサート・ライブ-完全オリジナル版- [DVD]

吉野公佳 槇ひろ子 藤本七海 佐河ゆい 亜希子 越智静香 近藤春菜 夏川純 仁科仁美 沢村貞子 伊藤咲子 音無真喜子 梅田智子 真屋順子 小泉今日子 甲斐麻美 久世星佳 渡辺麻友 角ゆり子 朝海ひかる 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ