東京日和 [DVD]

東京日和 [DVD]

東京日和 [DVD]

DVD
監督:竹中直人
出演:竹中直人
出演:中山美穂
出演:松たか子
メーカー:キングレコード
発売日:2000-04-19

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

東京日和 [DVD]

カメラマンの島津と、その妻ヨーコ。繊細であるがゆえに、時にエキセントリックな行動に走りがちなヨーコに翻弄されながらも、島津は彼女を愛し続けていく。写真家・荒木経惟のフォトエッセイを原作に、異能の才人・竹中直人が監督・主演したノスタルジックなヒューマン・ドラマ。 <p>東京の裏路地といった日常的場所を魅力的にとらえる撮影、また夫婦の住む部屋など、細部にまでこだわりきった美術や小道具、ささいな日常の音もにがさない録音、初めて映画音楽を担当する大貫妙子のささやかなメロディと音色の妙など、優れたスタッフワークにも支えられ、これが3本目の監督となった竹中演出も冴えわたる。ヨーコ役の中山美穂が、これまでにない大人の女性を熱演し、新境地を開拓しているのも特筆すべき点だろう。(的田也寸志)

「愛」と「生きる」ことへの賛歌

私にとって、近年もっとも心に焼きついた映画です。
なかなか説明しずらい映画で、見て感じていただくしかないといった感じなんですけど・・・(笑)
ある夫婦のお話で、ふたりの微妙な心の様子がたんたんと描かれています。
つまり、ストーリーというよりは、二人のキャラクターや心の動き、風景、たたずまいといったものに、共感したり感動したりしながら見ていくタイプの映画です。
これまでわたしは、中山美穂さんの演技はひどいものだなあと思っていましたが(ファンの人ごめんなさい)、この映画の彼女の役は、ほかのどの映画にもない女性像を描ききっていて、ほんとうに素晴らしいなと思いました。
竹中直人さんは、多くの人から賞賛されていますが、わたしにとってこの映画は、中山美穂さんにつきます。そのぐらい素晴らしいと思います。
ふたりの中で起きている、微妙な人間の関係が、みなさんにも共感されるといいなと思います。
そして最後には、一見淡いように見えるこの物語が、実は生きるという力にみなぎっているところを感じていただけるのではないでしょうか。

写真家荒木経惟とその妻陽子のはかなくも美しい愛の話

~竹中直人監督の作品でこの映画が一番愛情に溢れていると思います。
荒木経惟の写真家人生は陽子との出会いから始まったと言われている。
荒木氏とその妻陽子との共著『東京日和』。これは荒木氏とヨーコによるエッセイ+写真集になるはずであったが、ヨーコが亡くなるまでの3回分のエッセイに加えて、荒木経惟の亡き陽子の写真、想いにあふれる書である~~。
竹中監督はこの書を観て、いつかこれを映画にしたいとずっと考えていた。
映画にするにあたって、当初、荒木夫妻の物語に沿った作品にしようと思っていたが、それだと荒木氏の個性が強いため、荒木氏の作品になってしまう。それで、『東京日和』の印象は残しながら、ある写真家の夫とその妻の物語にし、自由に作品を作ったという。
実際のヨーコとは~~年齢の違う中山美穂が主役だが、実際のヨーコ像とは異なるが、監督は『そこにいるのにいないような空気を感じさせる』『近くにいるようだけど遠い人』というイメージを生かし、中山美穂という存在をこれほど美しく繊細に映し出すことができるのかという驚きを隠せない。
このように書くと違った作品になってしまったのではと思うかもしれないが、完成作品~~を観た荒木氏は、竹中監督に『俺たち夫婦のドキュメンタリーだな。俺が陽子に言えなかったことを映画で語られちゃったよ』と感想を漏らした。
荒木氏にこう言わしめたこの作品は、彼のヨーコへの愛情を素直に映し出すことが出来たんだろう。
精神的なバランスを保てないでいる妻に、愛するが故に振り回される時もある。妻が今にも消えてしまうのでは・~~・という不安を抱く竹中直人演じる荒木氏、二人の日常の幸福、すれ違い、美しく切ない純愛の物語。
音楽、共演者、美しい映像、すべてそろった素晴らしい作品であると私は思う~

古いアルバムを見ているような・・

懐かしい写真がいっぱい貼ってあるアルバムをゆっくりと見ているような
感覚になりました。大貫妙子の声も曲もイイ感じです。
今まで、ひまわりって元気印みたいな花だと思ってましたが、なんか切ない
花だな~と考えをあらためた映画です。

映画の放つ空気感が心地よい

素晴らしい「映画」です。テレビドラマでは絶対に表現できない空気感が映画全編に漂っています。この映画のエピソードは、どれもこれも小さな事だけど竹中直人と中山美穂のふたりがいっしょにいると非日常になり感動的なシーンへと変化するのです。旅先の床屋で散髪する竹中直人、小船の中で昼寝をする中山美穂、降りしきる雨の中で大きな岩をピアノに見立てて二人で仲良く演奏するシーンなど、胸がジーンとする何気ない瞬間が満載です。そして何より、この作品の中山美穂さんの演技は特筆に値します。素晴らしい「映画」の演技です。dvdを購入して、心がささくれだった時に、取り出して見ることをお勧めします。

余韻と余白の映画です

ジャケットがいい。中のDVDにはひまわりがプリントされている。そこにこの映画の意味が表れている。自分にとって“太陽”のような、ひまわりを見ると思い出す女性の存在、その人に捧げますってこと。その人は“こわれもの”のようにもろい。その主人公を中山美穂さんが、びっくりするほど、自然に体現しています。
大貫妙子さんの音楽が活きています。オープニングのボサノバ、妙子さんのスキャット、タイトルバックのストリングス、チェンバロやピアノの響き。サントラCD買ってしまいました。
画面の質感がしみてくるようです。空の青さ、夕焼けの赤さ、緑色の電車、夜の川。小津映画を思わせる整理された端正な画面。録音も冴えています。人々の会話、風鈴の屋台、踏切の音、鳥の声。岩松了の緻密な脚本。脇役の演技。酔っぱらった森田芳光、突然サインをねだる内田也哉子(お母さんゆずりの名演技)、警官役の中田秀夫監督。あまりに普通で、松たか子だと分らない松たか子(あられちゃんメガネ着用)。スナックのマダム役で、中島みゆきさんも出ています。
全体が余韻の映画なので、見始めると、ついついずっと、何度も見てしまいます。
荒木さん夫妻の実話が元になっていますが、それとは全く別の竹中ワールド。竹中さんのセンチメンタリズムとロマンチシズムがうまく映像になった作品。名作『無能の人』に通じる、小さな世界を丁寧に描いたいい映画。
「見ないでほしいのよ。私のことを、そんなに」
「ヨーコ。見ないよ、君のこと。そんなに見ないようにするよ」

夫婦って素敵。

竹中直人さんは前から好きでしたが、この作品を観てますます好きになりました。画面の隅々にまで愛情が満ちあふれてる。中山美穂という女性をこれ程美しく、優しい眼差しで捉らえる事が出来たのは竹中さんの女優としての彼女への至高と崇拝に似た愛情があったからこそではないでしょうか?街中で彼女を遠くから見つめるシーンは素敵で何度も繰り返し観ました。他人にどう言われようと二人はお互いに深い愛情で結ばれている・・・その空気感が全てに感じられ、何気ない日常風景を至福の瞬間に変えてしまう癒しの映画でした。モデルとなった荒木氏がワンシーン登場してます!

夫婦の愛ってこんなに静かで力強い

 こんな静かで力強い夫婦の恋愛映画ははじめて見ました。愛って深いな~ってしみじみしてしまいました。
 
 こういう映画って淡々と流れていくので、途中でつまらなくなったりしがちですが、全然そんなことはなかった。
 竹中直人の演技もすてきでしたが、私は中山美穂の静の中に秘めた強い情念を感じました。美穂ちゃんって、演技へたとかよく言われるけど、それは間違いだと思います。素晴らしい女優さんだと思います。
 特に表情がいい。女性の私から見ても癒されます。
 夫婦歴10年前後を迎える方、ぜひ一度ごらんになってください。

夫婦

こういう「夫婦」ってのもあるのだなと思いました。
島津のヨーコへの接し方にものすごい愛情が感じられて
見ていて涙がでてきます。
そんなに見つめないで とヨーコに言われるほどに島津の愛が感じられて、それが直接的でないだけに深くしみじみと感じられます。
この映画は、島津の目を通したヨーコの映画であって、
彼の愛情がわかりえるからこそ、写し出されるヨーコがものすごく
美しく、そしてはかなく見えてきます。
傑作です。

不在の美

竹中直人は書店でこの原作本に出逢い目頭を熱くしたひとりだという。それはまったくぼくも同じ経験がある。
映画は、二人の実像からは距離を置き、架空の夫婦の記録として観るように望まれている。
荒木経惟は「かえって僕自身のドキュメンタリーになった。夫婦では語り得なかったことを映画は語っている」と言ったという。
演じる中山美穂には、いつか消えゆくあやうい存在としての透明感がみごと漂っている。
彼女のシルエットと表情で、これ以上を求められないほどの適役に感じられる。
映画の陽子はすでに不在ゆえの悲しみと美に染められている。
日常のなかで陽子はフッと居なくなってしまうことがある。不可解な奇行も観られる。その危うさも、この夫婦の絆のひとつの理由でさえあるかのようだ。
問いつめれば関係が壊れていく、個としての人の孤独に対するなんともしがたい故の思いやりがある。
人は、相手への実は伝えきれないほどの感情を持っている。柳川で遊ぶ二人のエピソードの中に感じられるのも、伝えきれない妻へその思いだ。
散歩の途中、気まぐれに散髪する島津が待たせ過ぎた妻の姿を捜すシーンでも、それは溢れるように描かれる。
小舟で疲れて眠る陽子の寝姿には、観る者の胸に込み上げる思いがある。
街角で妻の一人で歩く姿に出会い、島津は「結婚してから初めてひとりで歩く陽子を見た。考えてみれば、陽子は私がいなくても、ひとりで生きていけるのだ」と発見したように思う。
島津は妻に、「そんなに見ないで」と言われ、「うん、見ないようにする」と答えることがある。
互いの孤独の混じり得ない運命の溝の一線を、男女が共に抱えながら、内にある思いを十分に伝えきれないまま、なお共に生活し探究される夫婦の関係というものに、あるかたちの美があるかもしれない。
それは終わり得ない恋愛に等しい。

写真家アラーキー(荒木経惟)の作品感と竹中直人の名演技

いつか忘れたくらいの写真雑誌で、一枚の写真が目に入った。
モノクロームの若き妻と思える遺影の写真を含む、数枚の組写真であった。
このとき、失礼だが、この時に荒木経惟の写真を初めて意識して鑑賞した。
テレビでは、不思議な空気を醸し出す彼の原点を見たように感じた。
 そして、この映画のことを聞いた。竹中直人の演技力にも、
すばらしさを感じた。さりげなく、中島みゆきが出演していたりする。
 竹中直人と中山美穂の純愛関係の表現が東京にの残されたレトロな場所で
撮影されていて、タイムスリップするような感じを与える。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

東京日和(サントラ)
東京日和
サヨナラCOLOR スペシャル・エディション [DVD]
センチメンタルな旅・冬の旅
平成細雪 [DVD]
連続ドラマW 賢者の愛 [DVD]
東京日和 (ポプラ文庫)
愛情生活
Love Letter [DVD]
四月物語 [DVD]

久万里由香 早瀬優香子 伴杏里 苫米地玲奈 大山貴世 平淑恵 水の江瀧子 大野真緒 猫背椿 槇ひろ子 長岡輝子 岸惠子 宮園純子 藤貴子 原千晶 友直子 一路真輝 牧瀬里穂 岡本麗 折原真紀 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ