白蛇抄 [VHS]

白蛇抄 [VHS]

Video
出演:小柳ルミ子
メーカー:東映ビデオ
発売日:1996-07-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

白蛇抄 [VHS]

京都で火事に遭い、夫を失った哀しみから滝に投身した女うた(小柳ルミ子)が、寺の住職(若山富三郎)に助けられ、やがて後妻となるが、その息子・昌夫(杉本哲太)もまた彼女の白蛇のごとき肉体のとりことなっていく…。 <br>水上勉の文芸小説を原作に『誘拐報道』で小柳ルミ子を女優として大成させた鬼才・伊藤俊也監督が、彼女を主演に据えて描きあげた文芸エロス作品。小柳は本作で初のヌードを披露するほど役に入れ込んで、さまざまな濡れ場をこなしながら成熟したヒロインの戸惑いや哀しみなどを熱演しており、そこに仙道敦子扮する寺に住む少女を対比させながら、女の性がより一層露に描出されていく。森田富士郎のキャメラによる、自然とエロティシズムを調和させた映像美も効果的。(的田也寸志)

子どもの心情がうまく表現されている作品

中村征夫氏が水中撮影をした作品と言うことで興味を持って購入しました。最初,全編通して早送りで見たためか,映画のストーリーや個々の場面の意味はよく分かりませんでした。体の関係を持ってから本当に相手を好きになるというのは,普遍的な真実だと思いますので,なかなかリアルな映画と言えるかも知れません。何人かの出演者の中でも少女役の人がとても真に迫る演技を見せてくれていると思います(この方も今はもう大人なのでしょうけれど)。肝心の中村氏が撮影したという水中映像の意味はなかなかわかりませんでした。刑事役の人が台詞で言っていることをよく聞かないと理解できません。芝居の要は台詞にあり,ということが痛感されます。逆に言えば,映像だけですべてを表すことはできないという事なのでしょう。音楽も必ず解説付きで紹介されることによって価値が高まるのはしかたのないことかも知れません。話は戻りますが,中村氏のことを書いた「半漁人伝」では,この作品の水中撮影について「多少暗いけれども,この露出でいくしかない」と思い切って撮影に臨まれたことが書かれていますが,その思いは十二分に画面から伝わってきます(中村氏は私と同郷なので・・・?)。それはともかく,人間は性の問題を超えられないのでしょうね。大脳髄質(本能,直感)より大脳皮質(知識)に振り回されている愚かな動物ですわな・・・。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

さくらん [DVD]

水野美紀 上原まり 佐藤友美 黛英里佳 原田夏希 木南晴夏 藤江リカ 渋谷桃子 小沢まゆ 渚まゆみ 上村香子 高見こころ 越智千恵子 水町レイコ 山本ひかる 渡辺友子 久保田直子 麻木久仁子 野村真美 金澤美穂 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ